FC2ブログ

種付けピストンでポルチオ絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

44.【ポルチオ連続絶頂 .10】
種付けピストンでポルチオ絶頂

◆ ◆ ◆

薄暗い奥様の寝室には、ドロリとした性の匂いが篭っていました。
そして汁気を含んだ、淫ら極まりない粘着質な水音。

ベッドの上で仰向けになり、両脚をだらしなくM字に開いた私は、浅ましく喘ぎ続けています。
そんな恥知らずな私を、奥様は上から押し潰す様に体重を掛けて、虐める様に犯し始めました。
蜜の坩堝と化した私の膣壺が、奥様のペニスに扱かれ、ヌチュヌチュという猥褻な音を立て続けるのです。
嬉しそうに私を責める奥様の声が響きました。

「……んッ!! ……んはッ!! ……んんッ!! くぅッ!! 良いわァッ!! イクイク我慢してる小町のオマ〇コ穴ッ!! んッ!! メス汁ドロドロよッ!? イクイク我慢しながら、チ〇ポをキュンキュン締めつけて悦んでッ!! この変態!! スケベ!! ああ気持ち良いッ!! 我慢弱い小町の膣穴でチ〇ポしごき気持ち良いッ!! もう出そうッ!! チ〇ポ汁でそうッ!! あぐゥッ!! もうすぐ出ちゃう……ッ!!」


奥様の声が、責め苛む言葉が、何よりも膣奥深くまで打ち込まれた怒張ペニスが。
ああ……ズンズンと響くんです。
お腹の奥に……ポルチオに響いて。
気持ち良い、気持ち良いんです。


「アヒィイイイイッ!? おほッ!? おぉッ!? おッ!? おひィンッ!!! 奥ひゃまァッ!! イクイク来ちゃうッ!! ピュッピュしたいのにィッ!! ポルチオでイクイクなっちゃうッ!! お腹の中も、オマ〇コも全部気持ち良い……ッ!! こんなの頭変になっちゃう……ッ!!」


Gスポットを激しく責められて、もう少しで潮吹きアクメだったのに、お預けされてつらいんです。
奥様の極太ペニスで尿道をせき止めて、ピュッピュも出来ずにもどかしいんです。
なのに、ポルチオを激しく責められて、頭がおかしくなりそうな程、気持ち良いんです。
ペニスの付け根が、私のクリトリスを大陰唇ごと、こね回す様に動いて快感なんです。
アクメ寸前の敏感さを保ったGスポットが、ポルチオを責める陰茎の細かく激しいストロークに反応して、心地良く熟し続けているんです。
こんなのもう、ポルチオでイクイクになったら、Gスポットも、クリトリスまで一緒にイクイクってなって、絶対に頭が変になっちゃうんです。
今だってもう、よだれを垂らしながら喘いで、恥知らずな笑みを浮かべてしまっているんです。
もう恥ずかしいなんて思う余裕もありません。
気づけば私は、奥様の背中に腕を回して、うわ言の様に快感を訴えていました。


「おひィッ!? ひあああッ!? ぎもじいいッ!! お、おまんご全部良いィッン!! 小町、変になりゅうううぅッ!! あたま変になりゅううううッ!! イグイグ来でりゅッ!! もうイグのォッ!! あひぃいいいッ!? ピュッピュ我慢してるのにッ!! ……おま〇こイグイグなるゥンッ!!!」


奥様は、汗にまみれた美しい相貌を紅潮させながら私に圧し掛かり、短いストロークで激しく腰を振っています。
奥様の乳房が私の乳房を押し潰し、奥様の腰と太ももが、私のお腹と両脚を押さえ込んでいます。
奥様の体温が、重さが、汗の滴りが、気持ち良いんです。
奥様は唇の端によだれを絡めたまま、喘ぐように仰いました。


「イ、イッちゃう……ッ!! チ〇ポ汁出るわッ!! ……んッ、んッ、もう出るの、チ〇ポ汁たくさん出ちゃうッ!! こ、小町のオマ〇コにッ……チ〇ポ汁注ぎ込んであげりゅッ!!! で、出る出るッ!! 出る出る出る出るッ!!!! チ〇ポ汁、でりゅぅううううううッ!!!! 」


激しく前後し続けていた奥様の腰が、私の股間に思い切り、グイッと押し付けられました。
直後、膣壺の中の灼熱した極太ペニスが、ビクビクと激しく痙攣したのです。
そして奥様は、感極まった様に切なげな、低い声を発しました。

「……んぐぅうううッ!! 出るッ……う゛っ! う゛っ! う゛っ! う゛っ! う゛っ!! ううぅッ!! う゛ぐぐうううッ!!! ……う゛う゛っ!!! きもちいいッ!! チ〇ポ良い……う゛う゛っ!! ……いっぱい汁ッ!! ……チ〇ポ汁出りゅぅッ!! ……う゛っ!! う゛っ!! う゛う゛っ!!!」


ブリュッ!! ブリュッ!! ブリュッ!! ぶびゅうううううゥッ!! 
ブリュッ!! ぶびゅううぅーーーーーッ!!! 
……そんな卑猥極まりない音が響いてくるような、ペニスから伝わる射精の刺激。
夥しい量のザーメンをビクンビクンと跳ね回るペニスから、ブリュブリュと注ぎ込まれる感覚。
火傷しそうに熱い極太ペニスから吐き出された、濃厚で熱いザーメンなんです。

ブリブリとした亀頭の先端から、ポルチオに向かってビュービューと撒き散らされてるんです。
気持ち良過ぎて、頭の芯が痺れてしまいます。
しかも奥様の肉厚亀頭はドロドロの汁を吐き散らしながら、ポルチオをグイグイと揺さぶるんです。
ああもう……耐えられません。
お腹の奥が、ポルチオが気持ち良過ぎるんです。
イクイク以外に何にも考えられません。


「んおおぉおッ!? おっ!? おっ!! 熱いッン!? ンヒィイイイイッ!! イクッ!! イクッ!! おほおおぉッ!! イクイクイクイクッ!! 小町イグッ!! イってりゅぅッ!! イグイグイグッ……イクイクウゥ……ッ! イグゥううううう……ッ!! うぅぅ……ッ!! おおおおぉぉぉ……うぅぅ……」


股間が蕩けるほど気持ち良いんです。
奥様のペニスを根元までくわえ込んだ膣壺が、スリットが、性粘膜が凄いんです。
甘い甘い快感を貪り続けるんです。

頭の芯まで甘く痺れて、何も見えなくて、イクイクイクって気持ち良くなって。
身体が仰け反って、両脚が何度も跳ね上がって、気持ち良い気持ち良いって暴れるんです。

ああ……おしっこ穴からピュッピュ出来なくて切ないのに、性粘膜はきゅんきゅん動き回るんです。
凄くもどかしいのに、ポルチオイクイクが満足過ぎるほど気持ち良くて、頭が変になりそうなんです。
たっぷりとザーメンを注がれながらの、激しすぎるポルチオ絶頂だったんです。

【つづく】



【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】 
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆