FC2ブログ

淫らな愛撫と濃厚ディープキス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

299.【快楽バスルーム 15】
淫らな愛撫と濃厚ディープキス

◆ ◆ ◆

湯船の中で立ち上がり、バスタブに手をつき、剥き出しのお尻を突き出した格好で。
私は奥様にたっぷりと尻の谷間を……淫らに蕩けた股間を虐めて頂いたのです。
ヌルヌルと舐められ、ヌチュヌチュと弄られたアヌスに、根元まで指を入れられて。
羞恥と快楽の中で、トロトロと愛液を滴らせる膣壺にも、ヌッポリと指を入れられて。
そのまま、入れたり出したり、入れたり出したり、ジュプジュプと。
性粘膜を指でマッサージする様な、卑猥極まりない快楽ピストンを与えられて。
私は夢見心地でよだれを垂らしながら、激しくアクメしてしまったんです。

立ったままの姿勢で、背中を反らし、膝をガクガクと震わせながら。
尿道口からぴゅーっ……と、お潮を吹きながら。
Gスポットとアヌス粘膜が嬉しくて、頭の中が真っ白になる程のアクメを頂いたのです。
ですが、それは奥様の顔にお潮を撒き散らしてしまう様な、自分勝手なアクメで。
奥様はそんな私に、ねっとりとしたクリ責めのお仕置きを施したのです。

達したばかりの身体に、濃密過ぎるクリトリス・フェラの快楽は気持ち良過ぎて。
過剰過ぎる心地良さが、むず痒い様な、切ない様な、辛さを生み出して。
私は身を捩りながらも、クリトリス責めのお仕置きを受け入れるしかありませんでした。

コリコリに勃起したクリトリスを、執拗に吸い上げられ、舐られ、舐め回されて。
たっぷりたっぷり虐められて。
やがて過剰快楽のお仕置きは、再び肉の悦びに満ちた、蜜色の幸せに切り替わって。
ゾクゾクとした愉悦に全身を蝕まれ、私はまた嬌声を上げながらの淡い絶頂を感じて。
気づけば膝から崩れ落ち、バスタブに張られた湯の中へ、身を沈めてしまっていたのでした。


「んはァ……ああ、ああン、奥様ァ……ごめんなさぃ……んふぅ、くぅン……」


クリトリスから沸き立つ甘過ぎる官能に、脚が、腰が、もう限界だったのです。
カクンカクンと震え続けた挙句に力が抜けて、すとんとしゃがみ込んでしまったんです。
熱い湯の中にしゃがみ込んだまま、私は謝罪の言葉を口にします。
そんな私を奥様は、背後から腕を回し、ぎゅぅっ……と、抱き締めて下さいました。


「もう……小町ったら本当に悪い子なんだから……」


「あッ……あン、ん、奥様ァ……」


私の背中に、奥様の柔らかで豊満な乳房が密着して。
そして奥様は手のひらを私の頬に添えると、自分の方へ向かせました。
そのまま、背後から私の顔を覗き込む様にしながら、私の唇を唇で塞いだのです。


「悪い子よ? 本当に……ん……んちゅぅ、くちゅ、ぬるるるるぅ……くぷちゅぅ、ぬちゅぬちゅ、ぬるぅ、レロレロレロレロォ……ベロォ、んふぅ、可愛くって悪い子……ん、んちゅぅうう、レロレロレロォ……」


「あふぅンッ……んちゅううぅ、くぷぅ、ベロォ……レロレロレロォ、んぷぅ、くぷくぷぅ……レロォ、んちゅうううぅ、んはァッ! 奥様ァ……んふぅ、お許し、ん……んちゅううぅ、くぷちゅぅうう……」


紅く艶やかな奥様の唇が、私の唇を存分に貪ります。
長くて力強い舌が、私の舌を嬲る様に絡みついて来ます。
レロレロと、ネットリと、唾液と唾液を混ぜ合わながら。
奥様のキスは、驚くほどに淫らで、甘く蕩ける様に優しくて。
身も心も、うっとりしてしまうのです。


「レロォ、ぬちゅぬちゅぅ、ぷちゅ~……、んふぅッ、ンハァ……こんな悪い子は、しっかりお仕置き調教が必要なの……んちゅ、レロレロォ、ん、今夜は一晩中、小町の事を虐めるわ……ふふッ、ん、ん、んちゅううぅ……レロレロレロォ……」


「んぷぅ……ぬるるるるるぅ、んんん……んちゅううぅ、んはァッ! はァ……はァ……奥様ァ……ああン、お仕置き……ああ、奥ひゃまァ……ん、んく、くぷぷぅ……レロォ、ベロベロベロォ……ぬちゅうううぅ……」


濃密なキスを交わしながら、私は奥様に全身を弄られます。
奥様の手のひらが、私の肌を思うがままに撫で回し、隅々まで這い回るのです。
腰に、肩に、そして胸元に伸びた左手が、私の乳房をこね回す様に動きます。
頬に、背中に、そして内太ももへと伸びた右手が、私の股間を包み込んでは悪戯するのです。


「ん、んちゅううぅ……ぬるるるぅ、じゅるるぅ、ぷくちゅうううぅ……ん、んはァ、良いわね……小町ちゃん? お風呂から上がったら……この可愛らしいおっぱいも、乳首も、恥ずかしいオマ〇コも、じっくり調教してあげる……。ふふッ、もちろんスケベなアヌスも調教してあげるわ……ふふふっ……ん、んちゅ、ぬちゅうううぅ……レロレロレロォ……」


「んくぅ、レロレロレロォ、ぷちゅぷちゅ……んるるるぅ、おふぅ……奥様ァ、ああン……んふぅ、はふぅ……そんなァ、ん、んちゅうううううぅ……レロレロレロレロォ、んちゅ、ぬぷううぅ、くぷぷぅ……」


乳房をやわやわと揉まれながら。
乳首をコリコリと虐められながら。
そして股間をネットリと撫で回されながら。
私は奥様に弄ばれ続けます。
それはとても優しくて妖しい愛撫なんです。
何度もアクメを繰り返しているのに、身体の奥底から悦びが紡ぎ出されて、トロリとした欲情が染み出して来るんです。

そしてキス。
頭の中まで溶け出してしまいそうな程に心地の良いキス。
唾液と、舌先と、甘い吐息が堪らないんです。

そしてペニス。
私の身体を背後から押し包む奥様の身体、私のお尻にゴリゴリと押し当てられる、極太の剛直。
熱くて、硬くて、太くて、逞しくて、いやらしくて、脈打っていて。
怖いほどに滾っていらっしゃるんです。
優しく優しく私の身体を弄りながら。
本当はこんなにも獰猛に、私の事を求めていらっしゃるんです。
でも、奥様に激しく求められている、その事実が堪らなく嬉しくて。
私は奥様に抱き締められながら、心の底から淫らなキスを愉しむのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆