FC2ブログ

甘いピストンでポルチオ嬲り絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

355.【喜悦のポルチオ9】
甘いピストンでポルチオ嬲り絶頂

◆ ◆ ◆

奥様に抱き締められて、奥様の匂いに包まれて。
奥様の体温を、奥様の吐息を、奥様の鼓動を感じながら。
私は忘我の極みでアクメを愉しむんです。


「んッ……んッ……んほォ~~~ッ……ほぐゥッ! ううンッ……イグッ! イグイグイグッ! イグゥ~~ッ! おふッ……んッ、んくゥッ!! ンッ、ングッ! イグッ! イッ……イクイクイクッ! イクゥンッ!」


柔らかなベッドに敷かれた、ブランケットの上に押さえ込まれながら。
両腕で奥様の美しい裸身にしがみつきながら。
両脚まで使って奥様の腰に、きゅっとしがみつきながら。
乳房と乳房をムチュムチュと擦り合わせながら。
乳首と乳首をクリクリと擦り合わせながら。
汗に塗れた肌と肌を、クチュクチュとすり合わせながら。


「んふぅッ! ん~ッ……イクッ!! イクイクッ! イクイクッ……イグゥウウウッ! ううッ……ううンッ!! おッ……奥ひゃッ、はふぅッ! ンッ……ンはァッ! はぁあああン……んへェ……」


トロトロの股間で、恥知らずなスリットで、たっぷりと味わってしまったんです。
ヌルヌルの膣壺で、クチュクチュと搾り上げながら、しっかりと味わってしまったんです。
奥様の極太ペニスを、プチュプチュと吸いつく性粘膜で、頬張る様に味わってしまったんです。
その太長くて血管の浮かぶ陰茎から、パンパンに張り詰めた亀頭の先まで。
頭の中が、蜂蜜色の卑猥な悦びに満ちるまで、堪能してしまったんです。


「あへッ……あへッ……へひィンッ!! ンッ……ングッ!! イグイグゥッ……イクッ! ククゥ~ッ……イグイグゥッ!! イグゥンッ! んッ……んほォ~~ッ! おッ……おンッ、おおンッ……」


性欲で煮え滾る下半身に、奥様のペニスが、奥の奥まで、グッチュ……グッチュ……って。
こね回されて嬉しいんです。
掻き混ぜられて幸せなんです。
いやらしくて、気持ち良くて、堪らなくて。
いっぱい喘いで、よだれがトロトロ零れてしまうんです。
涙で視界が滲むんです。
滲む視界の中で、美しい奥様が私を見下ろしていらっしゃるんです。
恥知らずな私のアクメを見守って下さっているんです。
美貌を上気させて、切なげに眉根を寄せていらして。
奥様は震える声で私に囁くんです。


「んッ……んふぅッ……なんていやらしいの? お前は……こんなにスケベにイクイクしてッ……ンッ! 本当にスケベなイクイク奴隷ねッ! んふぅッ……イクイクしながらッ……オマ〇コでチ〇ポ搾りしてッ……くぅンッ! 悪い子ッ……イクイクしてるのにッ、オマ〇コいやらしくって悪い子ッ……悪い子なのよ、お前はッ……ん、んちゅぅううううッ! じゅるるるるぅッ……ベロベロベロベロォ……ぬるるるゥッ、プチュプチュゥ……じゅるるるるるぅ……」


「ンッ、ングゥッ、イグイグゥ……イクイクイクゥッ、ううッ……うグゥンッ、んほォ~……ほォ~……お、奥ひゃァ……ンッ……きッ、気持ち良くてェ……ごめんなひゃァ……んッ!? んッ!? んッ!  んッ、んちゅぅ……ぷちゅううぅ……んくぅ、ぬるるるぅ……んぐんぐッ! んッ! ンぶゥッ、んふぅ~ッ……ぬるるるぅ……レロレロレロォ……」


奥様にコッテリと犯されながらの、濃密過ぎるキス。
膣壺の奥まで、硬くて熱いペニスを受け入れながらのキス。
ヌルヌルの亀頭を、熟し切ったポルチオに、クリュンクリュン……と、擦りつけられながらのキス。
頭の中が真っ白になるほどの、ポルチオ・アクメを味わいながらのキス。
ペニスでポルチオをプルンプルンと愛でられながら、舌と舌を絡ませ合うキスなんです。
アクメしたばっかりのポルチオを、奥様のペニスが、プリュプリュ虐め続けて駄目なんです。
駄目になりそうなんです。
アクメしたばかりなのに、気持ち良過ぎて。
キスをしながら、性粘膜が狂おしくて、ポルチオが幸せで。
奥様のペニスを、滑る膣壺が勝手に搾り上げてしまうんです。
むちゅぅッ……むちゅぅッ……って、搾り上げてしまうんです。
その硬さと太さと、熱さと長さを確かめる様に、いやらしく、自分勝手に搾り上げているんです。
膣壺が収縮を繰り返して、奥様のペニスを未だに求めてしまっているんです。
アクメしているのに、まだまだ身体が卑猥な快楽を求めているんです。
もう、駄目になりそうなんです。


「くぷくぷぅ……ぷちゅ~~ッ、じゅるるるぅッ、ベロベロベロベロォ……ぬるるるるぅッ、んちゅ、ぷちゅ~~ッ……んはァッ!! まだチ〇ポ搾ってるわッ、このスケベッ! いやらしくチ〇ポ搾ってる! スケベなのよッ、お前はッ! オマ〇コがスケベなのッ! 可愛いワレメちゃんなのにッ……スケベったらしいチ〇ポ搾り穴でッ、チ〇ポ愉しんでッ! んッ……こんなチ〇ポ搾り穴はッ、しっかりチ〇ポ漬けにしてあげりゅゥッ……んちゅぅッ、レロレロォッ、おふぅッ、ベロベロベロォ……ぶじゅるるるるぅ……」


「んちゅぅ……レロォ、ぬるるるぅ、くぷちゅッ……ベロベロォ、んちゅんちゅぅ、くぷぅ……んぷはァッ! おッ、奥ひゃまッ……らめッ、チ〇ポ漬けらめッ……んへッ! へ、変なりゅッ! 小町ッ……変にィッン……んちゅうううぅ、ぶじゅるるるるぅ、ぬちゅぅ、レロレロレロォ……んぐぅッ、ふぐぅうッ……ふぐふぐぅッ! んちゅうううぅッ……レロレロレロォ……」


いやらしいんです。
奥様の言葉が、いやらしくて堪らないんです。
そして気持ち良いんです。
奥様のペニスが、気持ち良くて堪らないんです。
ぬるぬるのポルチオを、トロトロツヤツヤの亀頭で、ムチュムチュ舐め回されているんです。
全身を密着させて、唾液と唾液を混ぜ合わせる様な、いやらしいキスを繰り返しながらなんです。
汗塗れで、舌を吸い上げられて、ペニスで膣壺をコネ回されて、気持ち良くて。
ああ……奥様の腰が、淡くピストンしているんです。
緩いピストンで、達したばかりのポルチオを、ぬるんッ、ぬるんッ、って意地悪しているんです。
ペニスが私の最奥を、クチュクチュと虐め続けているんです。
こんなの、良過ぎるんです。
ずっとずっと、ポルチオが快感に蝕まれたままなんです、駄目になっちゃうんです。
こんなに優しいピストン……またイクイクが来ちゃうんです。
イクイクしたばっかりなのに、またイクイクってなっちゃうんです。
もう限界なんです。


「ぬぷちゅぅ……んぐぅッ! んぐぅッ! ぷじゅるるるるぅッ……ぷちゅぅ~~ッ……んぷへェッ! あへェッ、アへェッ! またイグッ、またイグゥッ! イグイグイグゥッ! 奥ひゃッ……んぷぅッ! ジュロロロロォッ……ぬるるるるぅッ! ベチョベチョォ……ぶじゅるるるるぅッ! ふぶゥッ! んおおンッ! イクイクイクイクゥッ! イグッ……イグウウゥンッ!! うぶッ……ぶじゅるるるぅッ、ベロベロベロォ……」


「ぶちゅぶちゅぶちゅぅ……じゅるるぅ、ぬちゅうううぅ……ベロベロベロベロォ、ぬちゅ~~~ッ……んはァッ!! はァッ、はァッ、この変態ッ! 何回イクイクすれば気が済むのッ!? んッ……んちゅうううぅ、ベロベロベロベロォ……ぬるるるぅッ、んはァッ! はふゥッ! こ、こんなにチ〇ポ搾り上げてッ! スケベッ! こんなスケベはッ……頭が変になるまでッ、チ〇ポ漬けよッ!? チ〇ポ狂いのオマ〇コ娘にしてあげりゅッ……んちゅううううぅッ、ぶじゅるるるうぅ、レロレロレロォ……ぬるるるぅ……」


舌と舌が絡み合って、よだれ塗れになって、恥知らずに啜りあって。
乳房と乳房が縺れ合って、ネットリと汗に塗れて。
前後に動く奥様の腰に両脚を絡ませて、私も腰を振ってしまって。
もう駄目になってしまったんです。

下半身が気持ち良くて、身体中が甘酸っぱくて、頭の中が真っ白で。
愛液で滑るいやらしい膣壺を、しつこく犯される感覚が幸せで。
蕩け切った性粘膜を、くっちゅッ……くっちゅッ……と、擦り続けられる刺激が嬉し過ぎて。
性欲に爛れたポルチオを、ぬるんぬるんと撫で回される悦びが堪らなくて。
何度も何度も、イクイクなんです。
奥様の極太ふたなりペニスで、スケベになっちゃったんです。
頭の中が、スケベとイクイクイクイクでいっぱいになって。
もう何も考えられなくて。
いやらしくて浅ましい、キスしたままの連続アクメ。
心の底から淫らな連続アクメを、私は堪能するのでした。
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆