FC2ブログ

アナルセックス快楽アクメ漬け調教


◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

368.【悦楽アナル・セックス5】
アナルセックス快楽アクメ漬け調教

◆ ◆ ◆

頭の中が真っ白なんです。
腰の奥が熱く熟して疼いているんです。
ああ……肛門なんです。
私の肛門が、大きく柔らかに広がって、奥様の勃起ペニスを根元まで飲み込んでいるんです。
本当に……本当に気持ち良くて、逞しいペニスなんです。
太くて長くて、熱くて硬くて、いやらしく反り返った極上のペニスなんです。
そんなペニスが、私のアヌスを、お尻の穴を、奥の奥までグニュグニュと犯し続けたんです。


「んぐ~~ッ! イグイグッ! イグッ! ふ~ッ、ふ~ッ、んッ……んッ……イクイクイクゥ~~ッ! うくぅンッ……イクッ! 奥ひゃッ……あへェッ、はへェッ! はぐッ……イグイグイグゥッ……」


プジュゥプジュゥと、ヌチュヌチュと、グチュグチュと、アヌス粘膜を内側から扱き上げて。
ブリュンブリュン……って、ぐにゅゥぐにゅゥ……って、執拗にこね回すから。
膣壺最奥で熟すポルチオにも、アヌス粘膜越しのゴリゴリとした刺激が伝わってしまって。
こんなの気持ち良過ぎて。
お尻の奥から、甘くて幸せな飛沫が湧き上がって、背筋を伝わって、頭まで駆け上がって。
頭の中いっぱいに、真っ白なコンデンスミルクみたいな快楽が溢れ返ってしまって。

我慢なんて出来るわけのない、気持ちの良いイクイクになってしまったんです。
お尻の穴を、逞しいペニスでこね回されて、イクイクってなってしまったんです。
本当に、本当に気持ちの良いイクイクが来てしまったんです。


「うッ……うッ……イグッ、イグッ、イグイグ~ッ!! んぐゥッ……んッ、イクイクイクッ! んッ……んッ……奥ひゃまッ、小町ッ……お尻ッ、イクイク止まらにゃッ、んはァッ……はぐゥッ! イグッ! イグイグイグゥ~ッ! うううッ、イクッ! ううう……」


裸のまま欲情に塗れてベッドに突っ伏し、剥き出しのお尻を奥様に差し出して。
奥様は私のお尻を両手で捕まえると、背後から極上のペニスでヌッポリと犯し尽くしてしまって。
たっぷりと時間を掛けて、トロトロに仕上がったアヌス粘膜を、奥様の極上ペニスで、奥の奥まで、ポルチオごと快楽漬けにしてしまったんです。


「んッ……んッ……は、初めてのアナルセックスでッ、こんなにイクイクしてッ! イクイクしながらッ、アヌス粘膜でッ、チ〇ポ搾り上げてッ! なんて子なのッ!? 連続で肛門イクイクしながらッ、チ〇ポ味わってるのッ!? この変態ッ……マゾ豚ちゃんッ! こんな恥知らずなチ〇ポ扱きのマゾ豚奴隷はッ……しっかりチ〇ポで調教し直してあげるッ! 肛門をチ〇ポ漬けのアクメ漬けにしてあげるッ……んッ……んッ……」


「ん、んひィッ! お、奥ひゃッ……んへェッ! お、お尻ッ、イクイクしゅごぃッ! イクイクッ……んッ、んはァッ! イグイグッ! またイクッ……ん~~ッ! イクイクイクッ! ふぐゥッ……!」


私を叱責する奥様の声が、ヌッポリ犯されて蕩けたアヌスに、ジンジン響いて心地良いんです。
アクメの最中でも続く、甘く揺さぶる様な腰遣いに、頭の中がうっとりしてしまうんです。
イクイクの波が途切れなくて、何度も何度も、細かくイクイクを繰り返してしまうんです。
こんなの気持ち良くて幸せで、イクイクばっかりのアクメ漬けなんです。 


「んッ……んッ……本当にお前はッ、欲張りなアクメ奴隷なんだからッ! こんなにッ、嬉しそうにッ、私のチ〇ポでイクイクしてッ! んッ……んッ……くふゥッ、しゃぶりついて来るわねッ、このチ〇ポ搾り穴はッ、んッ……気持ち良いッ、気持ち良いわッ、小町のスケベったらしいアヌス粘膜ッ……とっても気持ち良いッ、んッ……もっと可愛がってあげるッ、ほらッ……こうやって、姿勢を変えて……んッ、んッ……」


「んッ……イクイクイクゥッ……イクゥッ! んッ、んはァッ、はァッ、はァ~ッ、イクイクッ……ううッ、おふッ……お、奥ひゃまッ、小町ッ……変にッ、変になっちゃいまひゅからァッ! んへェッ! イグッ! まだお尻イグッ! んぐゥッ……イグイグッ……んッ、んはァッ! あッ!? んはァああンッ……あ、奥ひゃま? ふあああ……ん、んん、くぅうン……」


奥様にお尻を抱えられて、後ろからたっぷりと、アヌスをペニスでこね回されて。
蕩ける程に濃厚なアナルセックスの快楽に、未だアクメの余韻も続いたままで。
そんな中で奥様は、私の腰に腕を回すと、ゆっくりと姿勢を入れ替え始めたのです。
背後から密着する様に寄り添い、ペニスとアヌスで繋がったまま、ベッドの上へと。
お尻を突き出したうつ伏せの姿勢から、ごろりと身体を半回転させる感じで横たわって。


「ん、ん……くううン、お、奥ひゃま、ほふぅ……ううン、くふゥン……」


「ん、んふゥ、んはァ……今度はこの姿勢で可愛がってあげる……。ふふッ、こうやってオマ〇コ遊びするの、小町ちゃんは好きよねェ? 今日はこの姿勢で……たっぷりとアナル・アクメさせてあげますからね……? ふふふッ……」


それは半ば仰向けの様な、奥様に身体を預ける様な、そんな姿勢で。
背後から伸びた奥様の左腕が、私の頭の下を潜って、腕枕の形になっていて。
同時に背後から差し伸べられた奥様の右手が、私の乳房を柔らかく掴まえいて。
更に奥様の両脚が、私の両脚に後ろから絡まり、左右に大きく開いた状態にされてしまって。
そして何よりも。
衰える事の無く隆々とそそり立つ奥様の勃起ペニスが。
私の尻肉を割り開きつつ、蕩けてヒクつくアヌスの根元にまで、みっちりと納まったままで。
私の背中に自身の身体を密着させながら、奥様は私の耳元で囁きます。


「んッ、んッ……さっきよりも凄いイクイク体験させてあげる……んッ、可愛い尻穴をッ……チ〇ポ漬けにしてッ、んッ……アヌスの悦びをもっと教え込んであげるッ……んッ、んッ……」


「おッ、奥ひゃまァ……小町は、小町はァ……はォッ!? おッ……おッ……お尻ッ、もうッ、くぅううンッ! 奥ひゃッ……お尻がまたッ……ん、んふゥッ……はううゥ……おほォ~~ッ……」


優しい声音が私の耳朶を打つと同時に、奥様の腰が緩やかに動き始めて。
ああ……ゆったりとした、揺さぶる様な前後運動が始まってしまって。
ぬちゅぅ……ぬちゅぅ……という、粘着質な音が、私のお尻から響き始めてしまって。
奥様の右手も、私の乳房を揉みしだきつつ、指先で乳首を転がし始めてしまって。
下半身から、上半身から、甘ったるい官能が満ち始めるのを感じて。
私はだらしなく喘ぎ、全身を震わせながら、奥様に犯される悦びを堪能するのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売およびレンタルを行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされます。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『キャッシュカード』以外にもコンビニで購入できる『ビットキャッシュ』や『ペイジー』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆