FC2ブログ

フィットネスルームで汗を流して

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

245.【プロローグ1】
フィットネスルームで汗を流して

◆ ◆ ◆

天井に取り付けられたライトパネルが、広々とした室内を明るく照らし出しています。
足元には美しくコーティングされた、フローリングの床板。
心地の良いBGMが、部屋の四隅に設けられたスピーカーから響きます。
その軽快なリズムに合せて息を弾ませ、私はエアロバイクを漕ぎ続けているのです。
奥様の会社が開催するレセプションパーティを二週間後に控えた、日曜日の午後。
私はペントハウスのフィットネスルームで、奥様と一緒に汗を流していました。

ここのところマンション管理士事務所の業務が忙しく、事務処理を手伝う私も連日遅くまで作業する事が多くなり、少し運動不足気味だったのです。
それに加えて昨晩、働きづめだった私を気遣う奥様に連れられ出掛けた先で、美味しいホテルディナーをご馳走になってしまい……気がつけば食べ過ぎてしまった様な。

お恥ずかしい話なのですが、少し太ったのかなと、そんな風に思えてしまって。
奥様は、ちっとも太っている様には見えないと、そう仰って下さるのですが。
奥様はお優しいですし、それに、奥様が私に用意して下さるメイド服は、タイトなデザインの物が多く、気になってしまうのです。
何よりも、あと二周間でレセプションパーティ。
私もそのパーティに出席して進行のお手伝いをするとあっては、やはり心身ともに引き締めておかなければ……そう思ったのです。
そんな私の話を聞いた奥様は楽しげに微笑むと、それなら一緒にフィットネスルームで軽く運動してみる? ……と、仰って。
そういう理由で私と奥様は、美容の為のフィットネスに勤しんでいるのでした。

軽い準備体操を終え、エアロバイクを漕ぎ始めて10分ほど。
全身がじっとり、汗ばむのを感じます。
室温は空調で適切に管理されている為、暑過ぎるという事はありません。
それでも汗が滲むという事は、運動による燃焼効果が現れているのかも…と、ちょっぴり嬉しくなります。

私が身につけている物は、ピンク色のタンクトップに、グレーの五分丈レギンス。
タンクトップの下には、フィットネス用のスポーツブラでレギンスと同色。
白いヘアバンドで髪を抑え、足元も白のランニングシューズ。
そして手首にはピンクのリストバンド。
とても動きやすく、吸汗性も良いスポーツウェアです。

思えばこのスポーツウェアも、高層マンション最上階のペントハウスへ引っ越した当初、奥様から何着ものメイド服と共に、普段着のひとつとして頂いた物で。
その際、このフィットネスルームを自由に使っても構わないと、言われていた事を思い出します。
ですがそうは言われても、なかなか好きに使える物でも無くて。
このスポーツウェアは、長く着る機会に恵まれなかったのです。

私の隣りでは、トレッドミルという器具でランニングを終えた奥様が、ウェイトを使ったトレーニングマシンへ移動し、汗を流しています。
それはとても大きなマシンで、幾層にも重ねられ詰み上がったブロック状のウェイトを、ワイヤーケーブルでグイグイと引っ張り上げる様な、そんなトレーニングを行う機器なのです。
どれ程の重さを持ち上げているのか、或いは引っ張り上げているのか、私には判りかねます。
ですが奥様は、マシンのベンチに腰を降ろしたまま、力強く身体を動かし続けます。

奥様が身につけているウェアは、背中が大きく開いたラウンドネックの黒いタンクトップ、足首丈の黒いレギンス、ダークグレーのハーフパンツ。
長い黒髪はクルクルと束ね、グレーのヘアバンドで抑えています。

そんな奥様の様子を、私はこっそりと盗み見ながら、本当にお美しいな……と、思うのです。
汗の滲む美貌に、一点の陰りも見当たりません。
長い睫毛が麗しい切れ長の眼、すっきりと高く整った鼻梁、吐息を洩らす紅い唇。
トレーニングの中でほんのりと上気した頬。
高負荷のマシンを稼動させる、腕と背中の逞しさ。
身体にピタリと貼り着く黒のタンクトップは、無駄肉の無い引き締まった身体のラインを描き出して。
美しさと強さを兼ね備えた、力強い美……そういった物が、奥様の佇まいから感じられるのです。
なので私も、そんな奥様の隣りが相応しい自分でいられる様にと、努力したくなるのです。


「小町? そろそろ次の運動に移りましょうか?」


20分ほどエアロバイクを漕ぎ続けた所で奥様に促され、私は奥様と共に次のメニューへ移ります。
体力的に、もう少し漕げそうな気もしましたが、トレーニングに詳しい奥様に倣うべきでしょう。
私は水分補給をしてから、フィットネスルームの壁一面を覆う、大きな鏡の前へと移動しました。
移動した先のスペースには、柔らかなウレタンマットが敷かれています。
奥様は壁に備えつけられたコンソールパネルに近づくと、室内に流れるBGMを変更します。
同時に、今まで流れていたアップテンポな曲から、ゆったりと静かな曲に切り替わりました。
そんな落ち着いた音楽の中、奥様は私に体幹を鍛えるトレーニング法を教えて下さいました。


「はい、ゆっくりと呼吸を繰り返しながら……背筋を伸ばして、そのまま腕を前へ……」


奥様はそう言いながら、私に手本を示します。
私はその動作を真似つつ、ゆっくりと手足を動かします。
詳しくは判らないのですが、ピラティスと言う、エクササイズなのだそうです。
静かに、ゆっくりと、呼吸を続けながら……奥様はそう繰り返します。


「無理の無い範囲で、ゆっくりと脚を伸ばして……呼吸は止めない様に……」


ですがこの運動は、静的なイメージでありながら、なかなかハードである事に気づかされます。
腹筋や太もも、背中といった広い範囲が、鍛えられ絞られている……そういう刺激を感じます。
そのまま20分。
身体全体に疲労を覚え始めた頃。
ゆっくりとトレーニングメニューが終了しました。


「はい、お疲れ様でした。……どうだった? 小町。結構疲れたでしょう?」


奥様はそう仰って、微笑み掛けて下さいます。
その微笑みが嬉しくて、私はつい――いえ、大丈夫です……と、強がってしまいます。
ですが奥様は、そんな私の強がりを見透かした様に優しく、無理しちゃ駄目よ? と、諭して下さるのです。

そんな他愛も無いやり取りが、なんだかとても楽しくて、そして嬉しくて。
こういう時間を奥様と過ごせる事に、私は温かな幸せを感じるのでした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

レズれ!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆