FC2ブログ

ひょっとこフェラでイラマチオ絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

65.【ふたなり秘書の奥様調教.10】
ひょっとこフェラでイラマチオ絶頂

◆ ◆ ◆

奥様はソファにもたれ掛かり、嬌声を上げながら快楽に身を任せていた。
汗に塗れながら身体を捻り、背中を反らせ、切なげな笑みを浮かべている。
唇の端から涎の雫が滴り、それを拭う事もせず、自らの乳房を揉みしだいていた。

私はそんな奥様の足元に跪き、奥様の性にご奉仕している。
反り返る怒張をベロベロと舐めしゃぶりながら、股間のスリットに隠れた性粘膜を、指でクニュクニュと愛撫する。

蜜に塗れた柔らかな陰唇は、私の中指と薬指を膣壺の奥へと飲み込み、ヒクヒクと蠢いている。
私は指を動かし続け、これ以上無いほどに潤った奥様の膣壺を、丁寧にこね回した。
指の腹でむにゅむにゅと撫で上げ、刺激し続ける。
それはちょうどペニスに響くポイント……私も奥様に何度も執拗に責められた事のある、快楽ポイントで。
あまりの心地良さに、泣きながら射精を促されてしまう程の場所で。
そんな甘美な性感帯を、私はぐちゅぐちゅと音を立てて責めた。


「ほおおンッ! い、良いッ、そこォッ! Gスポットなのッ! ……グリグリ良ィッ! お指でグリグリ……ンふぅううッ! おほぉッ、こんなのもう……チ〇ポイキそうになりゅッ! ビュービュー出ちゃうッ……んほぉおおッ!」


「ンゴンゴッ、オゴッ……じゅろろろぉッ! グッポッ! グッポッ! グッポッ! グッポッ! ムボボッ! んちゅぅうううッ! ぐじゅじゅ、ぬぷぅううッ! ンゴォオオ……グッポッ! グッポッ!」


同時に私は奥様のペニスをくわえ、唾液まみれの口内粘膜で、ずるずると扱き上げていた。
頭を上下させ、亀頭から陰茎の根元に向けて、ジュポジュポと音を立ててしゃぶり続ける。
ぼってりと大きな亀頭を舌で弄びながら、頬と唇の粘膜でジュルジュルと締めつけ吸い上げる。
そのままペニスを吸い込めば、喉の奥へと、熱い亀頭が入り込んで来る。
艶やかなペニスの先端を、喉で締め上げれば、奥様のペニスは嬉しそうに痙攣するのだ。
更にペニスを吸引し続けたまま、一気に亀頭までぶじゅぶじゅと唇と頬肉で扱く。


「んっごッ! おっごッ! ぢゅろろろッ! ぬじゅじゅじゅ……ジュブブブッ、ブポッ! オゴロロ、じゅぷうううぅッ! グッポッ! グッポッ! グッポッ! グッポッ! ゴポオオッ……」


「くひィイイッ! チ〇ポ気持ち良いッ、チ〇ポ良いッ、ヒナのフェラ顔いやらしぃンッ! 変態顔でチ〇ポ吸ってりゅッ! おほぉおおお……んおぉおおおッ! ヒナァッ! わ、わたし、もうイくぅッ、いくぅッ! ひょっとこフェラ顔でチ〇ポ汁、飲まれちゃうッ!!」  


唇と鼻の下が淫らに伸びて、ひょっとこの様な、滑稽な表情を晒す事になる。
でも、この変態じみたフェラチオが、凄く気持ち良い事を知っているから。
こんな浅ましい顔、誰にも見られたくない、でも、奥様にだったら見られても良い。
むしろ私は、恥知らずなバキュームフェラ顔を奥様にみられると、興奮する様になってしまって。
いやらしいバキュームフェラで奥様を悦ばせながら、同時に私も性欲を掻き立てられている。

私は一際いやらしく、陰茎に唇を纏わりつかせる様にしてペニスを吸い込む。
にゅにゅーっと、いやらしく唇が延びてしまう。
唾液塗れの舌を、ベロベロを躍らせる。
口許からよだれを溢れさせ、飛びっきり卑猥な、ひょっとこ顔で奥様のペニスを味わう。
ああ……美味しい、美味しいって思ってしまう。
奥様のペニスが美味しくて、頭がおかしくなってしまいそうで。


「おおお……おおッ! もうらめッ! もうイくッ!! ヒナッ!? イッても良い!? チ〇ポ汁、ぶりゅぶりゅ注ぎ込んでも良いッ!? チ〇ポしゃぶりのおくちに、チ〇ポ汁出ちゃうッ! もう出ちゃうのぉッ!! んぉおおおッ!! ほぉおおおンッ!!」


「ぶちゅぶちゅーーっ! じゅろろろっ! がぼっ! おっごっ! じゅごっ!! きゅごっ! ベロロロッ……ぢゅるるるるぅッ!!」


奥様は声を震わせてそう告げると、私が頭を上下させるのに合わせて腰を上下させ始めた。
何度も何度も、喉奥の深いところまで奥様の極太ペニスが侵入し、嘔吐感と涙が込み上げて来る。
でも、この苦しさはイヤじゃ無い。
何故なら奥様が性欲と愉悦に飲まれて、完全に我を忘れてしまっている証拠だから。
私は口の脇から大量のよだれを溢れさせながら、それでも奥様のペニスにむしゃぶりつき続けた。

不意に奥様が私の頭を両手で抱える。
奥様はもう、射精したくて堪らないのだ。
私は喉奥深くまでピストンされる、奥様のペニスを受け入れた。


「おごッ! ほごぉッ! ごぽぉッ!! モゴオオォッ! ぶりゅぶりゅッ! おごごごッ! おっごッ! おっごッ! おっごッ! じゅぼぼぼぼッ! おぼおぉおおッ!!」


「んぉおおおッ!! くおぉおおおッ!! チ〇ポ良いィンッ!! はッ! んはッ! はッ! チ〇ポ汁でりゅッ!! もうでりゅッ……でりゅッ!! ンおぉおおおッ! 気持ち良いッ……チ〇ポ良いッ! イグイグッ……もうイグッ! んおおおッ!!」


奥様は私の頭を抱え、自身の股間へ引き寄せるのと同時に、腰を突き上げる。
ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ……という、汁気に満ちた音が響き渡った。
舌の上を何度も何度も、奥様の亀頭が、陰茎が往復する。
喉の奥を、ぶちゅぶちゅと亀頭が犯す。
あまつさえ私の口内にマーキングするかの様に、カウパー液を撒き散らす。
息苦しさとペニスの臭いに塗れて、私は奥様の所有物なのだと、思い知らされる。
私は今、奥様のオナホールとして扱われているのだ、それが嬉しい。

やがて奥様のピストン運動が限界まで早くなった。
グボッ! グボッ! グボッ! グボッ! グボッ! ……徹底的に喉を犯し抜かれる。
あまりの激しさに、私の顔は涙とよだれでグチャグチャだ。
それでも私は絶頂寸前の奥様のペニスをしゃぶり回し、舌を動かし、奥様の快感に奉仕し続けた。奥様の嬌声が部屋中に響いた。


「イグイグイグイグッ!! も、もうでりゅッ!! 飲んで飲んでッ!! チ〇ポ汁飲ませりゅッ!! ブリュブリュでりゅッ! でリュッ! イグイグイ……ッ! オオオッ!! ……う゛ッ!! う゛う゛う゛ッ!!!」


「ほごッ!! おおおッ! ンゴォオオッ! お゛っ! お゛っ! お゛っ! お゛っ! んごッ!? ごきゅっ! ごきゅっ!」

私の口内を犯し続けたペニスが、喉奥深くにズンッと突き入れる。
脈動する陰茎が、亀頭が、ひと際太さを増したかの様に感じられた次の瞬間。
亀頭の先端……鈴口から、喉奥に向けて猛烈な勢いでザーメンが吐き出された。


「う゛~ッ!! う゛ぅ~~ッ!! う゛う゛ッ!! ……う゛う゛ッ! でりゅッ!! う゛ッ!! う゛ッ!! 気持ぢイ゛ィ゛ッ!! う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ!」 


「おごっ! ごきゅっ! ごきゅっ! ごくッ!! ごきゅっ! ごきゅっ! おぼおぉッ!! がぼぼッ!! ォゴぉおおおッ!! ごくごくごくッ! ごきゅッ!」


煮え滾る様に熱く、塊の様に濃厚な奥様のザーメン。
激しく痙攣を繰り返すペニスから、断続的に吐き出され、私の喉奥へ注ぎ込まれる。
息が詰まりそうなイラマチオの中で、私は奥様にザーメンを飲まされる悦びに震えていた。

【つづく】

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆