FC2ブログ

濃厚キスと羞恥のアヌス責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

278.【悦楽の口淫プレイ 8】
濃厚キスと羞恥のアヌス責め

◆ ◆ ◆

奥様所有のペントハウスに設けられた、ガラス張りのプライベート・フィットネスルーム。
壁一面を覆う大きな鏡の前に敷かれているのは、ストレッチ用の柔らかなマット。
私と奥様は汗に塗れた裸身を露わにしては、マットの上に座り込み、激しく求め合っているのです。


「くちゅくちゅ……ぬちゅぅ、レロレロレロレロォ……ぷちゅぷちゅ、ぬるるぅ、あふぅッ……この変態……チ〇ポしゃぶり大好きの変態ちゃん……んちゅぅ……ちゅ、んふぅッ、この可愛いおくちで、舌で……たくさん私のチ〇ポしゃぶったのね……? 本当にスケベなんだから……んちゅ、くちゅぅ、ベロベロベロベロォ、くぷぷぅ、ぬるるるぅ……」


「んッ、んッ、んちゅぅ……ぬるるるるぅ、くぷちゅ、ぬちゅぅ、レロレロレロォ……んへァッ、はァ……ご、ごめんなひゃぃ、奥ひゃ……んちゅぅ、くちゅ、ぶちゅぶちゅぶちゅ、ぬるるぅ……あふぅッ、奥ひゃ……むちゅむちゅぅ、レロレロレロォ……うぷぅ、んちゅうう……」


裸のまま奥様に抱き締められてのキスは、とても動物的は激しさで。
奥様の力強い舌が容赦なく私の舌に絡みつき、艶やかな唇も遠慮無くしゃぶりついて来ます。
唾液を舐め取られ、舌を吸われ、息をつく間も許されない程の、貪る様なキスなんです。


「じゅるるぅ……ぶじゅるるるぅ、ぬちゅぬちゅぅ、くちゅ、レロレロレロレロォ……んふぅッ、駄目よ、許さないわ……こんなスケベなチ〇ポしゃぶり奴隷は……許してあげないの、んちゅううぅ……ぬるるるぅ、ぷちゅ、くぷちゅううぅ……」


「レロォ、むちゅ、むちゅぅ、ぬるるるぅ……くぷぷぅ、ぶちゅうううぅ、くふぅンッ! 奥様ァ……ああ、ああンッ、んはァッ! あッ! あふッ! ンッ、んちゅぅ、くぷちゅぅッ、じゅるるるぅッ……」


更に奥様の両手が、私の身体を我が物顔で撫で回します。
腰も、背中も、お尻も、乳房も、徹底的に撫で回されてしまうんです。
レロレロと舌をしゃぶられながら、乳房を揉みしだかれます。
乳首を指先でコリコリと転がされ、更にはキュッと摘まれて。
激しくて淫らなキスと共に与えられる、乳房と乳首の快楽が堪らなく心地良いんです。

そしてもう一方の手は、私のお尻から背中へ、そのまま肩口から首筋へと這い上がって。
気がつけば奥様の指先は、私の口許へと伸びていました。


「くぷちゅぅ……ぬるるぅ、レロォ、んはァ、はァ……ほら、小町? この指もおしゃぶりなさい……先っぽから根元まで……丁寧に舐めるのよ? ふふッ……」


「ううン、んちゅ、んふぅッ……ふぅ……ああン……は、はい、奥様……ん、んちゅ、レロレロレロォ、ぬるるぅ、ベロベロベロォ……くぷちゅううぅ……ぬるるぅ、くぷぅ、ぬるるるるぅ……」


悪戯っぽい笑みを浮かべて、奥様は私に指を差し出しました。
私は奥様に命ぜられるがまま、しなやかな指先に吸いつき、たっぷりと舐め回します。


「そう、そうよ……本当に小町は、しゃぶるの上手ね……チ〇ポしゃぶるみたいに舐め回してるわ……ふふッ、そう、先っぽから根元まで……人差し指も中指もよ……? ふふふッ……」


「んちゅんちゅ、ぬちゅ、むちゅうううぅ……ぬちゅぅ、ぷちゅううううぅ……レロレロレロォ、ぬちゅぬちゅ、んちゅううぅ……」


レロレロと、ベロベロと、唾液でトロトロになるまで奥様の指を舐めしゃぶって。
爪の隙間から指の股まで、丁寧に隈なく舌を這わせて。


「良い子ね……いっぱい舐めて良い子よ? すっかり指がヌルヌルになっちゃったわ、ふふッ……」


「レロレロレロレロォ、ベロベロベロォ……むちゅうううぅ……ちゅぽぉ……んはァ、はァ……奥ひゃまァ……」


トロトロになった奥様の指先が、ヌルリと私の口から抜け出しました。
そのまま私の首筋から胸元へ、背中へ、腰へ、お尻へと、少しずつ滑り落ちて行って。
そのくすぐったさに、私は肩を竦めて奥様に身体を預け、淡く吐息を洩らして耐えるばかりで。
やがて奥様の濡れた指先は、尻肉の谷間へと差し掛かって。


「あッ……あッあッあッ……」


濡れた指は、私が最も羞恥を覚える箇所……アヌスへと伸びていました。
たっぷりと官能を与えられ、快楽に喘ぎ息づく尻穴に、奥様の指がネットリと押し当てられて。


「あッ……あッあッ、あッ……あッ!? あッ!? おッ、奥様ァッ! そんなのッ……らめェッ、らめれすッ……! んッ!? んちゅぅ……ぬるぅ、レロレロォ……ん、ん、んん……んちゅうぅ……」
 

「ほらほら、小町ちゃんの大好きな、アヌス虐めの時間よ……? ふふッ……小町の可愛いお尻の穴……ワレメちゃんから溢れた愛液で、もうトロトロじゃない……こんなにトロトロのスケベ穴はね……ヌルヌルの指で、ヌプヌプされても仕方無いのよ……? ふふふッ……ん、んちゅぅ、ぬるるぅ、くちゅぅ……んちゅぅ、レロレロォ……」


頭の芯まで蕩けそうなキスに、乳首を弄られる快楽、そしてアヌスを嬲られる羞恥。
こんな淫らなキス、駄目なんです。
ですが奥様は許して下さいません、ねっとりと舌を伸ばし、私の口内を貪りながら、尻に回した指先で、窄まろうとするアヌスを、クニュクニュと弄くり回すんです。


「んんんッ、んちゅぅ……レロレロレロォ、くぷぅッ、おふぅッ……んひィッ……ひぃンッ、らめッ、お尻ッ……ンくぅッ……おッ、お尻の穴ッ……らめッ、んふぅッ! はふぅッ……ぬちゅううぅ……レロレロレロォ、むちゅぅ、ぶちゅるるぅ……」


「むちゅぅ、ぬるるるるるぅ……ぷちゅぅ、うふぅ……駄目じゃないでしょう? 小町のお尻の穴……とっても嬉しそうよ? ……んちゅぅ、レロォ……んふぅッ、ヌルヌルの尻穴、指でクチュクチュされて気持ち良いんでしょう……? ワレメちゃんからは愛液がトロトロ……お尻の穴は嬉しくってヒクヒク……ふふふッ、小町の下半身は本当にスケベね……レロォ、んちゅぅ、ぬるるるぅ……」


ああ……こんな事。
おかしくなってしまいそうなんです。
二度のクリトリス・アクメと、濃厚なフェラチオで、私の股間は蕩け切り、すっかり汁塗れなんです。
スリットより溢れ出した愛液は、アヌスの方にまでたっぷりと流れ込んでしまっているんです。
アヌスを悪戯する奥様の指先は、既に根元までトロトロの愛液に塗れてしまっているんです。
気がついた時には、私のアヌスにクチュクチュと、浅く出入りを繰り返し始めていたんです。


「ぶちゅぅううう……ぬるるるるぅ、んふぅッ、んはァッ! はァッ、ああッ……ああああンッ! お、仰らないでッ、仰らないで下さィッ……んふぅッ! くぷぅッ、ぬるるぅ……レロレロレロォ、おふぅッ! んふぅッ……んふぅッ……おッ、おふぅッ! 奥ひゃまッ……そんなッ、らめェッ……くぷぅうううッ、ぬちゅぅ、レロレロレロォ……」


「んちゅぅ、ベロベロベロォ……んふぅッ、嘘つきね、お前は……。今日もお尻の穴、しっかり奥までキレイキレイにしているんでしょ……? フィットネス・トレーニングって言ったのに……スケベな事を期待して、シャワーを浴びて来る様な子ですものね、お前は……レロォ、ぬちゅぅ、んふぅ……アヌス責めを期待して、お薬を使ってキレイにしたんでしょう? 安心なさいな……期待通りにスケベなアヌス……たっぷり気持ち良くしてあげる、んちゅぅッ、んちゅぅうッ……」 


ああ……。
奥様の仰る通りでした。
でも、奥様とお会いする時だから、ひょっとしてと思ってしまって。
欲しくて仕方無いからとか、そういう事じゃないんです。
そういう事じゃない筈なのに。
なのに私のお尻の穴は、嬉しそうに奥様の指を味わってしまうんです。
出たり入ったり……出たり入ったり……卑猥な抽送を感じてしまうんです。
そのいやらしい出し入れに合わせて、私のアヌス粘膜もムチュムチュと蠢いてしまうんです。


「ぬちゅううぅ……ベロベロベロォ、くぷぅッ、んはァッ、はァ……ほらほら、小町ちゃんのスケベな尻穴に……ヌルヌルの指が出たり入ったりしてるわよ? んッ……んッ……ほらッ、ぬぷぬぷ出入りしてる、ふふッ……スケベな穴だこと……ほらッ、お尻の穴に指を入れられて嬉しいって……正直に仰いな? ……んちゅぅ、レロォ」


「んぷぅッ……ぬちゅぅううぅ、レロォッ、おふぅッ! んくぅッ……んッ、んッ、んはァッ! あッ……あッ……らめッ、気持ち良いのらめェッ! お尻なのにィッ……んッ、んちゅッ、ほふぅッ……んくぅッ! くぅッ、うぐぐぅッ……んふぅッ! 気持ち良くなるの……らめなのにッ! んッ! んちゅ、んちゅぅうう……」


今まで何度も奥様にアヌスを悪戯されて、責められて、快楽器官である事を教え込まれて。
それでもやっぱり、恥ずかしくて堪りません。
だってそんな場所……本当は触れたりする様なトコロじゃない筈なんです。
なのにアヌスの悦びを念入りに、丁寧に、こってりと教え込まれてしまって。
今ではもう、ヌチュヌチュといやらしくアヌス粘膜を弄られると。
ヒクンヒクンと淫らに収縮し始めて、指先を咥え込んでしまうんです。


「んちゅぅ……ぬるるぅ、んふぅッ、嬉しいでしょう? お尻の穴に指ッ……こうして欲しかったでしょう? これを期待してたんでしょう? んッ……ほらッ、気持ち良いわよね?」


「くぷちゅ、ぬるるぅ……んへェッ! ……ら、らめッ、もうらめッ、お尻ッ……変になりゅッ、んくぅッ! 気持ち良いのらめなのにッ……らめなのにィッ! んはァッ! はァッ! はァッ! 良いッ……良ィンッ……」


もう駄目なんです、身体がすっかり、アヌスの快楽を覚え込んでしまっていて。
お尻の穴からジクジクと、心地の良い刺激が広がってしまっているんです。
出たり入ったり、出たり入ったりする奥様のしなやかな指が、トロトロの指が堪らなくて。
そして耳元で繰り返し囁かれる、奥様の淫靡な言葉。


「ほらほらッ……気持ち良い、気持ち良い……トロトロのお尻の穴に、ぬるぬるの指が出たり入ったり出たり入ったり……とっても気持ち良い、ほら、正直に仰いな……んっ、んっ、小町はお尻の穴が気持ち良いですって、出たり入ったりが気持ち良いって、正直に言うのッ……ほらほらッ……んッ……んちゅ、ぬるるぅ、ぷちゅ~~、レロレロレロォ……」 


どうしようも無く気持ち良いんです。
お尻の穴なのに、やっぱり気持ち良い。
恥ずかしいのに気持ち良い。
お尻の穴を弄られて、気持ち良いんです。
奥様のお指が気持ち良くて仕方無いんです。


「んはァッ……あふぅッ、んッ、んッ……ん~~ッ、んはァッ……きッ、気持ち良いッ、お尻ッ……お尻の穴ッ、気持ち良いれすッ……ああンッ、駄目なのに気持ち良いッ! ん、んちゅぅッ……むちゅううう……ベロベロォ、んちゅぅッ……」


私は奥様とキスを交わしながら、アヌスから込み上げて来る卑猥な愉悦に、蕩け始めていました。


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


アダルト動画 DUGA デュガ

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆