FC2ブログ

ピロートーク

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

46.【お仕置きセックスの後で……】
ピロートーク。

◆ ◆ ◆


穏やかな温もりに包まれて、私はゆるゆると微睡んでいました。
何時の間にか窓のカーテンが開けられ、奥様の寝室に太陽の光が差し込んでいます。
頬に触れているのは、柔らかな乳房。
キングサイズのベッドの上、私は奥様の腕の中にいました。
奥様の胸元に顔を埋め、意識を失っていたのです。
奥様は長い睫毛に縁取られた目を細め、口許を綻ばせて、優しく微笑んでいらっしゃいました。


「あら、気がついた?」


奥様は、私の額にキスをくれました。
リネンシーツの心地良さと、奥様の温もり、そして甘い香り。
暖かな奥様の腕に抱かれ、夢見心地でぼんやりとしてしまいました。
そしてふと気がつきました。
私の全身に滴っていた汗や汚れが、綺麗に拭われているのです。
意識をなくしている間に、奥様が拭って下さったのです。
私は慌てて謝罪の言葉を口にしました。


「あっ……あの、申し訳ありません、私、興奮し過ぎて、その……」


奥様は小さく笑い、再び私の額にキスを下さいました。
艶やかで柔らかな唇の感触が心地良く、それだけでポーッとなってしまいます。


「良いのよ、ふふっ……。そうね、今までで一番いやらしくって、恥ずかしい小町が見れたし……。一週間ぶりだったからかな? ……それとも、いつもよりいっぱい虐めてあげたせいかしら? とっても可愛かったわよ……?」


からかう様な奥様の言葉に私は、ベッドの上で乱れていた自分を思い出してしまいました。
ああ……私、凄くいやらしい言葉を、たくさん口にしていたんです。
自分から進んで卑猥な格好をしたり、奥様を求めたりしていたんです。
そういった事を思い出してしまい……まっすぐ奥様の顔を見る事が出来ません。
顔と耳が熱く火照ってしまいます。


「あらあら、そんな顔しないで? 小町はとっても可愛かったんだから。それとも……さっきの事を思い出してしまって恥ずかしい?」


奥様の言葉に、私は小さく、はい……、と答えて目を閉じました。
自分のしていた事が恥ずかしくて堪りません。
そしてやっぱり、情事の最中、奥様に指摘された通り、私はカマトトなのだろうと思います。
あれだけ奥様の前で恥知らずな真似をしておいて、今更恥ずかしいだなんて。
自分でも滑稽だと思うんです。
ですが、こうやって我に返ると、恥ずかしいと感じてしまうんです。
そんな私を、奥様はぎゅっと抱き締めて下さいました。


「もう、小町ったら本当に可愛いんだから……!」


奥様は嬉しそうな声を上げ、私の額に二度、三度と、キスを繰り返しました。


「何にも知らなかった小町に、いやらしい事をいっぱい教えたのは私だもの。小町は素直だから、私が教えた通りに振舞ってくれたのでしょう? そんなの私、嬉しいに決まってるじゃない。今まで以上に小町の事が可愛いって思えるわ。……何より、ベッドの上と普段とで全然違うのは当然の事よ?」


奥様は私の顎に指を掛けると、そっと上を向かせながら言葉を続けました。


「……もう十分知ってると思うけれど、私はとってもいやらしいのよ? 小町に嫌われるかも知れないくらい、もっといやらしくて、もっと恥ずかしい事をして楽しみたいって思ってるもの。でも普段はそんな素振りなんてかけらも見せずに、仕事してるの。……でも、そういう事って私は普通だと思う。みんなそうよ。だから、そんなに恥ずかしがらなくても良いのよ?」


奥様はにっこりと微笑んで、私の唇に軽くキスしました。


「……でも、こんな風に恥ずかしがる小町も大好き、可愛いわ」


悪戯っぽい口調でそう仰って、奥様は改めて私を抱き締めて下さいました。
くすぐったくなる様な嬉しさと、奥様に大切にして頂いているという喜び。
こんなに幸せで良いのでしょうか。
私は、柔らかな奥様の胸元に甘えました。


「私も奥様の事……大好きです」


奥様は私の頭と頬を、優しく撫でて下さいました。
それから暫くの間、奥様は私の髪を手櫛で撫でつけ弄びます。
私は奥様の胸元に頬を寄せ、幸せを噛み締めました。

やがて奥様は、ゆっくりと身体を起こしました。
ふくよかな乳房が揺れ、美しい身体のラインが露わになります。
窓から流れ込む光の中で、肌理の細かい白い肌が、キラキラと輝いて見えました。
奥様は微笑みながら静かに仰いました。


「……愛してるわ、小町」


心臓がトクンと音を立てて打ちました。
胸の奥が温かくなります。
映画やドラマでは良く聞く言葉ですが、奥様にそう囁かれると、別の言葉の様に響くのです。
奥様と出会うまで、誰かに「愛している」と囁かれる事なんて、私にはもう無い事だと思っていました。


「私もッ……私もですッ……私も奥様の事、愛していますッ……」


奥様の膝にすがりながら、私も想いを伝えました。
奥様は優しい眼差しで私を見下ろし、私の頬に掛かった乱れ髪を指先で整えました。
それから、壁に掛かった時計を見上げました。


「もうお昼過ぎだけど……ねえ、小町? ランチは私が作っても良いわよね? どう?」


その言葉を聞いて私は、奥様に寄り添いながら身を起しました。
ブランケットを纏い、胸元で押さえながら答えます。


「でも奥様、それは私の仕事ですから……」


そう言い掛けて私は、カクンと身体の力が抜けてしまうのを感じました。
奥様にもたれ掛かると同時に、身体の奥底からじんわりと込み上げて来る、温かな感覚。


「ああ……」


私は頬が熱くなるのを感じました。
奥様はそんな私の肩を、優しく抱き寄せながら囁きました。


「……ね? 小町はもう少し、ゆっくりしてなさいな? ……大丈夫よ、ちゃんと食べられる物を作るから。ふふっ……」


そして奥様は、目を細めながら窓の外を見て仰いました。


「ねえ小町、午後はお出かけしましょう? そうね、小町は行きたいところってあるかしら……?」


奥様の言葉に、私も窓の外に目を向けます。
気持ち良く晴れた青い空が見えました。
絶好の外出日和です。

だったら午後は、奥様と一緒に緑地公園を散策して、ウィンドウショッピングを楽しみたい。
雑貨や洋服を見て回り、最後に食材を買い込むのです。

そして夕食は、私が奥様に作って差し上げたい。
奥様に食べて頂きたいレシピがあるんです。
それを食べて頂いて、奥様に美味しいって言って頂けたら。
例えそれが、ウーンって首を傾げる様な結果になっても。
私は幸せなんです。

だって、奥様の側にいるからこそ、感じられる事だから。
奥様のお側にいられるだけで、幸せなんです。
本当に、お側にいられるだけで。
一緒にいられたら。
ずっと一緒にいられたら良いなって。
二人でずっと一緒にいられたら良いなって。
二人の時間が、もっと欲しいなって。

大好きな奥様を、独り占めに出来たら良いなって。
それは、叶わない事なのかも知れないけれど。

窓の外に見える青空はとても眩しくて、私はそっと目蓋を閉じました。

【次のお話につづく】



【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】 
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆