FC2ブログ

アヌス舐めとクリ弄り責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

33.【クンニリングス絶頂調教 .9】
アヌス舐めとクリ弄り責め

◆ ◆ ◆

キングサイズのベッドの上。
私は自身の股間を下から見上げる様な、卑猥ではしたない格好を晒しています。
両脚は宙に投げ出されて、だらしなくM字に開いたまま、閉じる事も出来ません。
これは『マングリ返し』という、性的に虐められる為の姿勢なんです。
私はこの姿勢のまま、奥様に背後から尻肉を抱えられ、股間をこってりと責められているのです。


「ぶちゅうううぅッ! ぬちゅぬちゅッ……ベロベロベロッ、レロレロ、んちゅぅううううッ!! んぽぉッ! 小町のここ、凄く美味しいンッ!! んちゅーッ! ベロベロベロ、チューッ! んはぁ、もっと舐めてあげりゅゥッ……ベロベロベロォッ! ぬちゅうううぅッ!」


「くひぃいいいンッ!? らめらめらめェッ! んあああッ! そんなところ、舐めちゃらめれすからぁッ!! んあッ、あッ、ふああ……イヤァアアアアッ!! んはああッ!! くうううンッ!!」


大陰唇を指先で左右に開かれ、その内側で蕩けてしまった性粘膜を舐め回されていたんです。
膣壺の奥まで、ブジュブジュと舌を差し入れられて責められ、小陰唇をレロレロとくすぐられて。
そして快感を生み出す性器官・クリトリスを虐められて、絶頂寸前まで昂ぶっていたんです。

ああ、でも、今舐められているのは、性器じゃないんです。
性器を舐められるのも恥ずかしいのに、今舐められているのは、もっと恥ずかしいトコロなんです。
こんなの絶対に駄目なんです、だって奥様が今、舌で舐っている場所は。


「ぬりゅぬりゅぬりゅ……じゅるるるるッ! ベロベロベロ……ちゅーッ!! んほぉおおおッ!! 美味しいンッ! 小町のお尻の穴、凄く美味しいッ!! んはあッ! ベロベロッ……ぬりゅぬりゅ、ぶちゅううううぅッ……チュポンッ! 美味しいのォッ! お尻の穴の奥まで美味しいンッ!! ベロベロベロォッ!!」


「嫌嫌ァッ! 奥様ダメですッ……んああああッ!? 入って……ンッ! くふぅ、あふッ、あああンッ!! ひああん、お尻ダメれすぅッ!! ふああッ!? い、言わないで下さッ、ふぁああァッ!!」


お尻の穴を舐められるという恥ずかし過ぎる行為に、私はべそをかいてしまいました。
なのに奥様は、嬉しそうに私のお尻の穴をベロベロと舐め回し、チューチューと吸い上げるんです。
ぬらぬらと濡れた舌先を硬く窄めて、お尻の穴をムニュムニュほじろうとするんです。

ああ……最近奥様は、事ある毎に私のお尻の穴を虐めるんです。
お尻を突き上げた四つん這いの姿勢で、後ろから舐め回したりするんです。
いやらしい言葉でネチネチと責めながら、お尻の穴を指で弄ったり、浅く挿入したりするんです。

こんなの気持ち良くなる筈無いんです。
だって、お尻の穴なんです、お尻の穴なんて……。

なのにダメなんです。
奥様の舌で舐められると、指で弄られると、絶対ダメなのに、身体が反応してしまうんです。
気持ち良くない筈なのに、だんだん気持ち良い様な気がしてしまって。
それにお尻の穴を虐める時はいつも、気持ち良い所も同時に責めるんです。


「べちょべちょ、ぶりゅぶりゅ……んふー、美味しいわァ、くぅン……。小町のお尻の穴、美味しい、レロレロレロォ……ん、ん、ぬちゅうううぅ、ずるるぅ、んはぁ……奥の方までおツユ染み込んで……おいちぃのォ、んちゅんちゅ……じゅるるぅッ!! んはぁ、勃起クリトリスも……こうやってクチュクチュってして、お尻の穴と一緒に気持ち良くしてあげましゅねー、んちゅぅううッ! ベロベロベロ……」


「ふあああン、あひぃいいッ! らめぇ……くぅうンッ! んあッ! あ、あ、あ、はふぅ……。お尻なんてダメなのにィ……あンッ! 美味しくなんか……ふあ、あひぃンッ!! お、お、クリ弄るのらめ……らめ……あふぅンッ! あああ、あ、気持ち良いのダメェ、ダメッ! んはぁああン……」


奥様は両手で私の尻肉を抱えたまま、窄まったアヌスに濡れた唇と舌を這わせています。
同時に右手の指先で勃起したままの私のクリトリスを、ヌルヌルの大陰唇ごと揉み込む様に刺激するんです。
こんなのずるいんです。
クリトリスも一緒にクリュクリュ弄られたら、気持ち良いに決まってるんです。
お尻の穴も気持ち良い様な気がしてしまうんです。

恥ずかしいのに、お尻の穴なんてダメなのに、気持ち良くされてしまうんです。
ああ……こうやってお尻の穴まで、気持ち良くさせられてしまいそうで。
気が遠くなりそうな程の、濃厚なアヌス舐めなんです。
それと同時に、勃起し切ったクリトリスをクリクリと弄られる心地良さ。
こんなの、堪らないんです。



「んああァッ……らめぇ、らめなのにィ。気持ち良いのダメれすぅ……あひぃッ、くぅうう、あンッ! あああ、らめェ……くふうぅううッ! ふああ、お尻ダメェ……お尻の穴、気持ち良くしないれェ……あああ……んはぁ、くううンッ」


どんなに閉じようと思っても、唾液に塗れた奥様の力強い舌先が、私のお尻の穴に潜るんです。
舌で舐め回し、ほじり、唇でじゅぱじゅぱと吸い上げて。
お尻の穴を、奥までヌルヌルと舐め回される信じがたい刺激が癖になりそうで。
気づけば私は、羞恥と快感を同時に味わう悦びに、全身を震わせていたのでした。


「んちゅううううぅ……レロレロレロォ、ベロベロベロ、ぶじゅうううぅッ、ちゅぽぉッ!! ンはああぁ……美味しかったわ、小町のいやらしいお尻の穴……んふぅ、はぁ、はぁ、はぁ……」


奥様は私の尻穴から唇を遠ざけると、うっとりとした眼差しで私を見下ろしました。
私は羞恥のあまり溢れてしまった涙を拭う事も出来ず、奥様に差し出したままの股間を、ヒクヒクと痙攣させるばかりです。
そんな私の股間を見て、奥様は嬉しそうに目を細めると、愛液に塗れた大陰唇の谷間から、膨らんで頭を覗かせたままの勃起クリトリスを、改めて指先で捉えました。
そしてそのまま、包皮を使ってシコシコとしごき始めたのです。
すでにたっぷりと責められていたクリトリスは、すぐに甘美な愉悦の刺激を生み出し始めました。


「ほ~らほら、シコシコシコシコ。小町の大好きなクリちゃんシコシコでちゅよー? ふふっ、可愛いアヌス、ヒクヒクさせちゃって……ね? クリトリスシコシコ好きよね? それともメスチ〇ポフェラの方が好きかしら? あらあら、またクリちゃんの包皮が、ぷりゅって剥けちゃいましたよー? ああん、美味しそうなぷっくりおマメねえ……どう? 剥けクリ舐め舐めフェラして欲しい?」


「ああ……んはぁああ……あああンッ! ああ、あああンッ!」


「……小町の気持ち良い勃起クリトリスを、おくちに含んでちゅーちゅーって……レロレロレロ~って……、いっぱいシコシコされて堪らなくなった硬いクリちゃんを……ぬちゅぬちゅって舐め回されちゃうの。気持ち良い気持ち良い……お口の中でしゃぶられて、クリちゃん気持ち良い……どう? シコシコの次はチュパチュパして欲しい? 剥けクリトリス・ぬるぬるフェラチオして欲しい?」 


私を辱める奥様の言葉に、私はもう、何も考えられなくなっていました。
どうしようもなく、気持ち良いんです。
股間が、性粘膜が、勃起クリトリスが、気持ち良くてもう、ダメなんです。


「はひぃいンッ!! あふンッ! ふぇ、ふぇらッ! フェラチオ欲しいれすッ! ……あひッ、ん、んんッ! シコシコ、シコシコしてからッ……フェラ欲しいッ! おほぉおお、おおお、お、気持ち良いッ! もっとしてッ、もっと……剥けクリフェラ欲しいよぉッ!!」


私は宙に投げ出された両脚をバタつかせ、目に涙まで浮かべておねだりしてしまいました。
ああもう……お尻の穴まで舐め回されて、私はもう、どうしようもない変態になってしまったのです。

【つづく】



【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】 
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆