FC2ブログ

ペニスの味に酔い痴れるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

277.【悦楽の口淫プレイ 6】
ペニスの味に酔い痴れるメイド

◆ ◆ ◆


私が口を動かす度に、恥知らずで浅ましい音が溢れ出します。
たっぷりと水気を含んだ、粘着質で卑猥な音なんです。
同時に奥様の切なげで甘い吐息が、私の耳朶を心地良く擽ります。
この淫らな音を聞いているだけで、私の身体はジクジクと熱く熟し続けてしまうんです。


「むじゅむじゅ……ぷちゅ、くぷちゅ、ぷちゅ~~ッ……レロレロレロレロレロォ、ぬるるるぅ、むちゅむちゅ、はぷぅッ……んへェッ! お、奥ひゃまゥ、うちゅ~~ッ、ぶちゅ、ぶじゅるるぅ……じゅるるるぅ……」


「んはァッ……はァッ……な、なんてスケベなのッ? 小町は本当にッ、ドスケベなんだからッ……! くふぅッ……んッ、そんなに嬉しそうにッ……すっかりチ〇ポしゃぶりに夢中じゃない、この淫乱ッ! あふぅッ……んくぅッ! あッ……あッ……あひィンッ!」


広々としたガラス張りのフィットネスルーム。
私は体操用の柔らかなウレタンマットが敷かれた床の上に跪き、奥様の性にご奉仕しています。
身につけていた衣服は全て脱がされ、身体中の隅々にまで甘い快楽を注ぎ込まれ、自分でも抑制出来ない程、身も心も昂ぶってしまっているんです。


「ベロベロベロォ……じゅるるるぅッ! ぷちゅぷちゅッ……くぷちゅううぅ、ぬちゅぬちゅッ……レロレロレロレロォ、ぶじゅるるぅッ! ぶじゅ~~~……じゅるじゅるぅ、むちゅうううぅ……」


私の目の前では一糸纏わぬ姿の奥様が、快感に酔い痴れつつ身悶えていらっしゃいます。
軽く脚を開いて立ち、腰を突き出し、潤んだ瞳で私を見下ろしているのです。
そんな奥様を見上げながら、私は突き出された奥様の股間……隆々と反り返るふたなりペニスを存分に愛でさせて頂いているんです。


「くぅッ、んッ……んはァッ! わ、悪い子ッ……チ〇ポしゃぶりの上手な悪い子ねッ! あふぅッ……んッ、そんなにチ〇ポが美味しいのッ!? んくぅッ……チ〇ポの味が大好きなのかしらッ!? この変態娘はッ……あふぅッ!」


「くぷぅッ……ぷちゅ、ぬちゅうううぅ、レロレロレロレロォ……むちゅううぅ、むちゅむちゅ、ぷちゅ~~ッ……じゅるるぅッ! ぷはァッ! 美味しィッ……オチ〇ポッ……美味しィンれふぅッ、んちゅううぅ……レロレロォ……ぷふぅッ! おッ、奥ひゃまのオチ〇ポッ、美味しい味れふぅッ……んちゅううッ!」


奥様の質問にお答えしながら、私は夢中でペニスをしゃぶり続けてしまいます。
怖いほどに勃起して、ビンビンに反り返った極太の勃起ペニスなんです。
レギンスとハーフパンツに包まれ、たっぷりと汗をかいた、蒸れ蒸れの熱いペニスなんです。
むせ返るほどに濃厚なペニスの臭いが、ムワァ……と、立ち昇るほどなんです。
臭くて臭くて堪らない……そんな良い匂いのペニスに、ネットリと舌を這わせているんです。
ムチュムチュとしゃぶりついているんです。
口の中にペニスの味と香りが広がって、頭がジーンと痺れて、うっとりしてしまうんです。
右手で陰茎を扱きながら、ペニスの先端……亀頭をしゃぶり続けているんです。
とってもいやらしい顔で、奥様のペニスにご奉仕しているんです。
奥様はうっとりと目を細めては吐息を洩らし、卑猥な言葉で私をなじるのです。


「んッ……んッ……美味しいのねッ!? チ〇ポが美味しいのねッ!? んッ……んはァッ! こ、こんな汗塗れのッ……臭いチ〇ポが美味しいのねッ!? くぅッ……んッ、い、いやらしいわッ……本当にいやらしいッ! 嬉しそうにチ〇ポ汁啜ってッ……ひぅッ! んッ……右手でシコシコ扱きながらなんてッ……んッ、本当にいやらしいチ〇ポのしゃぶり方してるわッ、このスケベ娘ッ……ンッ! んふぅッ!」


官能と興奮に上擦った奥様の声が、責め立てる言葉が、更に私を昂ぶらせます。
大きく張り詰めた奥様の亀頭に、滑る唇で吸いつくと、夢中で舐めしゃぶってしまいます。
熱くって、弾力があって、先っぽのワレメから、タップリと汁が零れ出すんです。
トロトロと舌に絡みつく、ペニスのエキス、先走りのカウパー液なんです。
臭くて美味しくて我慢出来なくて、溢れる先からレロレロと舐り、チューチューと啜ってしまうんです。


「むちゅむちゅぅ……じゅるるるぅッ、レロッ……レロレロレロォ……ぷちゅぅ、ぷちゅぷちゅッ、ぷちゅ~~ッ……ちゅぽぉッ! んほォッ……ほふぅッ、おいひぃれふッ……んじゅぅ、ぷふぅッ、チ〇ポッ……チ〇ポ美味しいれふぅッ、んじゅるぅううううッ、ぷちゅ~~ッ……」


亀頭の縁……大きく張り出したエラのブリブリ感が堪らないんです。
ペニスの裏側からカリ首までを、ヌルヌルの舌先で磨く様に舐め回して差し上げるんです。
そうすると奥様のペニスは嬉しそうにヒクヒク震えながら、更にこってりとしたエキスを滴らせて。
そうやって染み出て来たエキスを、私は夢中で舐め取ってしまうんです。

右手で奥様の陰茎をシコシコと扱き上げては、更にエキスを搾ってしまうんです。
血管の浮き出た極太の逞しい陰茎を、シコシコシコシコ……長いストロークで扱いてしまいます。
もっともっと、たくさんエキスを飲ませて欲しくなってしまうんです。
吸い上げて、舐めしゃぶって、扱き上げて。
堪らないんです、奥様のペニスが美味しくて堪らないんです。


「んはァッ……はァッ……くふぅッ……んッ、普段は真面目なフリしてる癖にッ! チ〇ポ好きのド変態なのよッ、お前はッ……! このスケベッ……あふぅッ……くぅッ! みっともない顔してッ……チ〇ポしゃぶってッ! この変態ィッ……んッ……」


「むちゅむちゅむちゅ……ぶじゅううううぅ、じゅるるぅッ……じゅぷぅッ、ぷちゅ、ぶちゅるるるぅ、ぽちゅぽちゅ……じゅぽぽぽぽぉッ、レロレロレロレロレロォ、レロレロォ……んじゅるるるう、くぷちゅぅ、むちゅむちゅむちゅぅ……ぬちゅううぅ……」


淫らに窄めて尖らせた、卑猥極まりない口の形は、奥様に教え込まれた口淫奉仕の形なんです。
トロトロの唾液に濡れた唇を、いやらしく筒状に突き出して、吸いつくんです。
こうやってご奉仕すると、奥様は身悶えながら腰を震わせ、我を忘れて悦んで下さるんです。
そして私もまた、この浅ましいご奉仕の形が、一番卑猥な気がして好きなんです。
奥様に一番恥知らずな私を見て頂く……その開放感が私を淫らにしてしまうんです。
私は奥様の調教通り、淫らで恥知らずな女の子になってしまっているのでした。

【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆