FC2ブログ

ふたなり秘書に強制オナニー調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆177.【心ゆくまで口淫プレイ.6】ふたなり秘書に強制オナニー調教◆ ◆ ◆柔らかなベッドの上。身につけていた部屋着は下着ごと剥ぎ取られて。乳房も股間も何もかも、奥様の前で全てを曝け出し、私は仰向けに横たわっていた。奥様にねっとりと舐めしゃぶられ弄ばれた乳首が、ジンジンと疼いて堪らない。着衣の上からしつこく責められた股間が、私のコンプレックスの源であるふたなりペニスが、...

ふたなり秘書に羞恥ペニス責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆176.【心ゆくまで口淫プレイ.5】ふたなり秘書に羞恥ペニス責め◆ ◆ ◆コリコリに勃起してしまった左右の乳首は、奥様の唾液に塗れ、濡れ光りながら震えている。時間を掛けてたっぷりと弄ばれ、触られてもいないのにジンジンと快感が染み出して来る。柔らかなベッドの上。私は胸元を大きく肌蹴させた状態で、仰向けに力無く寝そべっていた。「ヒナのチンポが見たいわ……。ビンビンのおっきなオ...

ふたなり秘書を乳首快楽責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆175.【心ゆくまで口淫プレイ.4】ふたなり秘書を乳首快楽責め◆ ◆ ◆卓上の間接照明だけが仄かに燈る、薄暗い寝室。ベッドサイドで私は奥様と激しく抱き合い、何度もキスを繰り返した。貪る様なキスの最中、奥様は両手で私の背中と尻を撫で回した。やがて奥様の悪戯な指先は、尻の谷間へと無遠慮に滑り込んで。そのまま私の恥ずかしい窄まり……お尻の穴……アヌスを、クニュクニュとしつこく責め...

乳首を舐めしゃぶられる悦び

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆174.【心ゆくまで口淫プレイ.3】乳首を舐めしゃぶられる悦び◆ ◆ ◆着衣の上からでも、奥様の指先をはっきりと感じてしまう。何故ならそこは、とても恥ずかしくて、いやらしいトコロだから。そんな恥ずかしいトコロを、しつこくしつこく、何度も何度も責め立てるから。私は奥様の身体にしがみつき、喘ぎながら許しを乞うばかりで。「おッ……奥様ァッ! こ、こんなのッ……恥ずかし過ぎますゥッ…...

着衣のままアヌスとペニス虐め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆173.【心ゆくまで口淫プレイ.2】着衣のままアヌスとペニス虐め◆ ◆ ◆格調の高さを感じさせつつも、居心地の良い老舗ホテルのスイートルーム。洋風な造りの室内はどこかクラシックで、アンティークなインテリアと上手く調和していた。広々とした寝室は仄暗く、大きなベッドが二つ設えられていて。ベッドサイドに置かれたテーブルランプだけが、黄色く淡く輝いていた。「んッ……んちゅぅ、ちゅ...

蕩けるほど淫らな接吻

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆172.【心ゆくまで口淫プレイ.1】蕩けるほど淫らな接吻◆ ◆ ◆高い天井に吊られたクリスタルのシャンデリアが、柔らかな灯りを燈しつつ美しく煌めいている。部屋の壁は落ち着いた風合いのフェルト張り、アンティークで豪奢な家具調度品と良くマッチしている。奥様と宿泊する老舗ホテルのスイートルームは、クラシックで居心地の良い部屋だった。私と奥様は、リビング南側の展望窓脇に設えられ...

スイートルームでの戯れ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆171.【プロローグ3】スイートルームでの戯れ◆ ◆ ◆静かなエンジン音。カーオーディオからは穏やかなBGM。日曜の午後。窓の外は晴れ渡る青い空、そして煌めく海。海岸沿いの自動車道は、最近開通したばかりで快適そのものだった。私は奥様が運転する車の助手席に座っている。月曜に行われる新規ホテル開発、その実地検分に立ち会う為の出張……を兼ねたドライブに誘われたのだ。奥様と過ごせる...

他愛のないギャンブル

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆170.【プロローグ2】他愛のないギャンブル◆ ◆ ◆水平線と青空が一望できる海岸線沿いに新設された自動車道。私は社長が運転する車に同伴し、出張を兼ねた長距離ドライブを楽しんでいる。舗装されて間もない路面をゆったりと走行する車はとても快適で。カーオーディオから流れるBGMも静かで心地良くて。それはとても贅沢で、幸せな時間だった。とはいえ奥様にとっては、少々刺激が足りなか...

社長と一緒にドライブデート

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆169.【プロローグ1】社長と一緒にドライブデート◆ ◆ ◆海岸沿いの自動車道は驚くほど快適だった。郊外から都心へのアクセス強化を図るべく計画され、最近開通したばかりの幹線道路だ。なので未だ道路開通のニュースが周知されておらず、利用者が少ないのだろう。窓の外は青い空、そして水平線。太陽の光を受けて、海面が美しく煌めいていた。カーオーディオからは、ゆったりとした静かな曲が...

エピローグ・戸惑いながら

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆168.【快楽二穴責めSEX .14】エピローグ・戸惑いながら◆ ◆ ◆「ん……んちゅ、ちゅ……ン、くふぅ……ン、あふぅ……くちゅちゅ、レロ、ちゅうぅ……」「ふぅン……ン、ちゅちゅちゅぅ……レロレロォ、んふぅ、小町ィ……んふぅ、ちゅうう、くちゅぅ……」薄暗い来客用の寝室に据えられた、大きなダブルベッドの上。私は奥様に優しく抱き締められながら、何度も何度も、蕩けるようなキスを頂きました。透き通る...

アクメの余韻をたっぷり愉しんで

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆167.【快楽二穴責めSEX .13】アクメの余韻をたっぷり愉しんで◆ ◆ ◆深く甘い陶酔感が、私の全身を駆け巡っています。汗塗れでベッドに突っ伏したまま突き上げたお尻を、こってりと存分に犯し抜かれたんです。激しく、優しく、いやらしく、トロトロになるまで性粘膜を突き上げられ、こね回されて。心の底から、淫らで気持ちの良いアクメを与えて頂いたんです。「う゛ッ!  う゛ッ う゛ッ! ...

濃厚二穴責め愉悦ポルチオ絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆166.【快楽二穴責めSEX .12】濃厚二穴責め愉悦ポルチオ絶頂◆ ◆ ◆堪らない悦びが、下半身から込み上げて来ます。股間のスリット……その泥濘切った性器を、奥様の硬い怒張が激しくピストンしているのです。愛液に塗れてヒクつきながら、卑猥に収縮を繰り返す膣壺を、奥様のペニスがグイグイと押し広げては、何度も何度も出入りを繰り返すんです。「ひぁあッ……ひぁああああッ!? んひィッ……ひ...

二穴を同時過剰快楽責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆165.【快楽二穴責めSEX .11】二穴を同時過剰快楽責め◆ ◆ ◆下半身が甘酸っぱく、切ない感覚に満たされて行きます。蕩ける様な幸せな愉悦とは別の、身を捩りながら逃れたくなる様な、過剰な快楽なんです。気持ち良いのにつらいんです。気持ち良過ぎてつらくなってしまうんです。「ンッ……ンッ……ンンッ! ほらほらッ! 勃起チンポがッ……小町のドロドロおま〇こ犯してるわよッ!?  出たり入...

アクメ直後の膣壺を更に責められて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆164【快楽二穴責めSEX .10】アクメ直後の膣壺を更に責められて◆ ◆ ◆「お゛ッ……お゛ッ……お゛ぐッ! ンッ……ングッ、イグイグッ! イグッ……くぅううううううッ、うッ……ウゥッ……んふぅッ、イグイグイグゥッ……うぅ、うッ、んはァッ……はぁンッ、クゥッ……イグイグッ……」私の股間から、堪らなく甘いアクメの愉悦が、止め処もなく湧き上がります。蕩け切った膣壺は悦びのあまり、奥様のペニスをキ...

二穴愉悦責めピストン漬けアクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆163.【快楽二穴責めSEX .9】二穴愉悦責めピストン漬けアクメ◆ ◆ ◆ジュポッ! ブジュッ! ジュポッ! ジュルッ! グポッ! ヌチュッ! ブポッ! ブリュリュッ!酷く粘ついた淫靡な音が、止まる事無く薄暗い寝室に漂います。同時に奥様と私の淫らな喘ぎ声と吐息、嬌声が、卑猥な温度を伴って響くのです。「ンッ……ンッ……ほらッ! ほらほらッ!! 小町の大好きなッ……オチンポのピスト...

ふたなりペニスで快感レズセックス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆162.【快楽二穴責めSEX .8】ふたなりペニスで快感レズ・セックス◆ ◆ ◆広々としたダブルベッドの上。私は全裸でうつ伏せのまま、お尻を高く突き上げています。両手は背中に回されたまま、バスローブの帯でキュッと拘束されて動かせません。そんな状態の私を、奥様は背後から徹底的に犯しています。膝立ちのまま私のお尻を両手で抱え、腰を突き出し犯しているんです。私はもう、奥様に犯され...

アクメ直後の蕩け穴をピストン責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆161.【快楽二穴責めSEX .7】アクメ直後の蕩け穴をピストン責め◆ ◆ ◆薄暗い来客用の寝室。私は全裸のまま広々としたダブルベッドに身を伏せて、官能の極みで震えています。バスローブの帯で後ろ手に縛られて動く事も叶わず、お尻だけを高く突き上げています。奥様は膝立ちの姿勢で背後から私のお尻を抱えて、自身の腰を密着させています。激しく怒張した極太のペニスを、私の蕩け切った膣壺...

ペニス&アヌス責めポルチオ絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆160.【快楽二穴責めSEX .6】ペニス&アヌス責めポルチオ絶頂◆ ◆ ◆私と奥様は全裸のまま汗に塗れ、淫らに交わり、快楽を貪っています。後ろ手に縛られた私は、お尻を高く突き上げ、背後から奥様のペニスを受け入れています。愛液に塗れた極太ペニスの陰茎が、私の膣壺をみっちりと埋め尽くしていて。その先端ではビンビンに張り詰めた亀頭が、膣最奥で息づくポルチオをヌメヌメと嬲るのです...

滑るペニスでポルチオを嬲られて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆159.【快楽二穴責めSEX .5】滑るペニスでポルチオを嬲られて◆ ◆ ◆大きなダブルベッドの上。私は柔らかなブランケットに紅潮した頬を押しあて、よだれを垂らし嬌声を上げています。「おッ……おッ……おほぉおおおッ!? んほォッ……おッ! おふッ! くぅッ……んきィ、気持ち良ィンッ!! 気持ち良いれしゅッ! くぅうううううッ!! らめッ……しゅごいのッ、これッ……奥ひゃまァッ!! ンぁ...

極太ペニス挿入、快楽二穴責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆158.【快楽二穴責めSEX .4】極太ペニス挿入、快楽二穴責め◆ ◆ ◆「ひぁあああッ!? あひぃッ!! んッ……んおッ!? おッ!? おほぉ~~ッ!! ほぉおおンッ……くぅンッ!! きッ、気持ち良いのらめッ……らめッ! きゅうぅうううンッ!! んふぅうッ……お尻変になりゅうぅッ!!」アヌスの奥から鮮烈な悦びが、ジクジクと染み出して来ます。ヴヴヴヴヴヴ……という、留まる事の無い振動...

愉悦のローター挿入アヌス責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆157.【快楽二穴責めSEX .3】愉悦のローター挿入アヌス責め◆ ◆ ◆来客用の寝室は仄暗く、甘く淫靡な熱気に満ちていました。ダブルベッドに敷かれたブランケットの上。私はうつ伏せのまま、お尻を高く突き上げ、汗に塗れた裸身を晒しています。奥様は私の背後に座り、突き出す様に差し出されたお尻を存分に弄んでいらっしゃいます。尻たぶをやわやわと撫で回しつつ、窄まったアヌスにツプツプ...

アヌスをローションでほぐされて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆156.【快楽二穴責めSEX .2】アヌスをローションでほぐされて◆ ◆ ◆ヴヴヴヴヴヴヴ……という、モーター音が低く響いています。奥様の手に握られている性玩具……円筒形のローターが発する音なんです。私は激しく振動するローターの前に、淫らにアクメを晒して屈服するしかありませんでした。「おおぉ……んふぅッ、イグイグゥ……う゛ッ! う゛う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛ッ!……」ベッ...

ローターでクリトリス快楽絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆155.【快楽二穴責めSEX .1】ローターでクリトリス快楽絶頂◆ ◆ ◆来客用の広々とした寝室に据えられた、大きなダブルベッドの上。私は奥様とのセックスで濃厚なアクメを二度も与えて頂き、快楽の名残を抱えたまま、汗塗れの裸身を横たえています。奥様は上体を起してベッドの上に座り直すと、サイドボードの上に置いてあった、或る物を手に取りました。或る物……それは淡いピンク色をした先の...

ピストン責めで濃厚ポルチオアクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆154.【快楽ポルチオSEX .10】ピストン責めで濃厚ポルチオアクメ◆ ◆ ◆薄暗い来客用の寝室に、私の恥知らずな嬌声が響いています。なんて滑稽な浅ましい声なんだろうと思っても、止める事が出来ないんです。気持ち良過ぎて声が漏れてしまうんです。股間から湧き上がる強烈な刺激が、背筋を伝わって頭の中で弾けるんです。奥様が腰を動かす度に、幾らでも快楽が沸き上がってしまうんです。ああ...

膣壺を犯すペニスに興奮するメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆153.【快楽ポルチオSEX .9】膣壺を犯すペニスに興奮するメイド◆ ◆ ◆来客用の寝室は薄暗く、そして淫靡な空気に満ちています。大きなダブルベッドの上には柔らかなブランケット。ブランケットを乱しながら、私と奥様は性欲の赴くまま、汗に塗れて快楽を貪っているのでした。「んほぉおおおッ!? おッ……おほッ!? おッ……奥ひゃまァッ! 小町ッ、気持ち良過ぎてッ……くひぃいいいンッ!!...

アクメの余韻の中で更に犯されて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆152.【快楽ポルチオSEX .8】アクメの余韻の中で更に犯されて◆ ◆ ◆薄暗い寝室に据えられた柔らかなダブルベッドの上。私は蕩ける様な悦びの中、汗まみれの身体をくねらせて喘ぎ、身悶えています。全身が、甘く痺れる様に心地良くて。頭の中が、真っ白に融けて輝いている様で。気持ち良い……本当に、本当に気持ち良いんです。ああ……アクメなんです。イクイクなんです。奥様に犯されて、イクイ...

種付け快楽ポルチオSEXで絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆151.【快楽ポルチオSEX .7】種付け快楽ポルチオSEXで絶頂◆ ◆ ◆身体がいやらしく波打ってしまうんです。奥様のペニスをたっぷり貪ろうと、腰が動いてしまうんです。その刺激が気持ち良過ぎて、爪先までピーンと伸びてしまうんです。私に覆い被さる奥様の背中に腕を回し、喘いでしまうんです。ブジュルゥッ……ブジュルゥッ……という、ピストンの度に響く、湿った音がいやらしいんです。股間から...

種付けプレスでピストンされる悦び

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆150.【快楽ポルチオSEX .6】種付けプレスでピストンされる悦び◆ ◆ ◆来客用の寝室には大きなダブルベッド。ダブルベッドには柔らかなブランケットが敷かれていて。その上で私は、存分に犯されているのです。両脚をM字に開いて仰向けに寝そべり、私は蕩け切った性器を奥様に捧げています。奥様は私を押さえ込み、怒張した極太ペニスで震える様な悦びを与えて下さいます。ドロドロの肉欲に爛...

ポルチオを嬲るふたなり極太ペニス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆149.【快楽ポルチオSEX .5】ポルチオを嬲るふたなり極太ペニス◆ ◆ ◆来客用の寝室は薄暗く、窓のカーテンも閉ざされています。部屋の中央には大きなダブルベッド。ベッドに敷かれた柔らかなブランケットの上で、私と奥様は淫らに絡み合っていて。私は全裸で仰向けになり、両脚をMの字に開いて性器を晒し、奥様に全てを捧げています。奥様はそんな私を組み敷き、身も心も全て貪ろうとしてい...

焦らした膣壺にペニスのご褒美

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆148.【快楽ポルチオSEX .4】焦らした膣壺にペニスのご褒美◆ ◆ ◆来客用の寝室。部屋の中央にはダブルベッド。ベッドには肌触りの良いブランケットが敷かれていて。その柔らかなブランケットの上に寝そべり、私は汗塗れの裸身をいやらしく波打たせています。奥様に慈悲を乞うているのです。「おっ……奥ひゃまァッ!? お願いッ……お願いですからッ! こ、小町に……小町にイクイクを下さいッ!...

クリ粒をペニスで扱く焦らし責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆147.【快楽ポルチオSEX .3】クリ粒をペニスで扱く焦らし責め◆ ◆ ◆灯りの消えた薄暗い来客用の寝室に、淫靡な音が響いています。ブチュブチュ……ヌチュヌチュ……じゅるるぅ……という、絡み付く様な、猥褻な音なんです。ゆったりとしたダブルベッドの上、私は汗まみれの裸体を晒して、仰向けに寝そべっています。ですが、ただ寝そべっているのではありません。奥様に媚を売り快楽を乞う姿勢……卑...

蜜を溢れさせペニスをねだるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆146.【快楽ポルチオSEX .2】蜜を溢れさせペニスをねだるメイド◆ ◆ ◆仄暗い来客用のベッドルーム。天井の照明はついておらず、シーリングファンがゆっくりと回るのみで。壁に据え付けられた間接照明だけが、ぼんやりと光を放っています。あえかな灯りに照らされた室内の中央には、シーツとブランケットが敷かれた大きなダブルベッド。奥様と私はダブルベッドの上で、淫らに互いを求め合い、...