FC2ブログ

欲しがり粘膜に擦れる極太怒張

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

348.【喜悦のポルチオ2】
欲しがり粘膜に擦れる極太怒張

◆ ◆ ◆

奥様の体温を全身で感じながら、抱きついて甘えるんです。
甘くて柔らかな奥様の匂いを、思いっきり吸い込みながら、縋りついてしまうんです。
乳房を揉まれ、わき腹を撫でられて、尻の谷間を弄られては吐息を洩らすんです。
興奮に掠れた奥様の声が、卑猥な言葉が、私の耳を甘く擽るんです。


「んッ……んちゅッ、レロレロレロォッ……おふぅッ! ほ、欲しいのねッ? オチ〇ポが欲しいのねッ? 小町のスケベな濡れ穴でッ……チ〇ポ扱きして欲しいのねッ? んッんッ……ぶちゅううううぅ……じゅるるるるぅッ、ベロベロベロベロォ……んちゅぅ……」


「んちゅうぅ……んッ、んふぅッ! くぅンッ……ん、んふぅッ、んはァッ! ほッ、欲しいれしゅッ! あむぅッ……んじゅるるるぅ、ベロベロベロォ……おふぅッ、オッ、オチ〇ポッ! オチ〇ポ扱きッ……して欲しいれしゅッ! んくぅンッ……こ、小町のッ、スケベなッ……オッ、オマ〇コ穴でッ、奥ひゃまの太いオチ〇ポッ、扱いて欲しいれしゅからァッ……ンッ、んちゅうううぅ……ぷちゅぅ、ぬちゅぅ……」


淫ら極まりない奥様の囁きに、私も恥知らずな言葉でお応えしてしまうんです。
奥様の舌と唇、トロトロの唾液を、チュパチュパと味わいながら、舐めしゃぶってしまうんです。
私は浅ましく舌を差し出し、激しくキスを欲しがり、更に快楽を求めてしまうのです。


「じゅるるるるぅッ……んちゅぅ、ベロベロベロベロォッ! ぷちゅ~~ッ……んはァッ! なんていやらしい子なのッ!? こんないやらしい子ッ……たっぷり犯しますからねッ? いやらしい子のスケベなおま〇こ粘膜でッ……チ〇ポコいっぱい扱くわッ! んッ……んふぅッ! オモチャでたっぷり調教した蕩け穴ッ! 私のチ〇ポでジュッポジュッポしてあげりゅゥッ……んちゅぅ、レロレロレロレロォ……」


奥様の熱くて硬い極太ペニスが、汗ばむ太ももと股間に、ズリュズリュと擦れるのを感じるんです。
いやらしくって、恥ずかしいのに、気持ち良くて嬉しいんです。
だってこんなにも甘く、全身を責められてしまって。
身体中が触れられただけで、痺れる程に敏感に育ってしまって。
もう我慢出来ないんです。


「んッ……んちゅぅ、ぷちゅ~ッ……レロレロ、ベロベロベロベロォ……ん、んちゅううううぅッ、んへェッ、あへェ……くぅ、くぅうン……んはァ……奥ひゃまァ……レロォ、ベロベロベロォ……レロレロレロォ……」


奥様に押さえ込まれ、全身を撫で回されながら、私は絡み合う両脚を解きました。
そして脚を左右に開きつつ、ゆっくりと膝を折り畳みます。
そんな私の様子に気づいた奥様は、腕と膝をついて身体を浮かせると、嬉しそうに微笑みながら舌を伸ばし、私の唇を、舌先を、レロレロを舐って下さいました。
私もレロレロと奥様の舌先を味わいながら、広げた両脚の膝裏に両手を添えます。
そのまま、ぐいっと。
Mの字を描く両脚を、両手で抱え上げ、大きく開いて見せたんです。


「んはァ……はァ……お、奥ひゃまァ……ん、んくぅ、んはァ……はァ……」


奥様は腕を伸ばして上体を起すと、嬉しそうに眼を細めながら私を見下ろしました。
更に、自身の股間で隆々と反り返る怒張を右手で掴むと、私の股間へと近づけます。


「んはァ……小町ったら、自分から欲しがって……とってもスケベな格好してる。小町ちゃんの一番いやらしいトコロが丸見えになっているわよ? ほら、ほらほら……ここよ? スケベな女の子エキス塗れの……恥ずかしいワレメちゃん、丸見えになってる……んッ……こんなに、スケベでみっともない格好して……こうして欲しいのかしら……? ふふふッ……」 


興奮に声を震わせながら、奥様は仰います。
同時に、奥様の右手に握られた極太の怒張が、むちゅうぅ……と、私のスリットに押し当てられて。
途端に私の股間をから、甘やかで鮮烈な性粘膜の悦びが、ジクジクと染み出し始めてしまって。


「ふあッ!? ふあああッ!? あッ……あッ……んはァッ! おッ……奥ひゃッ、んくぅンッ!」


ぬちゅううぅ……くちゅううぅ……と。
パンパンに張り詰めて濡れ光る、ぽってり肉厚の大きな亀頭が。
愛液に塗れてヒクヒクと震える、私の恥ずかしいスリットを。
いやらしく、嬲る様に、こね回し、擦り始めてしまったんです。


「ほらほらッ……こうして欲しいんでしょう? こんなにスケベな格好で誘ったりしてッ! ほらッ……! んッ、可愛いワレメちゃんの内側でッ……桜色の女の子粘膜が、ムチュムチュ動き回って悦んでるッ! んッ……んッ……私のチ〇ポに吸いついてるわよッ!? ほらッ、御覧なさいなッ? 小町のワレメちゃんッ、いやらしくパクパクしてるッ! 私のチ〇ポッ……スケベ粘膜でプチュプチュしゃぶってッ、パクパクしてるのッ、ほらほらッ!」


「んひィッ!? ひィッ……ひぃいいンッ! おッ、奥ひゃまァッ!? ……あひィッ! んくぅッ……んッ……んはぁああンッ! パクパクらめッ……擦れてッ、んふッ、らめェッ! んぐぅッ、んひいいィンッ!」


「駄目じゃないでしょ、嬉しいくせに! んッ……んッ……可愛らしいワレメちゃんッ、チ〇ポで虐められてッ、パクパク悦んでッ! いやらしい汁トロトロ溢れさせてッ! いやらしいッ! 小町ちゃんのつるつる可愛いワレメちゃんッ! 桃色のスケベ粘膜ッ、モグモグさせてッ……チ〇ポ欲しがってッ、いやらしいのよッ!? んッ……んッ……」


「んッ……んはァっ!? ふはァッ……ふあああッ!? おっ……奥ひゃまッ、これッ……くぅううんッ! 擦れりゅッ……奥様のッ……オッ、オチ〇ポッ……おお股に擦れてッ、やらしいッ……やらしいよォ! おふゥんッ! ンッ……ンッ……」


気持ち良い……どうしようも無く、気持ち良いんです。
時間を掛けて虐められて。
くちゅくちゅになるまで責められた性粘膜を。
プリップリの艶やかな亀頭で、ヌルリヌルリと撫で回されるのが、気持ち良くて堪らないんです。

ベッドの上に寝そべり、両脚を自分の手でM字に大きく開脚したまま。
快楽に蝕まれた汗まみれの身体を、いやらしく波打たせながら。
私は蕩け切った股間のスリットを、奥様の悪戯なペニスで弄ばれる悦びに、溺れるばかりでした。


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆