FC2ブログ

ポルチオ&ふたなり射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

90【ご褒美ふたなりSEX .9】
ポルチオ&ふたなり射精アクメ

◆ ◆ ◆

私は汗塗れの裸体を波打たせ、柔らかな絨毯の上で犯されていた。
両脚をM字に開いた仰向けの姿勢で、奥様から与えられる悦びと羞恥に酔い痴れていた。
奥様は白い肌を紅潮させ、美しい裸身をくねらせては、私の身体に濃厚な快楽を送り込む。
頭の芯まで痺れる様な、指の先まで蕩けてしまいそうな愉悦だった。
その上、奥様が腰を振る度に、私の股間からは恥知らずな音が溢れ出してしまう。
……ブリュリュリュッ!! ……ヌブブブッ!! ……ブリュブリュッ!! ……ブジュジュッ!! ……ブボォッ!! ……それは酷く粘着質な、卑猥過ぎる水音で。


「ンひィッ!! らめェッ!! 奥様らめェッ!! 恥ずかしい音聞かないでッ……ヒナのいやらしい音、聞いちゃ駄目ェッ!! んお゛ッお゛ッお゛ッ!! おぐぅううッ……恥ずかしぃのにィ……気持ち良ィンッ!! 頭変になりゅッ!! くぅううううッ!! んッ! んお゛ッ! お゛ッ!! 」


「んッ!! んッ!! んふぅッ!! まったくお前はいやらしい子ねッ!! なんて音なのッ!? ブリブリブリブリって、変態じみた音ねッ!? んふぅッ! この、変態マ〇コが悪いのねッ!? 嬉しそうに私のチ〇ポ、グチュグチュ締めつけてッ!! 自分の変態マ〇コ音を聞いて大喜びしてるじゃないッ!! 可愛い顔してッ!! とんだ変態だわッ! この変態ッ!! 淫乱チ〇ポ奴隷ッ!!」


奥様の吐く辱めの言葉が耳から流れ込み、私の頭の中を淫らな色に染めてゆく。
私は奥様の言う通り、どんどん淫らな子になってしまう。
唇の端からよだれを垂らしたまま、奥様を見上げて喘ぎ続ける。
奥様はそんな私を見下ろし、嬉しそうに目を細めると、その艶やかな唇で、私の唇を塞いだ。


「……まったく嬉しそうなお顔だことッ!! ほらッ、舌をお出しなさいなッ! ベロォ、んちゅぅうう、チュルルゥ……ヌチュウゥッ、ぷちゅぅうう……レロレロレロォ、んはぁ……ヒナの変態ィン……んくぅ、ゴク、レロレロ……ちゅぅうううッ! ぬじゅるるぅ、くちゅぅ……」


「んはぁ……はぃ、んうぅ……レロォ、ぬちゅぅう……ん、んちゅぅう、ちゅるるぅ……んはぁ、あ、んちゅぅう……ベロベロベロォ、レロレロォ……ちゅぅうう、コクコク……レロ、むちゅぅ、ぬちゅぬちゅ……ちゅるるぅ、ちゅ~~ッ! んちゅぅ……」


辱めと快感で霞む頭の中が、濃厚なキスを受けて、更にグチャグチャになってしまって。
同時に股間から湧き出し続ける卑猥な刺激も、留まる事無く高まり続けて。

はち切れそうに怒張し、隆々と反り返った奥様のペニスが、私の膣壺をピストンしている。
快感に蠢き続ける膣壁を、楔の様にビンッと張り出した肉厚のカリで、プリュプリュと嬲りぬかれる。
愛液の染み出す性粘膜を、ブリブリの亀頭粘膜で何度も何度も磨く様に擦られて。
しかもぼってりと熱い亀頭粘膜は、そのまま膣奥でトロトロに蕩けるポルチオを、ぬちゅぬちゅと突き上げる様に責めるのだ。
金色の蜜よりも甘い心地良さが、下腹部から際限無く吹き出して来る。


「んちゅ、ちゅるる、ちゅ~ッ……ンほぉッ、お゛ほぉッ!! おほぉおおッ!! んはぁッ!! ダメダメェ……ッ!! んくぅッ!! もうダメになりゅッ……気持ち良過ぎりゅッ!! こんなのもう来ちゃう……ッ、うくぅ、うう、オチ〇ポも来ちゃうッ、あふぅううッ!! 奥しゃま、ヒナはもう……んぐぅッ!! おふぅッ!! ンお゛ッ!! お゛ッ!! お゛お゛ッ!!」


「ンぐぅ……レロレロォ、チュパァ……んはぁッ、はぁッ、んぐぅッ! ほらほらッ!! 何がもうダメなのかしら!? ンッ!! チ〇ポもマ〇コも気持ち良くて、もうアクメしそうなのッ!? まったく、我慢弱い子ねッ!! だらしのないアヘ顔晒してッ! イく時はちゃんとイクイクって言うのよッ!? 変態らしく、アヘアヘ喘ぎながら、チ〇ポイクイクのおま〇こアクメしなさいなッ!!」


私を責める淫らな言葉が頭の中に響いて、股間を更に疼かせる。
高まり続ける膣壺とポルチオの快楽。
その上、奥様と私の下腹部が密着するその狭間で、私の怒張したペニスが、こね回されている。
カウパー液に塗れながら、クチュ……クチュ……と、音を立てている。
性粘膜を犯す奥様の極太ペニスが、膣壺の中をジュボジュボと行き来する度に、私のペニスの根元から快楽が込み上げて来る。
反り返ったままのペニスから、ピュルピュルとカウパー液が飛び散ってしまって。


「お゛ッ!! お゛ッ!! お゛ッ!! ん お゛お゛お゛ッ!! もうらめェッ!!……くぅッ、もう……イっちゃぅッ! もう、気持ち良いのらめッ……!! ンほぉッ!! イグッ!! イぎそぉッ!! 奥様……ッ、もう、もう、イくッ……イッちゃいますぅッ! うくぅううッ!! おほぉッ!! いっぱいイぐゥ……ッ!! ち、チ〇ポも……おま〇こもイきそぉ……ッ!!」


「んッ!! んふッ!! 本当にいやらしい子ッ!! もうおま〇こイクイクなのッ!? チ〇ポ良くてアヘアヘなのッ!? くぅッ!! この変態ッ!! ……こんな変態ちゃんにはッ、たっぷり……チ〇ポ汁流し込んであげるッ!! くぅッ!! チ〇ポ汁ブリュブリュ出してあげるッ!! お前もアヘ顔でッ……ポルチオアクメしながら、チ〇ポ汁撒き散らすのよッ!? うぐぅッ!! んくぅッ!! んッ!!」


奥様は切なげに眉根を寄せつつも、至福の笑みを浮かべて、私を責める。
腰の動きが激しくなり、膣壺へ打ち込まれた怒張が、激しくピストンされて凄い。
熟し切ったポルチオが、奥様の亀頭にズニュズニュと撫で回されて凄い。
強制オナニーで限界だったペニスも気持ち良過ぎて。
愛液が流れ込むアヌスも、悦びの中でキュンキュンと収縮してしまう。
M字に開いた両脚がヒクンヒクンと痙攣を繰り返す。
ブチュブチュと響き渡る卑猥な音すら耳に心地良くて。


「もうイクッ!! イクイクッ!! イクイクイクッ!! くひィイイッ!! んくぅうッ……イグイグッ!! チ〇ポッ……おま〇こイクイクゥッ!! も、もうッ、らめらめらめェッ!!!」


「ほらほらほらッ!! そうよ、イクのよッ!! 変態らしくッ!! オマ〇コとチ〇ポの事しか考えられない子になっちゃうのッ!! チ〇ポ汁びゅーびゅー気持ち良いってなるのッ!! おま〇こじゅぽじゅぽも気持ち良いイクイクってなるのッ!! うくぅッ!! んはぁッ!! くぅッ!!」


奥様の声に私の股間が、喜悦の坩堝となって震えている。
腰を捻り、背中が反り返って、よだれが溢れてしまう。
いやらしい声がいっぱい溢れ出してしまって。
頭がおかしくなってしまいそうな、幸せな感覚が止まらなくて。
そして。


「……お゛ッ!? お゛ッ!? お゛ッ!? お゛ッ!? お゛お゛お゛お゛ッ!! んぐぅッ!!! ……イグゥッ!! イクイクイクゥッ……でちゃ、でりゅッ!! 汁でりゅぅッ!! くぅッ……んッ!! イグゥウウウウウッ!!! イッちゃぅッ!!うううううッ!! ……う゛ッ!? う゛ッ!? う゛ッ!! う゛ッ!!  う゛ッ!! う゛ッ!! う゛ッ!! おほぉ……んほッ!! うくぅううう……ううう……」


「わ、私も出りゅッ……もう出りゅッ!! うううううッ……くぅ~~~ッ!! でりゅッ!! ヒナのオマ〇コにチ〇ポ汁でりゅッ!! おま〇こにいっぱいでちゃ……くぅッ!!! んうぅ……う゛ッ!!  う゛ッ!! う゛ッ!! う゛ッ!! ……う゛う゛ッ!! う゛ッ!! ……う゛う゛う゛ッ」


身体中のあらゆる感覚が快感へと置き換わって。
身体の内側も、頭の中もトロトロに蕩け切って。
下半身が燃える様に熱い、気持ち良過ぎて熱い。
頭はもう、何も考えられないくらい、真っ白で。
弾ける様な開放感の中、私は奥様の身体の下で、射精しながらのポルチオアクメを迎えていた。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆