FC2ブログ

甘く囁きつつ手コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

83【ふたなり奥様のご褒美SEX .2】
甘く囁きつつ手コキ責め

◆ ◆ ◆

肌触りの良い、柔らかな絨毯の上。
私は奥様に組み敷かれていた。
二人とも汗に塗れ、身体を隠す物は何も身につけていない。
肌と肌の触れ合いが心地良く、奥様の体温と鼓動が嬉しかった。

奥様は私に覆い被さると、首筋にそっとキスをした。
そのまま味わう様に、ヌルヌルと舌を這わせる。
更に奥様は私の乳房を手のひらで捕らえると、優しく揉みながら乳首を刺激した。


「んちゅ、レロ……柔らかくって大きくて、素敵なおっぱい……でも乳首はこんなにコリコリに硬くって……気持ち良くなってるのね? 良いのよ? もっと気持ち良くなって、ヒナ……」


「あっ……はぁ……んん、んはぁ……奥様……ああ……」


奥様の指先に責められる乳首が気持ち良くて、思わず声が漏れてしまう。
そんな私に奥様は、優しく声を掛けてくれる。
その声まで耳に心地良くて。
そして奥様の脚が、私の脚に絡みついて来る。
太ももと太ももが擦れ合う。
温かで繊細な感覚が、ほんのりとした幸せを生み出す。

奥様は少しずつ身体をずらすと、首筋から乳首へ舌先を滑らせた。
ちゅー……っと吸い上げられ、舐め転がされる乳首から、堪らない快感が湧き上がる。


「くうぅン……んふぅ、あぅ……あッ! あッ! んはぁああ……くぅ、吸ってるぅ……ああ……」


「んちゅぅうう~、ちゅ~~ッ……んぽぉッ! んはぁ……美味しィン、ヒナの乳首美味しいわ……レロレロレロ……ちゅ~~、んちゅ、んふぅ……コリコリ乳首ちゃん、んちゅぅううう……」


乳房を弄っていた奥様の手のひらは、私の脇腹から腰を撫で、尻から太ももへと悪戯する。
やがて内太ももへ差し掛かり、少しずつ上へと登って来て。
白くて美しい奥様の手が、私の怒張したペニスに、そっと触れた。


「んあッ!? あッ! あッ……あンッ、ああ、奥様ァ……ン、それダメェ……」


「んちゅぅ……レロレロ、ちゅ~~ッ、ぷはぁ……ああン……とっても硬いわ、ヒナのオチ〇ポ……。太くって、逞しくって……このオチ〇ポで、私の事を何回もアクメさせてくれたのね……? んふぅ……この太いカリ首が、私の中をグリグリってして……んちゅ、とっても気持ち良かったのよ? ううン……素敵なチ〇ポ、ピクピクしてる、可愛い……」


奥様のしなやかな指先が、私のペニスを楽しむ様に弄ぶ。
陰茎をなぞり、カリ首を擽っては、ジワジワと私の喜悦をかき立てる。
同時に乳首をレロレロと舐めしゃぶり、吸い上げる。
ペニスと乳首、二箇所の勃起を責められて、私はうっとりと夢見心地になってしまった。


「ちゅるるぅ……くちゅ、ぬるるぅ……あン、こんなにパンパンになるまで勃起させて……。鈴口がトロトロのトロミ汁でクチュクチュになってる……。射精したいのに我慢して、私のオマ〇コをジュポジュポかき回して、気持ち良くしてくれたのね……? 嬉しい……レロォ、くちゅぅ……」


「あああン……くぅ、奥様ァ、ああ……あン、あ、奥様それェ……うン……」


奥様は私のペニスを優しく掴むと、そのまま上下に扱き始めた。
甘い疼きにも似た愉悦が、ペニスからジワジワと込み上げて来る。
気持ち良い、気持ち良くて堪らない。
私は奥様に全てを預け、されるがまま愛されている。
恥ずかしい場所を、隠しておきたいトコロを、何もかも曝け出してしまって。
それなのに愛して貰える、それが嬉しくて。


「ん、あうぅ……奥しゃまァ……ああン、私ィ、ああ……気持ちイィ……」


こんなに優しくペニスを可愛がられると、私はもう、身も心も蕩けてしまいそうで。
我慢出来ずに思わず、甘えた様な声を出してしまう。
そんな私の耳元で、奥様は小さく囁いた。


「ふふッ……ヒナは本当に甘え上手。もっともっと可愛がって上げたくなっちゃう……ううン、そうじゃななかったわね? ……今夜はヒナご主人様がイっちゃうまでの間、私は性奴隷のまま……そうよね? じゃあ……たっぷりご奉仕して差し上げますね? ご主人様……」


「あ、ああン……奥様、そんな事、もう……私……」


自分が言い出した事とはいえ、改めて奥様にこう言われると。
恥ずかしくなってしまう。
奥様はそんな私の様子に気がついたのか、悪戯っぽく微笑むと、身体を下へとずらした。
そしてペニスを扱く手はそのままに、もう一方の手を、私の股間……その奥へと潜らせた。


「あッ!? んふぅ……ふぁあああ……ああ、んうぅ……」


「あらあら、ご主人様ったら。こんなに簡単に、私の指を飲み込んじゃって……。ワレメちゃんがすっかりトロトロになっていますよ? ああン……柔らかくてプニプニの性粘膜ちゃんが、私の指をモグモグしてます、可愛い……もう一本、入れてあげますね? ん……んん……」


私の膣壺に奥様の指がゆっくり、ぬるりと侵入して来る。
思わずその指を、きゅっ……と、締めつけてしまう。
ああ……下腹部に納まった奥様の指を、はっきりと感じる。
奥様の指先は、私の内に眠る快楽のポイントを探しつつ、緩く曲げ伸ばしを繰り返している。
股間から、ジワジワと温かな感覚が広がって来て、そして。


「あッ!? あンッ!ふああァ……ああンッ!」


私はピクンッ……と、身体を波打たせて、奥様にしがみつく。
下腹部を弄る奥様の指先が、私の心地良い所を探り出してしまったのだ。
それはペニスに響く程の愉悦が生まれる場所……たぶんGスポットという場所で。
奥様は私の胸元に頬を寄せながら、嬉しそうに囁いた。


「ふふふ……ご主人様の気持ち良い場所、みつけちゃいましたよ? それじゃあ……いっぱい、トロトロになるまで可愛がって上げますね? ほーら……」


奥様の指先がクニュクニュと、私のGスポットを嬲る様に弄り始めた。
同時に、ペニスを責める手の動きが早くなる。
内と外、気持ち良いトコロを一緒に責められて。


「ふああああッ!? あひぃン……くぅ、奥様ァ、ああああンッ! ……んはぁッ! 気持ち、気持ち良いれふぅ……ッ! んひぃいッ! 良ィンッ!」

自分でも信じられないくらい、甘えた声が漏れ出てしまう。
恥ずかしいと思うけれど、止められない。
もっと甘えたい。
私は奥様から与えられる蜜の味に、すっかり溺れてしまっていた。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆