FC2ブログ

クリ扱きアナルSEXでメス射精搾り

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

381.【悦楽アナル・セックス18】
クリ扱きアナルSEXで雌射精搾り

◆ ◆ ◆

私はもう、すっかり駄目になってしまったんです。
奥様に愛でられて、極上の快楽を股間からたっぷりと与えられてしまって。
もう、何一つ我慢する事が出来なくなってしまったんです。


「う゛ッ! う゛ッう゛ッ! ふぐ~ッ…… う゛ッ! おッ……奥ひゃッ、小町ッ、イグ う゛ンッ!! う゛う゛ッ! イクイクッ……う゛ッ! う゛ッう゛ッう゛ッ! くぅううンッ……んぐぅッ! ぴゅっぴゅ出てりゅッ、イクイクイクゥンッ!! う゛う゛ッ……う゛ッ!」


「んッ……このッ、おもらし奴隷ッ! メス射精好きの変態ッ! んッ! なんて嬉しそうな声なのッ!? 女の子射精ばっかりしてッ! ンッ! ぴゅっぴゅでおしっこ穴まで嬉しいのねッ!? んッ……お尻の穴も嬉しい嬉しいッ! おしっこ穴も嬉しい嬉しいッ! 肛門でチ〇ポコもぐもぐ頬張りながらぴゅっぴゅしてッ! 本当にいやらしいッ……くぅンッ!」 


背面横臥の体位で、背後からたっぷりと犯されてしまって。
トロトロになるまで調教されたアヌスを、力強く勃起したペニスで、奥の奥まで責められてしまって。
そうやってアヌスに快楽を送り込まれながら、同時にクリトリスまで念入りに虐められてしまって。
その上、耳元で、いやらしい言葉をたっぷりと囁かれてしまって。
頭の芯まで、卑猥な心地良さに埋め尽くされてしまって。
もうこんなの、何も考えられないくらい心地良くて。
気づけば私は、ぴゅぴゅーッ……って、オシッコ穴から女の子射精を迸らせてしまっていたんです。

「くぅううンッ! イグイグイグッ……う゛う゛ッ! う゛ッ……う゛ッ……おふゥッ! 奥ひゃまッ……ぴゅっぴゅッ、いっぱい出ちゃァッ……あぐゥッ!! う゛う゛う゛ッ! う゛ッ! イグイグゥッ! う゛う゛ッ……うふ~~ッ! イクゥッ……」


「くぅンッ……んッ、小町ったらッ! ぴゅっぴゅ射精イクイクしながらッ、こんなに肛門でチ〇ポ搾りッ! んッ……気持ち良ィッ! んッ……小町ちゃんのッ、スケベったらしいチ〇ポ搾り穴ッ! 気持ち良ィンッ! んはァッ! いやらしい子ッ! お前は本当にいやらしい子なのッ! んふぅッ……こんなにクリトリスッ、ビンビンに勃起させてッ! ビンビンよッ!? この変態ッ! んッ……」 


私を罵る奥様の、上擦った声が堪らなくて。
両脚をM字に大きく開いたまま、アヌスに奥様のペニスを根元まで受け入れたまま。
勃起したクリトリスを、包皮ごとシコシコと扱かれてしまって、発情した雌犬の様に喘ぎながら。
心地良くて堪らなくて、腰を浅ましくカクカクと動かしながら。
もう何度目になるのか判らない、潮吹きピュッピュなイクイクを、思う存分堪能してしまったんです。


「う゛う゛う゛ッ……奥ひゃ、ごめんなひゃッ……くぅンッ! イグイグッ! ンッ……んはァッ! はぅッ……う゛ッ! シッ、シコシコ許しッ……はう゛ッ! う゛う゛ッ……う゛ッ! う゛う゛ッ! う゛ッ……う゛う゛う゛ッ……はふゥ~……シコシコらめェンッ、んはァ……はァ……奥ひゃ、んへェッ……」


「……んッ! んッ! ゆ、許しませんからねッ!? んッ……んッ……こんなにッ、たくさんピュッピュしてッ! ベッド汚してッ! 悪い子ッ! こんな悪い子の勃起クリトリスッ……イクイクしても虐められて当然なのッ! オシッコ穴からッ、メス射精ッ、搾り出してあげりゅッ! ほらッ、シコシコシコッ! シコシコッ! んッ……意地悪されて肛門ムチュムチュさせてッ……チ〇ポ良ィンッ! もっと、もっと虐めりゅゥッ……」 


本当に濃厚な、幸せ過ぎる潮吹きアクメだったんです。
頭の芯まで蕩ける程の、濃厚なイクイクを感じながら、心地良くピュッピュだったんです。

なのに奥様の指先は、私の硬く尖ったクリトリスを捉えたまま、未だに優しく扱き続けるんです。
奥様の逞しい怒張ペニスが、泥濘の様に蕩けたアヌス粘膜をムチュムチュと犯し続けるんです。
こんなの……こんな風にされたら。


「んッ……くぅンッ! んッ! ンヒィッ!? ひうゥッ……ううッ、う゛ッ! ンッ、ンおッ!? おッ!? おほォ~~ッ!? おッ……奥ひゃッ、奥ひゃまァッ!? ら、らめッ……う゛う゛ッ! う゛ッ! 奥ひゃッ……らめッ、らめェッ! う゛う゛う゛ッ……」 

クリトリスを、クリュッ……クリュッ……って、扱かれる度に。
ピュッ……ピュッ……って、女の子エキスをオシッコ穴から溢れさせてしまって。
極太のペニスで、ズニュッ……ズニュッ……って、ピストンされる度に。
お腹を内側から圧迫されて、ピュッ……ピュッ……って、女の子射精させられてしまって。

ああ……こんな。
まだ終わりじゃないんです。
奥様の腰が、意地悪に動き続けるんです。


「んふゥ~ッ! う゛ッ、う゛ッ……んぐゥッ……奥ひゃッ、も、もう……奥ひゃ、イクイクいっぱいしましたァッ……いっぱいピュッピュしましたァッ! もッ、もうッ……許して、くだひゃッ、ご、ごめんなひゃ……あううッ……あうッ、あうッ! くぅンッ!」


「んッ……んッ……んッ……も、もう駄目よッ!? もう駄目なのッ! こッ、小町ちゃんのお尻の穴ッ! 気持ち良過ぎてもうッ……私ッ、もうッ! 我慢出来ないッ! んッ……小町ちゃんのッ、可愛い肛門にッ……チ〇ポ汁ッ! たっぷり注ぎ込むのッ! んッ……きっとたくさん出りゅッ! あはァンッ! びゅーびゅーって出しますからねッ!? んッ……んふゥ!」


奥様はそう仰って。
私の身体に密着したまま、ごろりと態勢を入れ替える様に転がって。
気づけば私はベッドの上で俯せの格好のまま、奥様に上から圧し掛かられていて。
もちろん奥様の腰も、私のお尻に押しつけられたままで。
極太の脈打つペニスも、私の尻肉を押し広げつつ、蕩け切ったアヌスに入り込んだままで。 


「んッ……んふゥッ!! おッ、奥ひゃッ!? ……んはァッ! あッ……あッ!? あううッ! うッ、うッ、うほォ~~ッ、奥ひゃッ……お尻ッ、お尻ィンッ! くぅうううンッ!! んッ……んッ……んお~~ッ!? おッ!? おンッ! おッ、おほォ~……」


「んッ……お、犯すわッ……小町ちゃんの肛門ッ、思いっきり犯すのッ! わッ、私のチ〇ポ汁ッ、アヌス粘膜の奥にッ……注ぎ込んであげるッ! イクイク狂いのおもらし奴隷にッ! チ〇ポ扱き奴隷の立場を思い出させてあげますからねッ!? んッ……ありがたくッ、肛門でチ〇ポミルクをゴクゴクお飲みなさいなッ? ふふふッ! んッ……んッ……」


奥様の掠れた声が、私の耳朶を打ちました。
とっても意地悪で、とっても愉しそうな声で。
そのまま奥様は、ゆっくりと長いストロークで、私のアヌス犯し始めて。
それは蕩ける様な、アナル粘膜を嬲り抜く様な、意地悪なピストン責めでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


アダルト動画 DUGA デュガ

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売およびレンタルを行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされます。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『キャッシュカード』以外にもコンビニで購入できる『ビットキャッシュ』や『ペイジー』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆