FC2ブログ

奥様にご奉仕するメイド.2

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

02.【プロローグ.2】
奥様にご奉仕するメイド

◆ ◆ ◆

大きな窓から穏やかな朝の光が差し込む、広いリビング。
リビングの中央に据えられた、黒檀とクリスタルを併せた重厚なローテーブル。
そんなローテーブルの上に、私宛ての置き手紙がありました。

奥様からでした。
深夜、私が自室で就寝している間に、このペントハウスへお戻りになったのでしょう。
一週間ぶりでした。

奥様の置手紙は香り付きの便箋で、天然石のペーパーウェイトが乗せられていました。
そこには、
『小町へ。朝の9時、私のお部屋へ、ご奉仕にいらっしゃい。ちゃんと「ご挨拶」すること』
とだけ記されていました。

置手紙を読み終えると、私は胸に手を当てて呼吸を整え、時計を確認し、自室へと戻りました。
私の自室は、ペントハウスに複数用意された、来客用寝室のひとつです。
化粧室とバスルームがセットされた広い部屋なのですが、そこを私のプライベートルームとして使用する様にと、奥様より申しつけられたのです。
私は自室でシャワーを浴びて、改めて身支度を整えました。



午前9時。
私は光の差し込む広いリビングを横切ると、大理石タイルが敷き詰められた廊下へ抜けました。
そのまま奥様の寝室へ向かいます。

廊下の途中、ガラス張りのフィットネスルーム脇を通り過ぎる時。
フィットネスルームの壁を覆う大きな鏡の中に、私は自分の姿を見つけました。

濃紺のメイド服に身を包んだ私。
ですがその顔は、自分が見知っている普段の表情とは違っていました。
切なげな表情で唇を微かに開き、頬は桜色に染まっていました。

鏡に映った自分の顔から、私は目を逸らしました。
それは他人に見せてはいけない様な、ほんのりと欲情した、物欲しげな表情でした。


◆ ◆ ◆


私は寝室のドアをノックし、声をお掛けしました。


「……失礼致します」


奥様のお返事はありませんが、私はそのまま寝室に立ち入る事を許されています。
ゆっくりとドアを押し開き、奥様の寝室へ足を踏み入れました。

窓のカーテンは閉じられたままでした。
高い天井ではシーリングファンがゆっくりと回っています。
壁では淡い間接照明の灯りが、ぼんやりと燈っています。
そして微かに漂う、アロマキャンドルの甘い香り。
部屋の中は、トロリとした不思議な温度で満ちていました。


「こっちにいらっしゃい、小町……」


奥様が私の名前を呼びました。
寝室の中央に据えられたキングサイズの重厚なベッド。
私はおずおずとベッドに近づきます。


「早くなさいな……」


楽しげな、それでいて焦れた様な、奥様の甘い声。
私はベッドの脇に辿り着くと、身を屈めて床の上に跪き、挨拶の言葉を口にします。


「お、おはよう……ございます、奥様……。お、お待たせ致しました……」


上手く言葉を紡ぐことが出来ません。
言葉に詰まってしまいます。
奥様に教えられた「朝のご奉仕前の挨拶」の言葉なんです。
なのに言葉が続きません。

ですが奥様は私を咎める事無く、ベッドの上から嫣然と私に微笑み掛けられました。
奥様は一糸纏わぬ裸身を晒し、ゆったりとベッドに寝そべっておられました。


しっとりと潤いを帯びた白い肌。
しなやかに伸びた長い脚、ぽってりと丸く熟した薄紅色の尻。
育ち切った豊満な乳房の先端では、鴇色の乳首がツンと尖っています。
女である私でも見惚れてしまう程に美しい、奥様の裸体。
そして何よりも……。


奥様はゆっくりと上体を起こされました。
ベッド脇の床に跪く私に近づくと、ベッドの縁に腰を降ろしました。
奥様の脚は跪く私の左右へと投げ出されています。


「……ほら、小町? 私の顔を見て? この前、教えてあげた朝のご挨拶、ちゃんと言わなきゃ駄目よ?」


奥様は悪戯っぽい口調で、跪いたままの私を優しく見下ろしながら、そう仰いました。
私は促されるまま、奥様の顔を見上げました。


背中まで届く艶やかな黒い髪に、陶器の様に滑らかな頬。
緩く弧を描く整った眉と、長い睫毛に縁取られた切れ長の目。
淡く綻ぶ紅色の唇。
妖艶という言葉が相応しい、美しいお顔。


「奥様……」


私を見下ろす奥様の瞳の奥に、頬を上気させている私が映っていました。
物欲しげな目で頬を染める私の表情は、先ほど廊下で見た物と同じです。
これから行われる恥ずかしい行為を期待して、トロトロと欲情していました。


――私のメイドとしての、三つめのお仕事は。
奥様の「性」を慰めるべく「ご奉仕」する事です。

【つづく】


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆