FC2ブログ

乳首ペシペシお仕置き自慰調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

309.【淫乱自慰調教 8】
乳首ペシペシお仕置き自慰調教

◆ ◆ ◆

私は一糸纏わぬ格好……素肌を晒した全裸の姿で、ベッドの上に座り込んでいます。
それもただ座り込んでいるのではありません。
両膝を立てたまま、左右に大きく脚を開いているのです。
普段、決して誰にも見せたりする筈の無い箇所……股間を全て、曝け出しているんです。


「んくぅッ……んッ、んッ! んふぅッ! あふぅッ……んッ……」


「ふふッ……嬉しそうなお声が聞こえて来るわね……? とうとうオナニー始めちゃったのかしら……? 私が見ているのに……クリトリスを弄り始めちゃったのね……? ふふふッ……どう? 他人に見られながらのクリトリス弄りは気持ち良いのかしら……?」


間接照明の薄灯りがぼんやりと燈された、奥様の寝室。
室内に漂うにはベルガモットの甘い香りと、淫靡な性の気配。
留める事も出来ないままに、私は浅ましく吐息を洩らしてしまいます。


「ああンッ、んッ……んふぅッ……くぅうンッ、んッ! んはァッ! 奥様ァ……」


ですが、どんなに恥ずかしくても、脚を閉じる事は出来ません。
私の背中を抱える様に身体を密着させている奥様が、背後から腕を伸ばしては、私の両膝の裏に手を添え、開き支えているのです。
これは奥様が私を辱め、虐める時に好んで取らせる、M字開脚の格好なんです。


「どうしたのかしら? 私が質問しているのに、答えられないのかしら……? クリトリス弄りのオナニーは気持ち良いのって訊いているのよ? ん?」


意地悪な口調でそう仰った奥様は、左右に開いた私の脚へ、自分の脚を絡める様に、くいっと上から引っ掛けました。
右の脚も、左の脚も、奥様のしなやかな脚に絡め取られて、閉じる事が出来ません。
更に奥様は自由になった両の手を、背後から私の胸元へと伸ばして。
私の乳房に、そっと両手を添えたのです。
奥様の手の温もりを乳房に感じた私は、改めて淫らな吐息を洩らしてしまって。


「くぅンッ……んッ、んはァッ……あッ、あッ……お、奥様ァ、わ、私ィ……」


「質問に答えられないオナニー奴隷には……罰を与えないといけないわね……? 良いこと? 今から罰を与えるけれど……オナニーはちゃんと続けるのよ……? ふふッ……クリトリス弄って気持ち良くなりながら……罰を噛み締めなさいな……?」


奥様は私の耳元で愉しげに囁くと、乳房に添えた両手の人差し指を、きゅっと親指で撓めました。
そして、乳房の先端で息づく左右の乳首を、小さな鞭で打つかの様に。
左右の指先で、ピシッ……ピシッ……と、力を込めて弾いたのです。


「あッ、あッ、あッ……んはァッ!? はぁあああンッ! くぅンッ……んッ! んはァッ! お許しッ……お許し下ひゃィッ……くぅンッ! んひィンッ!」


「ほらッ! ほらッ! 言う事を聞かないオナニー奴隷の勃起乳首は……こうやって……えいッ! 指でぴんぴん弾かれてッ……痛くなっちゃうのよッ!? ふふふッ! ほらッ! ほらほらッ! 乳首虐められてッ……痛い痛いってお泣きなさいなッ!」


欲情と快楽に塗れて、硬く尖ってしまった乳首なんです。
浅ましく勃起して、コリコリになってしまった乳首なんです。
そんな乳首を虐めるように、嬲るように。
指先を使って、ピシッ……ピシッ……と。
何度も何度も、弾かれてしまうんです。
チクチクと刺す様な細かい痛みが、敏感な乳首からジクジクと湧き上がってしまいます。
鋭く尖った小さな痛みを、繰り返し、繰り返し、乳首に与えられてしまうんです。


「んッ……んひィッ! ヒィンッ! ひぁッ! ごッ……ごめんなひゃぃッ! ごめんなひゃぃンッ! んぐぅッ! んッ……! んッ……! んはァァンッ! 奥ひゃまァッ……奥ひゃまァッ!」


「んッ……んッ……勃起乳首ペチペチ弾かれてつらいでしょう? だったら正直に……クリ弄りオナニーが気持ち良いのかお答えなさいな? それとも乳首をペチペチ虐められるのも気持ち良いのかしら!?」


興奮で上擦った奥様の嬉しそうな声が、私の耳朶を打ちます。
同時に私の乳房で、切なさとくすぐったさの入り混じった、新鮮な痛みが弾け続けます。
ペチッ、ペチッ、ペチッ……乳首を嬲り続ける痛痒感が堪らないんです。

ですが、それでも奥様のお言いつけ通り、クリトリスを捉えた私の指先は、淫らに動き続けているんです。
乳首に鮮烈過ぎる刺激を与えられ、淫らに開き切った股間はヒクヒクと痙攣を繰り返し、妖しく疼き続けているんです。
そんな疼きを沈める様に、私は指先をクチュクチュと動かし続けてしまうんです。


「ひあッ……あッ! あッ! アヒィンッ……んッ、んッ、んふぅッ! んくぅッ……おふぅッ……お、奥ひゃまッ、奥ひゃ……まァッ! アヒィンッ! んッ……んひィッ! ひいッ……あひィッ、んッ……んふぅッ……」


クリトリスを軽く指先で押さえたまま、上下に優しくシコシコと。
淡い包皮ごと、コリコリの小さな勃起を撫で回す様にシコシコと。
ああ……その小さな動きが、繊細な動きが、堪らなく気持ち良いんです。
小さな小さなクリトリスが、甘く甘く蕩けてしまうくらい気持ち良いんです。
乳首を指先で、ペチペチと弾かれ、意地悪されて辛い筈なのに。
クリトリスは心地の良い愉悦を紡ぎ続けているんです。


「ふふッ……ちゃんとオナニー続けてるみたいねッ? いやらしくクリ扱きしてるのが見えるわ! ほらッ……どうなのッ? 大股開きでッ……乳首虐められながらッ、勃起クリトリスをシコシコするのは気持ち良いのかしらッ!? 早くお答えなさいなッ! このスケベ奴隷ッ!」


奥様が私の事を詰ります。
幸せそうな、悦びに満ちた声で、私を罵るんです。
罵りながら私の乳首をペシペシと虐めて。
ペシペシと乳首を虐めながら、自身の股間で反り返る怒張を、私の背中に激しく擦りつけるんです。
ああ……熱いんです。
熱くて硬い、奥様の極太ペニスなんです。
興奮して、ゴリゴリに勃起していらっしゃるんです。
そして私も、こんな風に虐められて、クリトリスが硬く勃起して、コリコリになってしまっているんです。
もう、堪りませんでした。


「んッ! んッ!んひィイッッ! 良いッ! 気持ち良いれすッ! くふぅうううンッ!! 気持ち良いッ!! オッ……オナニーッ! クリトリスッ……シコシコオナニー気持ち良いれふッ!! んひぃいいいいッ!! んぐぅッ……んッ、クリトリス気持ち良いッ……んぐぅッ! 乳首ッ……良ィンッ!! んひぃいいいィンッ!! 奥様ッ……奥ひゃまァッ!!」


「んッ……んッ! この変態ッ! 乳首も気持ち良いのねッ!? こんなに虐められてッ……クリトリス扱いて嬉しいのねッ!? このスケベッ! 淫乱ッ!! オナニー好きのチ〇ポコ奴隷ッ! たっぷり虐めてあげますからねッ!! 覚悟なさいなッ!! んッ……んッ……んふぅッ!」  


シコシコとクリトリスを扱き上げながら。
ピチピチと乳首を弾かれ、虐められながら。
淫らな言葉でたっぷりと罵られ、詰られながら。
熱いペニスをゴリゴリと擦りつけられながら。
私は思う存分、クリトリス・オナニーの罰を堪能するのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆