FC2ブログ

ふたなり勃起ペニスを手コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

61.【ふたなり秘書の奥様調教.6】
ふたなり勃起ペニスを手コキ責め

◆ ◆ ◆

私は奥様の豊満な乳房をたっぷりとこね回し、固く尖った乳首をジュルジュルと舐めしゃぶった。
更にショーツの上からペニスを掴み、ずりゅずりゅと扱いて責めた。
奥様は乳房と乳首、ペニスの三箇所を責められて乱れた。
更に激しい責めを求めて、切なげな眼差しで哀願する。
そんな奥様の様子が愛おしくて。
私は身体の位置をずらすと、奥様の脇に寄り添ってショーツに指を掛けた。
奥様が嬉しそうに喘ぐ。



「はぁ、はぁ、ふぁああッ……そ、そうなのッ。脱がして、ああ……ショーツを脱がして直接、私のオチ〇ポ、シコシコして欲しかったの、ヒナにシコシコってオチ〇ポ虐めて欲しかったのォ……、くぅン……」


奥様は早く脱がせて欲しいとばかりに、自ら腰を浮かせて求めた。
そんな奥様の様子に、私も焦らす事無く、一息にショーツを脱がせてあげる。
同時に奥様が甘い吐息を洩らした。


「んはぁああ……ああン、あ、あ、ああ……はぁ、はぁ、はぁ……」


ブルンッブルンッ! ……奥様のペニスが、激しく上下にスイングしながら露出した。
卑猥なスイングが収まっても奥様のペニスは、ビクンビクンと脈打ちながら震えている。
ああ……、いつみても凄い勃起で。
太長くて、ギンギンに反り返って。
陰茎を這う血管も、みっちりと肉厚な肉色の亀頭も、張り出したカリも素敵で。
今まで何度も女の悦びを与えられた、でも未だに鮮烈な快感を与えてくれる極上のペニス。

そんな逞しいペニスが私に責められ、鈴口からドロドロのカウパー液を吐き、濡れて汚れている。
何よりも、むわっ……と立ち昇ってくる、いやらしい淫臭。
青臭くて、汗臭くて、磯臭くて……なんとも言えない、淫らな臭い。


「ああ……なんて臭いチ〇ポなんですか? 奥様ったら……。ここまで変態染みたチ〇ポの匂いが立ち昇って来るじゃないですか」


「あああン……そんな、ああ……」


「こんなに臭い、ドロドロに汚れたチ〇ポを素手でシコシコして虐めて欲しいだなんて……。奥様は本当に変態なんだから。こんなばっちいチ〇ポをシコシコしたら、私の手まで奥様の先走りチ〇ポ汁で汚れちゃって、チ〇ポの臭いが染み付いちゃいます」


「駄目ェ…ヒナァ、言わないでぇッ……あああ……」


私は右手で奥様の乳房をやわやわと揉みながら、耳元でいやらしく囁き、言葉で責めた。
奥様は羞恥に頬を染めたまま、潤んだ眼差しで自身のペニスを見つめて喘いでいる。


「……臭くて汚いチ〇ポをいっぱいシコシコして汚れた手は……奥様がキレイにして下さいね? ペロペロチュウチュウってキレイにして下さいね? 良いですか? キレイにして下さらないと……シコシコしてあげませんよ? ……チ〇ポシコシコして欲しいんですよね?」


更に追い討ちをかける様に、私はそう言い放ち奥様を虐めた。
殊更にペニスが臭いと耳打ちし、ペニスが汚いと罵ってみた。
奥様は私の意地悪な台詞に反応し、身体を捻り、縋るようにして声を上げた。

「あああ……ふあああンッ! し、しごいてェッ! 私の臭くて汚いチ〇ポ、シコシコしてぇッ! ドロドロのチ〇ポ汁で汚れたチ〇ポ、しごいて欲しいのッ! ああンッ! 汚れたヒナの手はいっぱい、ベロベロ舐め回してキレイにするからぁ……」


身を震わせての懇願があまりにも愛おしくて。
奥様の言葉が終わるのを待たず、私は乳房を責めていた右手を、奥様のペニスへと伸ばす。
そのまま、指と手のひらで優しく包むようにペニスを握った。


「あっ!? ああッ! あン、んはぁ……」


ネットリと張り付くような、にちゃにちゃとした淫液の感触。
跳ね上がる様にドクドクと熱く脈打つ感覚。
ああ、奥様のペニスの太さが、熱さが、臭いが堪らない。
奥様の熱い吐息が聞こえ、気づけば奥様が私の事を見つめていた。
もう我慢出来ないと言いたげな、切なく蕩けた表情。
私は奥様の目を見つめたまま、右手を動かし始めた。


「ああッ!? んはぁああッ! あッ! ああンッ! こうなのッ! シコシコ来たのッ! あああんッ! チ〇ポがしごかれてりゅッ! ふああ……ヒナァッ! チ〇ポシコシコなのッ! これして欲しかったのぉッ! ああン、ああンッ!」


奥様は私の身体にもたれ掛かり、ペニスの快感を訴えて喘いだ。
興奮に震える奥様の熱い体温が伝わってくる。
私は少しずつ右手を早く動かしながら囁く。


「……ほらほら、シコシコですよ? 奥様の臭いチ〇ポコ……シコシコシコシコッ! ね、嬉しいですよね? ああ……こんなにチ〇ポ硬く、熱くして……シコシコ責めで、いっぱい虐めてあげます……」


「ふああン……してェ、シコシコしてェ……私のふたなりチ〇ポコ、シコシコ虐めてェッ! ううン、気持ち良い、気持ち良いのォッ! くふぅううッ……」


奥様はペニスの快感に酔い、潤んだ眼差しを宙に彷徨わせていた。
私はそんな奥様の耳たぶを舐め回しながら、右手の中でヒクつくペニスの感触を存分に楽しむ。
奥様の臭いオチ〇ポ、もっといっぱいシゴいてあげたい。
シコシコ責めでドロドロになった臭いチ〇ポ、存分にしゃぶってあげたい。
奥様を虐めて差し上げる事で、私の頭の中はいっぱいになっていた。

【つづく】


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売およびレンタルを行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされます。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『キャッシュカード』以外にもコンビニで購入できる『ビットキャッシュ』や『ペイジー』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆