FC2ブログ

股間嬲り&悦楽アナル・セックス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

365.【悦楽アナル・セックス1】
股間嬲り&悦楽アナル・セックス

◆ ◆ ◆

汗塗れの裸身を晒し、ベッドの上にうつ伏せのまま、お尻だけを高く突き上げた格好で。
背後から私の腰を捕まえる奥様に、蕩け切ったお尻の穴と、欲深いスリットを見せつけながら。
私は奥様から与えられる寵愛を、後背位の姿勢でたっぷりと味わっているんです。
何度も何度も極上のアクメを繰り返した、だらしの無い性粘膜を、改めて虐めて頂いているんです。

「あッ……あぅッ! あぅッ、んぐぅッ! 奥ひゃッ……ううンッ! らめェ……これッ、らめれしゅからァッ……はぅッ、ううンッ……んッ、んッ、んひィッ! らめェッ……んはァッ!」


「んッ……んッ……どうして嘘をつくのかしらッ!? お前みたいなスケベなマゾ豚ちゃんはッ、汁塗れの女の子粘膜をッ、こうやって勃起チ〇ポでゴシゴシして貰えたらッ、嬉しいに決まってるでしょッ!? んッ……んッ……スケベなチ〇ポ扱き奴隷はッ、チ〇ポで虐められたらッ、オマ〇コ気持ち良くなってッ、ヌルヌルの愛液ッ、垂れ流していれば良いのよッ! んッ……それとも早くお尻の穴にッ、チ〇ポ入れて欲しくて必死なのかしらッ!? 浅ましい子ねッ、お前はッ! んッ、んふぅッ……」


私を詰る奥様の意地悪な言葉も、肉の悦びに蝕まれた股間の粘膜に、心地良く響くばかりで。
私はもう、身も心もすっかり卑猥で、駄目な性奴隷になってしまっているんです。


「くふぅッ……んッ、あふぅッ、ンはァッ! あッ! あッ……あッ……んはァッ! 奥ひゃッ……らめッ、くぅうンッ!んふぅッ……んはァッ! お、奥ひゃまァッ……ンはァあああンッ……」


「んッ……んッ……ほらほらッ、気持ち良い気持ち良いッ! チ〇ポでワレメちゃんゴシゴシ気持ち良いッ! 勃起クリトリス気持ち良いッ! ほらッ……正直におっしゃいッ! んッ……んッ……」


私の股間のスリットに沿って前後にピストンし続ける、奥様の極太ペニスが良いんです。
タップリのフェラチオで唾液に塗れたぬるぬるペニスが、私の性粘膜を虐め続けるんです。
ぬちゅッ……ぬちゅッ……ぬちゅッ……ぬちゅッ……いやらしい音が止まらないんです。
ヒクヒクと蠢いてしまうスリットの内側が、気持ち良くって堪らないんです。
汁を垂れ流す膣口を、汁に塗れた膣前庭を、ゴリゴリとした陰茎が、何度も擦り上げるんです。
クニュクニュと嬲られ続ける大陰唇も、プリプリと震える小陰唇も、ペニスに扱かれて幸せなんです。

「あふぅッ……んッ、んはァッ! はァッ、あッ、あッ、ん、んひィッ! らめッ……らめなりゅッ、これ、らめなりゅッ、んくぅッ……き、気持ち良いれしゅゥ……おぐぅッ、ううッ、うふぅッ! 気持ち良いのォッ……おふゥッ……」


「んッ……んッ……そうよッ! 変態は変態らしくッ、正直に悦んでいれば良いのッ! んッ……んッ……こんなにクリトリス勃起させて! コリコリしてるわッ……勃起クリトリスッ、コリコリしてるッ! んッ……チ〇ポでゴシゴシされてッ、クリトリスが嬉しいのねッ!? ふふッ……本当にスケベったらしい子ッ! んふゥッ……」 


ああ……散々に愛でられて、責められて、快楽漬けのままに勃起し続けているクリトリスを。
奥様の逞しい亀頭……そのブリっと張り出したエラ部分で。
ブリンッ……ブリンッ……ブリンッ……ブリンッ……って、繰り返し繰り返し刺激されるのが。
これは駄目なんです。
クリトリスが嬉し過ぎて、下半身が全部、駄目になっちゃうんです。
クリトリスを転がされる甘美な悦びで、頭の中まで甘酸っぱくなってしまうんです。
心地良くて、気持ち良くて、堪らないんです。


「んッ……んッ……んはァッ、はァ……はァ……良いわ……小町のスケベなメス汁で、私のチ〇ポもすっかりぬるぬるになっちゃった、ふふふッ……」


「ほふッ……ほふンッ、んぐぅッ! あッ、あッ!? あンッ……奥ひゃッ……んふゥッ、奥ひゃまァ……ああン、んはァ……はァ……はァ……くぅン……」


やがて奥様は、私の股間……性粘膜から、怒張したペニスをゆっくりと遠ざけました。
私は勃起クリトリスを、ペニスで扱かれる悦びが遠退いてしまい、思わず狼狽えてしまいます。
ですが奥様のペニスは、私の股間から、完全に離れてしまう事はありませんでした。
亀頭の先で、私のスリットをヌルヌルとなぞり上げては、そのまま後ろの方へと辿り着いて。


「あッ……あッ、あッ……んはァッ……ああン……奥様ァ……」


私はその刺激に、思わず甘い声を上げてしまいました。
何故なら奥様の熱くて硬い怒張ペニス……その先端が。
私のアヌスに、ぴっとりと押し当てられてしまったからなんです。
熱くて、硬くて、ツヤツヤと張り詰めた亀頭を、お尻の穴にはっきりと感じるんです。
奥様が背後から、楽し気に囁きました。


「ふふッ……切なそうな声だしちゃって……お股をチ〇ポでゴシゴシして貰えて、そんなに嬉しかったの? それとも初めてのアナル・セックスが待ち遠しいのかしら? 本当にスケベなんだから。ふふふッ……安心なさいな? 小町ちゃんの淫乱アヌスは、私が時間を掛けて、しっかり調教してますからね? きっと、チ〇ポをハメ込んだら……小町ちゃんは気持ち良くて、嬉しくて、アヘアヘって泣き出しちゃうわよ? ふふふふッ……」


「ああン、そんなァ……んはァ、はァ、奥様ァ、ああ、あああン……」


「本当よ……? 何か月も掛けて、しっかり調教した小町ちゃんの尻穴……どれだけ気持ち良いのか、たっぷり味わうのよ……? ふふッ……」


奥様のペニスが、ぬらぬらと私のアヌスに擦れるのを感じます。
その艶やかな亀頭がトロトロの粘液に塗れていると、ハッキリ伝わって来るんです。
同時に私のアヌスも、ヌメヌメになっているんだって判るんです。
タップリ奥まで舐め回されて。
指で時間を掛けてほぐされて。
シリコンビーズのオモチャを、クポクポと出し入れされて。
ローションと唾液で、アヌス粘膜の奥の奥までドロドロに仕上がってしまっているんです。
ああ……こんなの。
こんなのもう、待ち切れなくて。


「あッ、あッ、ああンッ……くぅン、奥様ァ……んッ、んッ、んふぅッ……くぅううン……」


お尻の穴が勝手に、キュンキュンと蠢いてしまうんです。
奥様のペニスを欲しがる様に、ツヤツヤとした亀頭に吸いつく様に、ムニュムニュと蠢いてしまって。私は私の恥知らずな反応に、思わず羞恥を覚えてしまって。


「あらあら……小町ったら、こんなにお尻の穴をモグモグさせちゃって……。いやらしいったら無いわね……? もうチ〇ポが待ち切れないのかしら? ふふッ……良いわ、私も、もう我慢出来ない……可愛い可愛い小町ちゃんのアヌス、私のチ〇ポで……しっかり犯してあげるッ……んッ、んッ、んふゥッ……」


「んはァ……はァ……お、奥様ァ、ん、ん、んはァッ、あッ、ああッ、ああああ……ンッ!?」


奥様の嬉しそうな声が、背後から聞こえて。
そして、私のアヌスに押し付けられた奥様のペニスが、ぬるぬるのペニスが、ぬるんッ……と。
汁に塗れて蕩け切った、トロトロの肛門粘膜を、くにゅうぅ……と、押し広げながら。
そのまま、ぬるぬるぬるぬるぅ……と。
ごく自然に、滑り込む様に。
アヌスの奥へ奥様の極太ペニスが、入り込んでしまって。


「んッ……んはァッ……入るッ、入るわよッ!? 可愛い小町ちゃんのッ、可愛いお尻の穴にッ! 可愛いアヌスにッ! んッ……私のチ〇ポッ、チ〇ポ入るッ……チ〇ポがヌルヌル入っちゃうッ! くぅうううンッ……」


「んッ!? んはァッ!? お、奥ひゃ……あはァッ!? あッ!? あぐゥッ!? ンおおおッ!? おッ!? おッ!? おッ! おおおおおッ! おほォ~~ッ!?」


「ううンッ! んはァ……はァ……凄いわァ、ああンッ……こんなに可愛いのにッ! んふゥッ……アヌスにッ、肛門にチ〇ポ入れられてッ! なんて子なのッ!? んッ……堪らないんわッ、んはァッ……はァッ……小町ちゃんッ、もっとチ〇ポ入れますからねッ? 肛門にッ、チ〇ポッ! んふぅッ……」


「……おッ、おッ、おほぉおおおおッ!? 奥ひゃァ、は、入ってくりゅッ……はぅッ! うんッ……んほぉおおおおおッ!? んッ、んはァッ! はァッ、はォ~~ッ……」


興奮に上擦った奥様の甘い声を聴きながら。
熱くて硬い奥様の極太ペニスに。
ヌルヌルの汁に塗れて、ドクドクと脈打つ奥様のペニスに。
ドロドロのローションがたっぷりと染み込んだアヌス粘膜を、ムチュムチュと押し広げられながら。
私は初めてのアヌス挿入……アナル・セックスに。
悦びの声を上げながらよだれを垂らし、恥知らずな肛門の快楽に身悶えたのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売およびレンタルを行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされます。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『キャッシュカード』以外にもコンビニで購入できる『ビットキャッシュ』や『ペイジー』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆