FC2ブログ

ポルチオ快楽で潮吹き連続アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

45.【ポルチオ連続絶頂 .11】
ポルチオ快楽で潮吹き連続アクメ

◆ ◆ ◆

奥様の激しい責めを受けて、私は快楽の極みで精を注ぎ込まれながらアクメを迎えていました。
背中が弧を描いて持ち上がり、愛液に塗れたお尻の肉がヒクヒクと蠢きます。
奥様のペニスを根元まで飲み込んだ膣壺は、卑しく蠕動し続けています。
私の淫乱な性器は、ザーメンを放出し続ける奥様のペニスを、勝手に絞り上げているんです。

そんな激しい締めつけの中、精を放ち続ける奥様のペニスは、未だに抽送を続けています。
ああ……私の膣壺を使ってペニスを扱く様に、痙攣しながら奥様の腰が前後に動いているんです。
最後の一滴までザーメンを注ぎ込もうと、動いているんです。


「う゛っ! う゛っ!  う゛う゛っ!!  う゛……ッ!! まだでりゅ! まだ、チ〇ポ汁出てりゅゥ……ッ!! う゛っ!  うう゛……ッ!!」


ビクビクッと痙攣しながら膣肉を擦る動きが、イクイクになった私の性感を更に昂ぶらせるんです。
そしてとうとう、太く逞しい陰茎とカリに擦られ続けたGスポットと、ペニスの付け根に責め続けられたクリトリスが、喜悦の果てに甘く蕩けて、イクイク絶頂になってしまったんです。


「……お゛ッ!? お゛お゛お゛お゛ッ!! おひぃいいいいいンッ!! またイグッ!? おくひゃま、小町またイグゥッ!!  うぐぅううッ!! ク、クリチ〇ポイクイクッ!! んぉお゛お゛お゛お゛ッ!? ……んひぃいいッ!! 全部変になりゅううううッ!! 良いィィン!!! 気持ちィイッ!! ぎもぢいいッ!! イグイグイグッ!! お゛お゛お゛お゛ッ!! イグイグイッグイッグゥウウウウウッ!!! うぅぅ……ッ!! ……ッ!!」


こんなに何度もアクメを迎えるなんて、おかしくなってしまいそうです。
でも、止められないんです。
ポルチオの甘い疼きが、身体中の神経を昂ぶらせているんです。
あらゆる性的刺激が、蕩ける様な至高の快楽につながってしまうんです。
強烈な連続アクメに悶える私の耳元で、奥様は熱い吐息と共に囁きました。


「う゛っ! う゛っ……ううぅッ!! う゛う゛っ……ッ!! こ、小町? まだよ? ……もっと凄いイクイクアクメ体験、させてあげるッ……んッ!! んはぁッ……!!」


そして奥様は、私の膣穴に根元まで挿入していたペニスを、ズルンッと引き抜いたのです。
ああ……極太ペニスにグイグイと圧迫されていた尿道が、とうとう開放されたんです。
すぐに震え上がるほどの幸せな刺激が、津波の様に押し寄せて来ました。
出ちゃいます。
出ちゃうんです。
気持ち良いイクイク汁が、おしっこ穴からピュッピュって出ちゃうんです。


「お゛ほぉ~~ッ!? ンォオ゛オ゛オ゛オ゛ッ!? ビュッビュでりゅッ!! おしっこ穴すごい気持ち良いのいっぱい出りゅううぅッ!? お゛お゛お゛お゛ッ!!? 気持ち良いッ!! イグイグッ!!! ピュッピュしちゃうッ!! アヒィィイイイッ!! オマ〇コ良いッ!! オマ〇コ気持ち良いッ!! イグゥゥッ!! イグイグッ!! ピュッピュでイグゥうううううッ……ううううう、んひぃ、あへぇ……」


M字に脚を開き切った私の股間……性粘膜の谷間に隠れた尿道口から勢い良く、潮が吹き上がり、弧を描きました。
ピューーッ!!ピュピュピュッ!!……という、熱く迸る感覚。
いっぱいいっぱい……イクイクピュッピュ出ちゃったんです。
ずっとずっと我慢してたから、凄く気持ち良いんです。
頭の中が真っ白になって、嬉しくて、凄い開放感なんです。
もうイクイクになったまま、元に戻れないほどの気持ち良さなんです。
お腹の奥底が……私のポルチオが、こんな変態行為にキュンキュンと疼いてしまって。
ポルチオが悦んでしまっているんです。


「あへあへぇ……あひぃ……ひぃッ、おひぃ……ッ。イクイクゥ、んッ、イクゥ、イクゥ……はへぇ」


奥様の乳房に、お腹に、太ももに、ピューッ! ピーュッ! ……って掛かってるんです。
私の吹き上げた潮が、女の子射精がいっぱい掛かって、飛沫がキラキラと飛び散ります。
私の脚が、腰が、お尻が、絶頂快楽のアクメ刺激で、ビクンビクンと痙攣する度に、股間に力が入って、搾り出す様に潮を吹くんです。

白く霞む視界の隅で、ザーメンを絡ませた奥様のペニスが、脈打つ様に震えているのが見えます。
私の股間と、粘液の糸で繋がっているんです。
私をたっぷりと愛してくれたペニスなんです。
そんなペニスにまで私は、ピューピューと、お潮を注いでしまっているんです。

あまりのいやらしさに、現実感が無いように思えて。
何もかもいやらしくて、心地良くて、幸せで、夢みたいで。
この暖かくて甘い感覚に包まれたまま、蕩けてしまいたい。
何度も何度も繰り返された、快楽絶頂の末に、私の意識は薄らいで行きました。


「はぁ、はぁ、はぁ……小町ったらこんなに女の子射精して……すっかり悪い子になっちゃったわね……? 可愛いわ……これからもいっぱいお仕置きして、もっともっと悪い子にしてあげる……もっといやらしい子になっちゃうまで、いっぱい可愛がってあげる……」


楽しそうに呟く奥様の声が、ひっそりと聞えたのでした。

【つづく】



【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】 
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆