FC2ブログ

愉悦の抱擁ポルチオ・アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

351.【喜悦のポルチオ5】
愉悦の抱擁ポルチオ・アクメ

◆ ◆ ◆


熱くて極太の官能が、私の股間を、下半身を、ドロドロにこね回しているんです。
羞恥の全てを忘れて、両脚をM字に大きく開いて、私は奥様に縋りつくんです。
快楽に溺れながら、汗に塗れた肌を奥様の身体に擦りつけてしまうんです。
奥様の唇を、奥様の舌を、存分に味わい尽くす様な、激しいキスを繰り返しながら。
奥様の背中に、奥様の腰に、震える指先を這わせながら。
私は淫らに喘ぎ、よだれをトロトロと垂らしながら身悶えてしまうんです。


「レロレロレロレロォ、ベロベロォ……おふぅッ! 奥ひゃまッ……き、気持ち良ィンッ! んッ……んおッ!? おッ!? おほぉおおおッ!? おッ、おふぅッ! ん、んちゅぅッ……んじゅるるるるぅ……」


「レロレロレロォ……ぶちゅぶちゅぶちゅううぅ、ぷちゅ、ぬちゅ~~ッ、おふぅッ! スケベな喘ぎ声だこと……んッ、安心なさいな? ご褒美チ〇ポッ……小町のスケベなポルチオにッ、しっかり擦りつけてあげりゅゥッ……んじゅるるるぅ、ベロベロォ……ぬちゅううぅ……」


奥様は私に覆い被さったまま、何度も何度も貪る様なキスを繰り返して下さいます。
私の舌に、唾液塗れの長い舌を絡めては、ヌメヌメと扱き上げるんです。
私の舌を柔らかな唇で吸い上げては、チュパチュパと味わう様に吸引するんです。
ああ……奥様の舌が、唇が、唾液が、吐息が、幸せ過ぎるんです。
私も夢中で舌を差し出し、唇に吸いつき、唾液を絡ませてしまうんです。


「んちゅ、じゅるるるるぅ……ぷちゅ、ぷくちゅうううぅ……ぬるるぅ、んちゅ、ちゅ~ッ……んはァッ! はァ……はァ……き、気持ち良いッ、小町ッ……気持ち良くてッ! んふぅッ、おッ……奥ひゃッ、むふぅッ……ぷちゅゥッ、んちゅうううぅ……」


「んッ……くぷちゅううううぅ、ぷちゅぷちゅぷちゅぅ……ベロベロベロベロォ、レロレロレロォ……ぬちゅ、ぬちゅぬちゅぅ……んふゥッ! なんて嬉しそうなスケベ顔なのッ? オマ〇コ犯されてッ……嬉しそうな顔してッ! 変態なんだからッ……ん、んちゅぅ、んちゅううぅ……ぬちゅううぅ……」


濃密なキスを繰り返すと、奥様の豊満な乳房が私の乳房に重なり、柔らかに絡み合うんです。
ムチュムチュと、汗に濡れた乳房同士が卑猥に歪みながら、密着するんです。
やがてコリコリに勃起した、お互いの乳首も、クリクリと淫らに擦れ合うのを感じて。
乳房は柔らかに蕩けているのに、乳首ははしたないくらい、コリコリに硬く尖っていて。
擦れ合う度に、ジンジンと痺れるような悦びが染み出してしまって。

ああ……そして、そして何よりも。
たっぷりと時間を掛けて性玩具で愛でられ続け、愛液の坩堝と化した私の膣壺に。
奥様の股間から隆々と反り返る、力強い極太の怒張が。
奥の奥まで、キュンキュンと収縮を繰り返す性粘膜を掻き分けながら、ヌルヌルと入り込んで。
そのままパンパンに張り詰めた肉厚の亀頭で、私のポルチオを撫で回すのが。
丁寧に、丁寧に、亀頭でポルチオを、ネットリといやらしく、プリュンプリュンと撫で回すのが。
本当に、本当に気持ち良くて。


「んちゅ、じゅるるるぅ……ぷくちゅぅッ! ぷちゅ~ッ……ふへェッ! んへぇええッ! お、奥ひゃまァッ! んきッ、気持ち良いッ! オマ〇コ気持ち良いれしゅッ! んおッ! おッ!? おッ!? おほぉッ!? おほぉおおおおッ!! こッ、小町ッ、もう変にッ、変になりゅゥンッ……ん、んちゅうううぅ、んはァッ! も、もうッ……イクイクなりゅッ! イクイクなりそうれしゅゥッ! ううッ! ううんッ……んッ……んちゅ、くぷちゅッ、ぬちゅ、レロレロレロレロレロォ……」


「ぬるるるぅ、ベロベロベロベロォ……くぷぷぅ、んちゅぅ、んはァッ! もうイクイクなのッ!? オマ〇コ気持ち良くてッ……もうイクイクなっちゃうのッ!? ンッ……ンッ……なんてスケベなのッ、お前はッ! ちょっとチ〇ポでポルチオ撫で撫でして貰えただけでッ……もうイクイクしたいのッ!? この淫乱ッ! ほらほらッ! オマ〇コ嬉しい嬉しいにして上げるッ! ほらッ!チ〇ポで虐められてッ、オマ〇コ嬉しい嬉しい! ほらッ! ほらほらッ! スケベったらしくッ……チ〇ポでイクイクなさいッ! んッ、んッ、んちゅうううぅ、ベロベロベロォ……」


奥様の引き締まった腰が、豊かな尻が、艶かしく蠢き続けます。
硬くて逞しいペニスで、私の膣壺をこね回し続けます。
ヌルヌルの亀頭粘膜で、熟し切ったポルチオ粘膜を、ぬちゅぬちゅと虐め続けるんです。
執拗に亀頭を擦りつけて、何度も何度も舐め回す様に、亀頭でポルチオを嬲り続けて。


「んちゅううううぅ……んぶぅッ! んぐッ、んへッ! イッ、イグッ! イグイグッ! も、もうイグイグなりゅッ! んぐぅッ……んちゅぅ、ベロベロベロォ、おへェッ! はへッ……はへッ……んへぇえええッ! イクイク来りゅッ……もうイクイクなりゅッ! なりましゅッ……んぷぅッ、んちゅぅッ、あへェッ……らめェッ、うぐぅうッ……ぷちゅぷちゅぷちゅぅ……」


「んちゅ~~ッ……じゅるるぅッ、んはァッ! ほらァッ! ほらほらほらァッ! 小町ちゃんの大好きなッ……ポルチオ虐めッ! たっぷりチ〇ポ漬けにしてあげるッ! んッ! んッ! んふぅッ……イクイク狂いのッ、発情オマ〇コ奴隷にしてあげるッ! ほらッ……イクイクなさいッ! ポルチオ・アクメで悦びなさいなッ! んッ……んちゅぅ、じゅるるるぅッ、ベロベロベロォッ……レロレロレロレロォ……んはァッ! はァッ! んッ……んッ……んッ……」


私を詰る奥様の声が、耳の奥に心地良く響くんです。
奥様の体温が、匂いが、柔らかな乳房が、滴り落ちる汗が、本当に気持ち良いんです。
私の膣壺が、性粘膜が、ポルチオが、奥様のペニスに犯され続けて、嬉しいんです。
甘酸っぱい快感が、腰の奥から湧き上がり続けるんです。
ポルチオとペニスの悦びに、私の腰がカクカクと前後してしまうんです。
恥知らずな愉悦が、頭の奥でプチンプチンと弾け続けるんです。
気持ち良い、気持ち良いんです。
どうしようも無く気持ち良くて、何も考えられなくなって。
そして。


「んぐぅッ! んッ……んッ……んぐぅ~~~ッ!! んちゅんちゅぅッ……レロレロォ、ベロォッ、ぷちゅぅッ……んぷゥッ! んぐゥッ! んへェッ!? あへェッ!! んぐぅッ! イグイグイグッ! イグイグッ! イグイグイグゥッ……イグゥッ!! んぐぅ~ッ……イクイクイクッ! イックゥウウウウッ……イグゥッ!! おぐゥッ……イグイグゥッ!!」


奥様の背中にしがみつきながら。
両脚を奥様の腰に絡ませながら。
奥様のペニスを、膣壺の奥で思う存分味わいながら。
頭の奥まで快楽に犯されながら。
私は奥様の身体の下で、蕩ける程に幸せなポルチオ・アクメを迎えたのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆