FC2ブログ

ふたなりペニス臭に酔うメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

359.【フェラ&肛門嬲り2】
ふたなりペニス臭に酔うメイド

◆ ◆ ◆

キングサイズのベッドに敷かれた柔らかなブランケットは、すでにしっとりと湿っているかの様で。
広々とした奥様の寝室も、生ぬるい欲情の熱が満ちている様で。
頭も、身体も、ぼーっとしてしまう程、いやらしい行為に溺れ続けて。


「んちゅううぅ……ベロォ、ぬちゅぬちゅぅ、んふぅ……この可愛いおくちで……私のチ〇ポをチュポチュポしゃぶってキレイキレイにお掃除なさいな? ふふッ……くぷぅ、ぬるるるぅ、レロレロレロォ……んはァ、チ〇ポコお掃除のご褒美は……お股へのスケベな悪戯で悦ばせてあげる……チ〇ポしやぶりに、お股の悪戯……たっぷりスケベ遊びを愉しみなさいな? ん、んちゅううぅ……レロォ……」


「はぷぅ、レロレロレロォ……ぬるるぅ、ベロベロォ、くぷちゅぅ……んふぅッ、お、奥ひゃまのオチ〇ポ……ぴゅっぴゅの飛沫、キレイキレイに、おしゃぶりお掃除しましゅ、んちゅぅううぅ……ぬるるぅ、くぷぅ、レロォ……ほふぅ……お、お股の悪戯、嬉しいれしゅ、んくぅ、いっぱいオチ〇ポしゃぶりしましゅから……いっぱいご褒美下さィ、くちゅうううぅ……ベロベロベロォ……」


卑猥過ぎる告白と、口移しの冷水。
トロリと蕩ける様な、幸せで淫靡なキス。
奥様の美しい裸身に、甘えてじゃれて、縋りつきながら。
吸いつく様な白い肌に溺れながら、乳房と乳房の密着に酔い痴れながら。
脚と脚が絡みついて、淫らに縺れ合うのを愉しみながら。
太くて硬くて熱い、奥様の勃起ペニスが、腰に股間に、ぬるぬる妖しく擦れる刺激に震えながら。
私は奥様に求められるがまま、自身の肉欲を存分に曝け出しては、愛でて頂いたんです。


「ぬちゅううぅ……レロレロォ、んはァ、はァ、はァ……それじゃあ小町ちゃん? 隅から隅まで、チ〇ポをしっかり舐め舐めして、キレイキレイにするのよ?」


そう仰って奥様は、私に微笑むと身体を起こし、四つん這いの姿勢になりました。
そのまま姿勢を入れ替えると、四つん這いのまま、私の顔の上へ跨ったのです。
白い腰が、艶やかな太ももが、顔の前に近づいて。
そして逞しい怒張が、口許にグイッと近づけられてしまって。
興奮に掠れた奥様の声が、私の耳に甘く響きました。


「ほーら……小町ちゃんの大好物よ? 美味しい美味しい、ドロドロでヌルヌルでびちょびちょの勃起チ〇ポコ……可愛いおくちで、チュパチュパ綺麗にお掃除なさいな? ふふッ……」


「は、はい……奥様、んはァ……はァ……あ、ああ……んはァ……ン」


ああ……。
本当に逞しくて、太くて、隆々とそそり立っているんです。
激しく怒張しながら、ヒクンヒクンと脈動しているんです。
ヒクンヒクン……ヒクンヒクン……ヒクンヒクン……って、私の鼻先で上下に弾んでいるのが凄くて。
いやらしく、誘うかの様に、奥様のペニスが、ヒクンヒクン……って。
こんなの……本当に凄くて、素敵過ぎて、奥様のペニスに魅入ってしまって。


「んはァ……ああ……奥様ァ、あ、んはァ、んはァ、はああァん……スンスン……くぅン……」


太い血管がうねうねと這い回る、極太で長い陰茎が凄くて。
ぼってりと大きく、パンパンに張り詰めながら、楔型に傘を広げた肉色の亀頭が堪らなくて。
そんな亀頭の先端では、トロトロの鈴口が淡く綻びながら、透明なカウパー淫液を、プチュプチュと吐き出し続けているんです。
ただでさえヌルヌルと濡れ光っているのに。
陰茎の根元から亀頭の先まで、私の恥知らずな愛液に塗れてドロドロなのに。
奥様のペニスが吐き出した、新鮮でトロトロなカウパー淫液まで糸を引いているのが。
ああ……愛液とカウパー淫液の混じり合った、いやらし過ぎる粘液なんです。
その粘液が糸を引きながら私の口に、唇の上に、トロトロと滴り落ちて。
私は口の周りに垂れて零れた卑猥すぎる粘液を、舌先でレロレロと舐め取りながら。
我慢出来ずに、鼻先で揺れる奥様のペニスの、香ばしい臭いを嗅ぎ始めてしまいました。


「んはァ……はァ……ん、んちゅ、レロォ……ベロベロォ、んふぅ、ん、クンクン……すんすんすん……あふぅ、くぅうううン……クンクンクン、んふぅ……スンスン……」


「あらあら……すっかりチ〇ポに夢中でお掃除どころじゃなさそうね? 本当にスケベな悪い子ね……チ〇ポの臭い、クンクン嗅いでいるのかしら? チ〇ポ臭大好きなのね? どこまで恥知らずになれば、こんな真似が出来るのかしらね、ふふふッ……」


「んはァ……はァ……クンクン、スンスンスン……あふゥ、すぅーッ、んはァ、ご、ごめんなひゃぃ、ん、クンクンクン……」


ああ……臭いが凄いんです。
私の鼻孔を擽る、濃密で芳醇な、勃起ペニスの臭いが凄くて。
奥様の勃起したペニスの臭いが、本当に堪らなくて。
ああ……臭いんです、ペニスが臭いんです。
むわァ……って。
眼を凝らせば見えてしまうんです、奥様の火傷しそうな程に熱い勃起ペニスから、白い湯気が、むわァ……って、立ち上っているのが見えるんです。
それが……それが臭くって堪らないんです。
良い匂いなんです、すんすんって、匂いを嗅ぐだけで。
頭の芯がクラクラしてしまうくらいに、臭くて良い匂いで、もう駄目なんです。


「んふぅ……いつまでもチ〇ポの臭い嗅いで愉しんでないで、早くチ〇ポしゃぶりなさいな? 臭いチ〇ポ舐め回して、キレイにお掃除してくれるんでしょう? まったく淫乱な子ね……ほら、焦らさないの……ご褒美のスケベ悪戯、してあげないわよ……?」


「んふゥ……クンクン、スン……あふぅ、しゅみませン……オ、オチ〇ポ……凄くて、くぅン……ん、、す、すぐに、オチ〇ポのご奉仕致しましゅゥ……ん、んぅ、ううう……うぅ、うふーッ、うふーッ、んふーッ……」


焦れた様に仰る奥様の甘い声を聞いて、私は我に返ります。
ああ……むせ返る様なペニスの良い臭いにすっかり魅せられてしまって。
ですが私も、もう我慢出来ないんです。
この、太長くて、臭くて、ブリンブリンに勃起した極上のペニスをおしゃぶりしたくて。
奥様に促されるがままに口を開けば、唇の端から、よだれがトロトロと溢れ出してしまうくらいで。
そんなよだれ塗れの唇を、いやらしくニューニューって窄めて、突き出す様にしながら。
そのままゆっくりと。


「うう……うふーッ、うぶぅーッ、ぷ、ぷちゅ……ぷちゅ~~~ッ……ぷちゅぷちゅぷちゅ……じゅるるぅ、じゅぶぶぶぅ……ぷちゅうううぅ、ぷちゅ~~ッ……」


「んッ……ん、んふゥッ、この子ったらッ……嬉しそうに吸いついてッ、んッ……チ〇ポッ、チューチュー吸い上げてるわッ……くぅンッ、やらしい子ッ……相変わらずチ〇ポ吸い奴隷なんだからッ、 ん、んはァ……」


嬉しそうな声で私を罵る奥様の声が聞こえて。
口の中いっぱいに広がる、濃厚なペニスの味と臭いが堪らなくて。
私はいやらしく窄めて尖らせた、ぬるぬるの唇で。
ヌメヌメと濡れ光りながら滑る奥様の大きな亀頭に。
ぬっぽりと吸いつき、むちゅむちゅとしゃぶりつき、ぬちゅぬちゅと舌を絡ませたのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆