FC2ブログ

奥様のペニスを夢中で味わうメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

360.【フェラ&肛門嬲り3】
奥様のペニスを夢中で味わうメイド

◆ ◆ ◆

キングサイズのベッドの上。
私は汗塗れの裸身を晒して、仰向けに寝そべっています。
両脚は誘う様な、いやらしいM字開脚です。
たっぷりと責められて、虐められて、快楽漬けにされた股間を曝け出しているんです。
そんな私に奥様は、覆い被さる様な四つん這いの姿勢で。
私の顔を両脚で跨ぐ様に、ご自身の極太怒張ペニスを見せつける格好をされていて。
そのまま、愛液に塗れた私の股間に顔を近づけていらして。
それは、互いの性器を口淫で愉しむ為の卑猥な姿勢……シックスナインの姿勢でした。


「ぷちゅ~~ッ……ぷちゅ~ッ、ちゅちゅちゅぅ……レロォ、レロレロレロォ……ぷちゅ、じゅるるぅ……ぬるるるぅ……」


私は口許に突きつけられた奥様の極上ペニスに、夢中でしゃぶりついてしまっています。
ヌルヌルのカウパー淫液と、ドロドロの愛液に塗れた素敵なペニスなんです。
私のいやらしい潮吹きピュッピュに塗れてしまった、びちょびちょのペニスなんです。
そんな奥様のペニスを、私は夢中で舐めしゃぶってしまっているんです。
口に含むだけで頭の中が痺れて、ぼおっとしてしまうくらい、美味しいペニスなんです。


「んふ~ッ、んふぅ~ッ、ぷちゅ~~ッ、んふぅッ! お、おふぅ……くぷぷぅ、レロレロォ……ぶちゅぶちゅぅ……じゅるるるるッ、レロレロレロレロォ……」


「んッ……んふぅッ! 小町ったら……そんなに嬉しそうにッ、くぅンッ! いやらしい子ねッ……あふぅッ……んッ、本当にチ〇ポ好きなんだから……んはァ……」


奥様の気持ち良さそうな声が、耳朶に心地良く響いて。
ああ……本当に、本当に美味しいんです。
奥様のペニスが、その先端でボッテリ肥え太った、大きな肉色の亀頭が美味しくて堪らないんです。
よだれに塗れた唇を淫らに尖らせては、プチュプチュといやらしく吸いついてしまうんです。
ツヤツヤでプリプリの亀頭粘膜を、私の唇粘膜でねっとりと、むっちりと包み込んで。
そのまま唾液をたっぷりと含ませたヌルヌルの舌で、レロンレロンって舐めしゃぶってしまうんです。

「ぶじゅるるるぅ……んふぅ、レロレロレロォ……ベロォ……ベロベロベロォ、ベロンベロンッ……んはァッ、はァ……はぷぅッ、ぶじゅるるぅッ……ベロベロベロォ、レロレロォ……ぬるるるるぅ……レロレロレロレロォ……じゅるるッ、ベロベロォ……」


「うふぅッ! んッ……またその舐め方ッ、あふぅッ! 亀頭ばっかり舐め舐めしてッ……悪い子ッ! ううンッ……チ〇ポのお掃除はどうしたのッ? 先っぽばっかり、しゃぶり過ぎよッ……おふゥッ、ふううンッ……」


奥様が揶揄する様に仰います。
でも、我慢できないんです。
だって美味しいんです……奥様のペニスが美味しいんです。
美味しいから我慢出来なくて。
ツヤツヤとした亀頭の表面を味わう様に、ベロンベロンって舐め回すんです。
形を確かめる様に、ブリンブリンと張り出した、力強いカリ首を舐め続けるんです。
美味しいペニスのおつゆがたっぷりと染み出して来る、繊細なワレメ……可愛い鈴口を。
舌先で穿るみたいに、クチュクチュクチュッ……って、意地悪するんです。


「ぷちゅ、ぷちゅぷちゅぷちゅ……レロレロレロォ、レロンレロンッ、クチュクチュクチュッ……クチュクチュッ……じゅるるッ、くちゅううぅ……レロンレロンッ……くちゅくちゅくちゅぅ……ぬるるッ、ぬじゅぬじゅぬじゅぅ、レロレロレロォ……ベロベロォ……」


「んッ……んふぅッ! くぅンッ! ああンッ! わ、悪い子ッ! 先っぽワレメにッ、舌を入れるなんてッ……くうううンッ! 先っぽワレメに舌入れるのッ……いつも駄目って言ってるのにッ、ううンッ……あふンッ! ンッ! チ〇ポのお掃除してくれるんじゃなかったのッ? あぅンッ……悪い子ッ、んッ、あッ、あふぅッ! なんて悪い子なのッ!? くうぅうンッ!」


戸惑う様な奥様の可愛らしい声が堪らないんです。
いつも私を可愛がってくれる極太ペニス……その先っぽワレメを、舐め舐めして意地悪すると。
奥様は腰をカクカク震わせて、ペニスをヒクヒクさせて、とっても喜んで下さるんです。
敏感だから駄目って仰るけれど、本当はとっても嬉しい事を知っているんです。
だから私は、もっと悪い事までしてしまうんです。
右手を伸ばすと、奥様のペニスに、そっと指を絡めて。
そのままゆっくりと。
シコッ……シコッ……シコッ……シコッ……シコッ……って。
搾る様ないやらしい動きで、奥様のペニスを扱き上げたんです。


「レロレロレロレロォ……ベロォ、ぶちゅぶちゅぅ……んッ、んッ、んッ、ぶちゅ、ぶじゅるるるるぅッ……じゅるるるッ! んッ、んッ、んッ、んッ、んッ……ちゅ~ッ、ちゅちゅ~ッ……ぶちゅ~ッ、んふ~ッ! んふ~ッ! んッ……んッ……んッ……じゅるるるるるぅ……」


「んッ……んッ……んおッ? んほォッ!? おッ? おッ? おふゥッ! こ、この子ったらッ……勝手にチ〇ポ扱きッ! くぅうううンッ! す、好き放題にチ〇ポ吸ってッ! チ〇ポ扱いてッ! なんて子なのッ!? くぅうううンッ!! うううンッ……おッ、おッ、おほぉおおおおン……」  


興奮に震える奥様の甘い声を聴きながら。
私は奥様の極太陰茎を、シコッ……シコッ……って扱いてしまったんです。
陰茎の根元から、カリ首に向かって。
プリプリの亀頭をプチュプチュと吸い上げながら。
ああ……堪らないんです。
奥様のペニスを扱くごとに、新鮮なカウパー淫液が、びゅッ……びゅッ……って。
張り詰めた亀頭を舐め回す私の舌の上に、びゅるるッ……びゅるるッ……って。
可愛い鈴口から、トロトロでぬるぬるの、美味しいカウパー淫液が、ぴゅーッ……って。


「ぶちゅッ……じゅるるるるぅ、レロレロレロォ……んッ、んッ、んッ、んふゥッ……ぬちゅぬちゅぅ……ぶじゅるるるぅ……ぷちゅぷちゅ、ぷりゅりゅ……ぷちゅ~~~ッ、ゴクゴクッ、ベロベロベロォ……んッ、んッ……んッ、んッ、んッ、ぶじゅるるるぅ……」


「ほぉおおおッ……おッ、おッ、おふぅうううッ! カウパー液ッ、搾ってるッ……くぅううンッ!! ん、んはァッ! わ、悪い子ッ……本当にッ、なんて悪い子なのッ!? ん、くうううンッ! このチ〇ポ吸いッ! チ〇ポ中毒ッ! チ〇ポしゃぶり奴隷ッ……うぅうンッ、んふぅッ……」

もう駄目なんです。
夢中なんです。
火傷しそうなくらい熱い、奥様の勃起ペニス。
そんな素敵なペニスを私は、好きな様に扱いて、舐めしゃぶって。
美味しいペニスエキスを搾って、むちゅむちゅと味わってしまっているんです。
奥様の腰が、目の前でビクンビクンと弾けるんです。
奥様のペニスが、口の中でドクンドクンと脈打つんです。
美味しいエキスが舌の上に、ピュッ……ピュッ……って、迸るんです。
ペニスを責められて悶える奥様の喘ぎ声が、可愛いんです。
私はもう、すっかり悪い子になって、奥様のペニスに吸いつくばかりなのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆