FC2ブログ

乳首オナニー&クリ弄りの悦び

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

254.【羞恥の股間責め8】
腋の下を舐め回されて悶えるメイド

◆ ◆ ◆

フィットネスルームの壁一面に据えつけられた、大きな鏡。
鏡の中では乳房を晒した私が、奥様より淫らな快楽を与えられ、身悶えています。
床に敷かれたウレタンマットの上へ、両脚をだらしなく開いて座り込み、下半身を覆う五分丈のレギンスの上から、はしたなく湿らせてしまった股間ばかりを責められているのです。


「ん……ん……小町ちゃんのしっとりお股……しっかり可愛がってあげる……。ふふッ……レギンスの上からでも、可愛いワレメちゃんの形が良く判るわ……ぷっくりしててマシュマロみたいで……とっても熱くなってる……嬉しいのね? お股弄られて……自分で乳首弄るのが嬉しいのね? ふふッ……良いのよ、もっと嬉しいおツユ、染み出させなさいな……?」


「あふぅッ……ふぅううンッ! んはァッ! はァッ……はァッ……はぁあああンッ! お、奥様ァ、これらめェッ……くぅううンッ! んッ……んふぅッ……んはぁああッ! ああンッ!」


私の身体は奥様に、背後からしっかりと抱き留められています。
ですがその両手は、私の肩を抱いているのでも、腰を抱えているのでもありません。
どちらの手も、腰に沿って真っ直ぐ下へと伸び、そのまま私の股間を捉えているのです。
十本のしなやかな指が、私の秘め隠しておきたい部分を、ねっとりと執拗に蹂躙しているのです。

私には、奥様の手を押し退ける事なんて出来ません。
求められれば差し出し、存分に弄んで頂くしか無いのです。
その上、私は自身の両手でもって自身の乳房を弄び、愉しむ様にと申し付けられしまって。
逆らう事なんて考える事も出来ず、私は命ぜられるがまま、自身の乳首を扱き転がすのです。
奥様の言葉通り、勃起してしまった乳首の硬さを確かめる様にコリコリと。
乳輪から乳頭まで、指先で愉しむ様にシコシコと。
こんなの駄目なんです、自分で触っているのに、心地良さが乳首から染み出して来るんです。
甘い声が自然と漏れるのを、留める事も出来ません。


「ん、んふぅッ……くぅンッ、あふぅッ……あッ、あッ、あああッ、ふあああんッ!! アヒィッ! ヒィンッ……ンッ、ンッ、んはァッ……はあああンッ! あッ!? あッ!? あはぁあああンッ!」


「あらあら、随分と気持ち良さそうだこと……。乳首弄りが愉しいのね? ピンク色の可愛い乳首ちゃんを、自分の指でシコシコ責めのコリコリ責め……ふふッ、もう夢中じゃない。いやらしい子ね……小町は本当にいやらしい子。こんなにいやらしい子は、しっかりとお股を調教して上げる……ワレメちゃん撫で回してあげる……んッ……んッ……」


奥様の嬉しそうな声が私の耳朶を打ち、私の股間はますます濃密な悦びに包まれます。
股間に大きな染みが出来てしまった灰色の五分丈レギンス。
ぴったりと下半身に密着する布地の上から、奥様の指が濡れた部分をなぞり上げます。
それも両手の指を全て使って念入りに、隅々まで確かめる様に責め立てるのです。


「んひッ! ひぃンッ! くぅン……ンッ、ンッ……んはァッ、はァッ、はァッ、はァッ……はぁああンッ、はぁああああンッ! 奥様ァッ……くぅううッ!」


奥様の左手の指が、左右に大きく開いた股ぐらの奥へと潜り込んでは、悪戯を繰り返します。
堪え切れずに愛液を溢れさせてしまった私のスリット……その最も深いところを、ムチュムチュといやらしく、指先でこね回すのです。
……ここから恥知らずなエキスを垂れ流しているのでしょう? 判っているのよ……と、指摘するかの様に、スリットの深いところを指で探り、クニュクニュと刺激するのです。

そうかと思えばスルスルと、尻肉の谷間へ分け入っては、コネコネとこね回すのです。
尻肉の弾力を確かめる様に、奥様の指先が踊ります。
更に、最も恥ずかしい後ろの窄まりを指先で見つけ出しては、後でここもたっぷりと虐めますからね……と言わんばかりに、クニュクニュとほじる様に指を動かすのです。


「温かいわ……小町のここ、とっても温かいの、んッ……柔らかくて、しっとり湿ってて、指先がヌルッてしちゃうわよ……? 嬉しいお汁、トロトロ滴らせてるのね? 本当に恥ずかしい子……」


「アヒィッ……ヒィンッ、んんんッ、んはァッ! はぁッ、はぁッ、はぁッ、あああッ……あああンッ、くぅううううッ! そんなのッ……らめェッ! くぅううンッ! あふぅッ!」


ですが心地良いのは左手の動きだけでは無いのです。
私の恥丘を覆う様に添えられた、奥様の右手が。
その指先の動きが堪らなくて。

縦方向にスリスリと、スリットに沿って何度も何度も。
優しく優しく撫でる様に、そして扱く様に、ほんの少し、押し込む様に力を込めて。
そうやって丁寧に弄りながら、奥様の指先は探り出してしまうのです。
レギンスの布地に覆われながら、柔らかな谷間の内でひっそりと息づく、恥ずかしい突起。
腋の下を舐られる羞恥に震え、乳房を揉まれる快楽に蠢き、乳首と共に勃起してしまった肉粒。
股間を撫で回される悦びに、硬く大きくそそり立ってしまった性器官。
クリトリスなんです。
どんな風に触られても、どんな時に扱かれても、絶対に心地良くされてしまうトコロなんです。
そして奥様は、濡れたレギンスとショーツを隔てた私のクリトリスを、プリュン……プリュン……と引っ掛ける様に、指先で転がし始めてしまったのです。


「あらあら? ……お股のここ、ぷっくりしてるわね……? ふふッ……こうやって……コリコリってして欲しいから、ぷっくりしているのかしら? それとも撫で撫でかしらね? ふふふッ……」


「ひああああッ!? ああッ!? あッ!? あッ!? んはぁあああンッ!! ンヒィッ! ヒィ……ひぃいいいンッ! クゥンッ、うううンッ……はぅうううッ! ンッ! ンほォッ!? おッ、おッ、奥ひゃまァッ!! これッ……これらめェッ!! くぅううううッ!!」


下半身が瞬く間に蕩けてしまいそうな悦び、濃厚で甘い快楽。
仰け反りながら声を上げ、自身の乳首をキュッと摘み上げてしまいます。
喘ぎ続け、半開きになってしまった唇の端から、よだれが垂れ始めて。
耐える事も、我慢する事も出来なくて。
私はもう、肉欲に溺れ喘ぐばかりの、性処理メイドに目覚め始めてしまっているのでした。


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆