FC2ブログ

恥辱ピストン屈服ポルチオアクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

238.【後背位で羞恥絶頂 .8】
恥辱ピストン屈服ポルチオアクメ

◆ ◆ ◆

達したばかりで、身体中が甘く切なく、疼いたままなのに。
アクメの余韻が治まるよりも早く、激しく犯されてしまって、つらい筈なのに。
それでも感じているの? 虐められて気持ち良いの? そんな風に、奥様に問い質されて。
私は奥様の身体の下、ベッドに突っ伏し、浅ましく喘ぎ、よだれを垂らしながら質問に答えていた。


「おッ! おッ! おほぉッ! んほッ!? おッ!? ……おふゥッ! くぅッ……きッ、気持ち良ィッ……気持ち良ィンッ! ん……んへェッ! んへェッ! んぉッ、奥ひゃまのッ……オッ、オチンポォッ! オチンポ気持ち良いッ! オチンポに犯されるのッ……しゅごぃしゅきッ、しゅごいのォッ! ……くひィッ! んッ……んほぉッ!」


肉の悦びに下半身を蝕まれ、私はこれ以上無い程に、恥知らずで甘ったれた声を出してしまう。
奥様に甘えてしまう、身も心も曝け出して甘えてしまう。
もっと虐められたくて、鼻に掛かったみっともない声で媚びてしまう。
媚びて、甘えて、頭の中で、快感と羞恥がプチンプチンと音を立てて弾け続けてしまう。
もう、何も考えられないくらい気持ちが良くて。
そんな私の耳朶を打つ、奥様の叱責。


「んッ……んッ……本当にッ、いやらしいチンポコ娘ねッ、お前はッ! んッ……さっきまでッ、イクイクしたばかりでつらいって言ってたのにッ! んッ……もうチンポで責められてッ、気持ち良いのッ!? ヌルヌルのオマ〇コ穴をッ、ジュボジュボされてッ……んッ、嬉しいのねッ!? まったくッ……恥知らずなチンポコ奴隷だことッ! たっぷりとッ……チンポでピストン調教してあげるッ! んッ……! んッ……!」


私の心も、私のコンプレックスも、全て纏めて辱め、撫で回し、擽る様な淫らな言葉。
ペニスで膣粘膜に与えられる恥肉の悦びと、言葉で頭の奥に与えられる羞恥の悦び。
二種類の悦びが、私の心と身体をドロドロに狂わせてしまうのが凄くて。

柔らかなブランケットの上。
私は汗塗れの身体を投げ出し、うつ伏せに寝そべっている。
奥様はそんな私に圧し掛かり、背後から極太のペニスで、私の膣壺をたっぷりと犯し続ける。
犯し続けながら、卑猥な言葉で私を嬲る。
心も身体も、奥様の手でドロドロに汚されて、愛でられてしまう。


「ほらほらほらッ! もっと気持ち良いって言うのッ! 犯されて気持ち良いって、正直に言うのッ! チンポコ娘らしくッ……チンポで犯されて嬉しいっておっしゃいッ!! んッ……んッ……まったくッ、いやらしいチンポ穴ねッ! こんなに締めつけてッ! こんな風にッ! 無理矢理犯されるのがッ、大好きなのねッ! このマゾ豚奴隷ちゃんはッ! ンッ……ンッ……」


「んひィッ!? んひィイイイッ!! んッ! んきッ、気持ち良いッ……良いのォッ! ん、んおッ! おッ……おほォッ!? おッ! おおおッ……オマ〇コォッ!! オマ〇コ穴ッ……気持ち良いれしゅッ! ンッ、ンヒィッ! ンくぅッ、くぅ~~~ッ!! んへェッ! んへェッ!」


発情期を迎えた雌豚の様な、哀れで物欲しげな喘ぎ声を上げながら、私は身体を快感に震わせる。
ボッテリと肉厚でゴロリと大きなヌルヌルの亀頭が、膣粘膜の一番嬉しいトコロ……トロトロに蕩けたGスポットを、ムニュゥッ……ムニュゥッ……と、何度も何度も擦り上げつつ行き来する。
ビンビンに張り出したカリ首のエラが、愛液に塗れて収縮を繰り返す肉襞に、ムチムチムチッ……ムチムチムチィッ……と、絡みつく様に引っ掛かる。
汁塗れの膣壺を、反り返るペニスが、念入りに念入りに、繰り返し繰り返し、虐め続ける。


「んへェッ! あへェッ! あへェッ! んッ……んんッ、んおッ!? お~~ッ!? おほぉッ! ぎ、ぎもじいィンッ! んんッ……気持ち良いッ! 犯されりゅッ、犯されりゅのしゅごぃンッ!! んひィ~~~ッ!!」


私の尻肉を奥様の白い腰が、ぴたんっ……ぴたんっ……と、音を立てて打ち据える。
太くて長い奥様のペニスが、長いストロークでピストンを繰り返し、私の膣壺を存分に蹂躙する。
その卑猥な動きは、ベッドの上に敷かれたタオルと、私のお腹の間でサンドイッチにされ、グニュグニュとこね回されながらカウパー液を零す、私の勃起ペニスに響いてしまって。
サラサラとしたタオル地が、張り詰めた亀頭に堪らない。
そのまま揺さぶられてこねられて、いやらしい汁をタオルの上にどんどん溢れさせてしまう。
気持ち良い。
膣壺だけで無く、ペニスだって融けそうなくらい、気持ち良い。


「お~~ッ!? お~~ッ!? おほぉおおおッ!! んぉッ……ほぐゥッ! チンポ気持ち良いッ……チンポも気持ち良いッ! ……オマ〇コもしゅごいッ! くぅ~~~ッ!もッ……もうッ、頭変になりゅッ……ううううッ!! もうらめッ……もうらめェッ!!」


そして何よりも。
膣壺の最奥で、たっぷりと愛でられ、虐められ、責められ続けたポルチオが。
愛液とカウパー液、二種類の汁に塗れながら熱を帯び、悦びに息づく性器官が。
艶々と張り詰めた奥様の亀頭に、これでもかと言わんばかりにネットリと犯され続けて。
激しく舐め回す様に、ヌルンヌルンと、ブリュンブリュンと、しつこく激しく絡みつくのが堪らない。
ブリブリと張り出したカリの段差が、熟し切ったポルチオに引っ掛かり、揺さぶる。
濃密過ぎるセックスの刺激が、股間に満ち溢れてしまう。
ペニスに嬲られ、犯される愉悦の中で、ポルチオがもう、我慢出来なくなってしまって。


「うぐぅッ! くぅッ……もうッ、もう無理ッ! もうイグゥッ!! んひィッ!! ひぃいいいンッ!! イッ、イクイクなりゅッ!! イクイクすりゅッ!! 奥ひゃまァッ!! ヒナッ……またイクイクなりゅッ!! もうなりゅッ!! イクイクくりゅゥッ!!」


奥様の身体の下で、身悶えながらアクメの気配を口にする。
もう、どうしようも無く耐えられない心地良さに、股間が、下半身が、頭の中が湧き立ってしまう。
卑しい肉欲がグツグツと沸き立ち、心の底から恥知らずな絶頂を求めてしまう。
自分勝手で我侭な、だらしの無いポルチオ・アクメに、身体が波打ってしまう。


「んッ……んッ……このッ……この変態ッ!! 淫乱メス豚ッ!! また勝手にアクメなのッ!? 何処まで淫らなチンポコ娘なのッ、お前は!? ンッ……良いッ!? もし勝手にイクイクしたらッ……とっておきのお仕置きで虐めるわよッ!? それでも良いのッ!? お仕置きして欲しいのかしらッ!? それでもッ……イクイクするのかしらッ!? ……んッ! ……んッ! ……んッ!」


私を押さえ込んだまま腰をくねらせ、興奮に掠れた声で奥様は問い質す。
だけど私はもう、何を言われてもアクメする事しか考えられなくて。
身体中がヒクンヒクンと震えてしまう程に、淫らなアクメを味わう事しか考えられなくて。


「ンヒィッ!! ヒィイイイイッ!! 良いッ……良いれしゅッ!! お仕置きされても良いッ!! いいのォッ!! んぐぅうううううッ!! イグイグなりゅのッ……イグイグなりゅッ!! お仕置きしゅきッ……イクイクッ、もうッ、イクイクッ……ンヒィイイイイイッ!!」


頭の芯が、ぽうっ……と甘く熱く蕩け出して。
お腹の奥でポルチオが、シクシクと嬉し泣きを始めて。
愛液の坩堝と化した膣壺が奥様のペニスを、きゅ~~ッ……と搾り上げて。
目の前が真っ白になるほどの悦びに包まれて。


「イグッ!! イグイグイグッ!! イクゥウウウウウウウッ!! んぐぅ~~~ッ!! イクイクッ! イグッ……クゥッ! んほぉッ……おおおッ、おッ! おッ! おぅッ……イグッ! イグイグイグゥッ!! うぅッ……うううッ、うッ、イクイクイクゥッ!」


尻肉から膣壺を責められて三度目のアクメ。
情けない声を上げながら、お仕置きを受け入れながらの屈服ポルチオアクメ。
うつ伏せのまま、足の指先までピーンと伸び切った、滑稽な程に惨めな連続アクメ。
私は自分の口から漏れ出す卑猥な声を聞きながら、思う存分アクメを愉しんでいた。
この後、奥様にお仕置きされてしまう……その事すら愉しみで。
よだれと愛液とカウパー液を垂れ流しながら。
私は奥様に犯される幸せを、しっとりと噛み締めていた。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

レズれ!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆