FC2ブログ

クリフェラの悦びに蕩けるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

268.【愉悦クンニ責め11】
クリフェラの悦びに蕩けるメイド

◆ ◆ ◆

フィットネスルームの床に敷かれた、柔らかなウレタンマットの上。
私は身に着けていたウェアを全て脱がされ、仰向けに寝かされています。
ですが、ただ寝かされているのではありません。
汗に塗れた乳房を揺らし、唾液に塗れた肌を晒し、両脚はM字に開いた状態で。
更にその格好のまま、奥様は私の腰を抱え込むと、お尻をぐいっと、持ち上げてしまうのです。

この格好にされると、私は剥き出しになった自身のスリットを、下から覗き込む事になってしまって。
もちろんそれは、奥様の企み通りで。
奥様は私を存分に辱めるべく、この破廉恥な姿勢を好んで取らせるのです。
羞恥責めと快楽責めを同時に行う為の卑猥な姿勢。
本当に、淫ら極まりない性行為の為だけに存在するかの様な姿勢。
『まんぐり返し』という、恥知らずな姿勢なんです。
そして私は、まんぐり返しの姿勢を取らされたまま、奥様にミッチリと股間を虐められているのです。


「んはあああッ!? はああンッ……んッ、んッ、んぉおおおおッ! おうぅッ……んぐぅッ! くふぅッ……んッ、んおッ! おッ!? おッ!? おほぉッ!? おほぉおおおおおッ!! おふぅッ……ンッ! おッ……奥ひゃまッ! 奥ひゃまァッ!! んひぃいいいいッ!! 良ィッ……良ィンッ!! くひぃいいいいッ!!」


「んちゅッ……じゅるるるぅッ、ぶじゅるるるるぅッ……んちゅ、んちゅッ、ぷちゅ~~~ッ……んはァッ! このドスケベッ! いっぱいッ……虐めてあげりゅッ、ぶちゅうううううぅ……じゅるるッ、レロォ……レロレロレロレロレロレロレロレロォ、ぶじゅるるるぅッ……ちゅぽちゅぽちゅぽッ、ぬちゅうううぅ……」


止め処も無く湧き上がる快楽に、私はよだれを垂らしながら、自身の股間を見上げます。
涙の滲む視界の中、だらしなく左右に開いた脚が揺れていて。
そんな両脚の間で、私の性器に奥様がしゃぶりついていらっしゃるんです。
唾液と愛液に塗れた紅い唇が、トロトロの性粘膜に、ネットリと絡みついているんです。
その上、力強く蠢く長い舌が、濡れた肉襞を味わう様に、嬲り抜く様に、這い回るんです。
堪らないんです、気持ち良いんです。


「んはぁあああッ!! はぁあああンッ!! きッ……気持ち良いッ! 気持ち良いのォッ!! おほぉおおンッ……んくぅうッ! おッ……奥しゃまッ! 小町ッ……気持ち良いれしゅッ! 気持ち良くてッ……んひぃいいいッ!! ……ンヒィッ!! んほォッ!! おほぉおおおッ!!」


「ぬちゅぬちゅぬちゅぅッ……じゅるるるるぅッ、ぷちゅ~~~ぷちゅぷちゅッ……、すちゅぅッ、くちゅぅッ……ベロベロベロベロベロベロォッ、んへェッ……どうせお前の事だからッ! おもらしピュッピュアクメしたくて仕方無いんでしょうッ!? ……んちゅッ、レロレロレロォ……はふぅッ! このッ……スケベなオシッコ穴からッ! レロレロレロレロォッ、んふゥッ! ピュッピュッて! 女の子射精したいんでしょうッ!? おもらしアクメしたいんでしょッ!? んちゅぅッ……ベロベロベロベロベロォッ」


奥様は尖らせた舌先で膣前庭……尿道口の辺りをヌリュヌリュと舐ります。
そうしながらチューチューと吸引し、はっきりと私にピュッピュの快感を意識させるんです。
眉根を切なげに寄せながら、興奮した眼差しで私を見下ろしながら、舐め回していらっしゃるんです。
ああ……こんな風にされたら。
もう、どうしたって気持ち良くなり過ぎたらピュッピュしてしまうんです。
奥様にお口で愛でて頂いているのに。
奥様の美しいお顔に、そしてお口の中にまで、ピュピューって。
そんな事を考えるなんて、もう、本当に変態みたいなんです。
でも、だけどもう、我慢出来ないんです。
私は奥様の美貌を見上げながら、上擦った声で思うが侭に、私の欲望を口にしました。


「ほふッ……ほほふぅッ……んはァッ!! おッ……奥ひゃまッ! こッ、小町はッ……小町はこんな風にされたらッ、ピュッピュしちゃいましゅッ……! うふぅッ! んッ……んッ……ンヒィッ! おもらしピュッピュッのアクメッ! おもらししちゃいましゅからァッ!! あはァあああッ!! ひぁあああッ! あふぅッ、んおッ! おッ! おふぅうううンッ!!」


私の恥知らずな告白を聞きつつ、奥様は濡れた眼差しで、激しく舌先を躍らせます。
ヌチュヌチュと愛液を掻き混ぜつつ、スリットの内側を執拗に舐め回し続けるのです。
ですがその舌先は、徐々に勃起し切ったクリトリスへと集中し始めて。
小陰唇からクリトリスの裏側までを、レロレロと味わう様に刺激するんです。
更に奥様の濡れた唇が、少しずつ少しずつ窄まり始めて。
そして。


「レロレロォ……レロォ……ぬちゅ、ぬちゅちゅぅ……ぷちゅ、ちゅ、ちゅちゅ、ぷちゅ~~~~~ッ……ちゅるるるるぅッ、ぬちゅ、ぬちゅ、じゅるるるるるるぅッ……ちゅ~~~~ッ、レロレロレロレロレロレロォ……ぬるるるるぅ、ぷっちゅ~~~~~ッ……」


「おッ……おッ……おほぉおおおおおッ!? おッ!? おッ!? くほぉおおおおおンッ!! んッ……んッ……ンへェッ! はへェッ……はへェッ……あへェッ……アヒィッ、アヒィッ、ハヒィイイインッ!! んくぅッ……クリトリスッ、クリッ……しゅごィッ……んひぃいいいいいッ!! ひぃいいいいいンッ!!」


鮮烈で濃密な極上の愉悦が、頭の芯まで焼けついてしまいそうな快楽が湧き上がりました。
クリフェラ……また、クリフェラの悦びを与えられているんです。
パンパンに勃起してしまった快楽器官・クリトリスを、じっくりと嬲られているんです。

ちゅ~~っ……と、クリトリスを吸い上げられるんです。
優しく吸われながら、付け根から先端までを、ヌリュヌリュヌリュ……と、舐め回されるんです。
トロトロの唇が、硬く尖ってしまった肉粒を包み込み、モチュモチュとマッサージするんです。
ああ……本当にこんなの。
言い様の無い心地の良さで。


「ぷちゅぷちゅぷちゅ……ぬちゅぅ、ぬるるぅ……ぷちゅ~~~~ッ、ちゅ~~~~~ッ……んへェッ! このままクリトリスッ、アクメ漬けにしてあげりゅゥッ……んちゅッ……レロレロレロォ、ぷちゅぷちゅ、ちゅるるるるるるるぅ……ぷちゅ~~~~ッ、んちゅぬちゅぅ……ベロベロベロベロベロォ、ぬるるるぅ、くちゅ、ぷちゅちゅ~~~~~ッ……」


「お~~ッ!? おお~~~ッ!? おっほぉおおおおッ!? ンホォオオオオオオッ!! おふぅッ……んぐぅッ、くぅッ、くぅううううううッ!! んはァッ! あふぅッ、ンクゥウウウウウッ! んはァッ……変にッ、変になりゅッ、なっちゃぅッ! んひぃいいいいッ!!」


剥き出しの快楽神経を、温めた蜂蜜の中で、ムチュムチュとこね回されているかの様な悦び。
激しい責めなのに、繊細で優しい舌の蠢き。
苦痛なんかひとかけらもありません、快感だけがクリトリスを包み込んでいるんです。
ああ……こんなの気持ち良過ぎて。
私は奥様が自分の股間を舐め尽くす様を、喘ぎながら見上げながら、よだれを垂らすのです。
程無くして訪れる、意識が途切れてしまう程に強烈な、クリトリスアクメ快楽を待つばかりでした。



【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆