FC2ブログ

ふたなり奥様に尻の谷間でご奉仕

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

233.【後背位で羞恥絶頂 .3】
ふたなり奥様に尻の谷間でご奉仕

◆ ◆ ◆

仄暗いスィートルームの寝室。
ゆったりと広いベッドの上。
私は柔らかなブランケットの上へ、うつ伏せに寝そべってる。
汗に塗れた身体は、隅々までたっぷりと愛でられ、快楽の残滓に満たされている。
そんな私の背中に、奥様の美しい裸身が覆い被さっている。
奥様のぬくもりが、奥様の匂いが、奥様の柔らかさが心地良くて。
それと同時に、私の尻肉をじっとりと左右に割り開き挟まっている、奥様の怒張の硬さが凄くて。


「ああ……あ、あふぅッ……くぅン……奥様ァ……はぁ……はぁ……」


「ふふッ……お尻のお肉がヒクヒク悦んでるわね……? それとも、ヒナのいやらしい膣壺が……チンポの味を思い出してキュンキュンしているのかしら……? 安心なさいな? すぐにチンポの事しか考えられない、チンポ奴隷にしてあげる……」


粘着質で卑猥な言葉が、私の耳にトロトロと流し込まれる。
どうしようも無く、心臓が高鳴ってしまう。
淫らな言い回しと、尻肉の谷間でドクンドクンと、力強く脈打つペニスの感覚。
火傷しそうな程に熱くて、尻肉の谷間を大きく押し広げる程に太長くて。
そしてツヤツヤとした亀頭の先端……鈴口から零れだしたカウパー液で、ねっとりと滑りを帯びて。
身体が、下半身が、奥様のペニスに悦び始めてしまっている。

浅ましく滾り始めてしまった私の気持ちを見透かした様に、奥様はグイグイと腰をくねらせ始めて。
柔らかな尻肉の谷間を硬く反り返ったペニスが、クニュクニュと前後にピストンするのが。


「あッ、あッ!? ひあぁッ!? くぅううンッ……んふぅッ、んッ、奥様ァ……」


「ふふッ……良い声が漏れちゃったわね? んッ、んッ、ヒナのお尻……とっても良い具合よ? プリプリしてて……キュンキュン締めつけて……チンポ扱きに使える、スケベな尻よ? んッ……んッ……こういうのも好きでしょ? んッ……」


奥様は愉しげに囁きながら、私の尻肉にペニスを擦りつける。
硬い怒張でムチュムチュと、尻肉へカウパー液を塗り込む様に虐める。
ああ……奥様が私の上に乗って、グリグリと腰を突き出す様にして動くから。
火照った身体の下で、バスタオルに擦れる私のペニスが、グニュグニュと刺激されてしまって。
淫ら極まりない足裏責めで射精したばかりなのに。
もう心地良くなり始めてしまって。


「ヒィッ……ヒィインッ! んひィッ! んッ……あふぅッ! んんッ……んはぁッ! 奥ひゃまッ……くぅッ、これッ……あああンッ! あああああンッ!!」


「んッ、んッ、んふぅッ、随分とッ……嬉しい声出しちゃうのね? お尻がそんなに感じるのかしら? んッ……それとも……さっきアクメしたばっかりのチンポが、タオルに擦れて気持ち良くなってるのかしら? んッ! どうなの? 気持ち良いの?」


意地悪な口調で奥様はそう仰って、更に淫らに腰をくねらせ始める。
極太のペニスが我が物顔で、私の尻肉を蹂躙してしまう。
しかも、鈴口の先端から染み出すカウパー液と、尻の谷間に溜まった汗が混じり合い、擦れ合い、プチュッ……クチュッ……ヌチュッ……という、酷く卑猥な水音が溢れ出してしまう。
そんな恥知らずな水音を聞かされながら、ムニュムニュとこね回されてしまう私のペニス。
汗に塗れた私のお腹と、ベッドに敷かれた柔らかなタオルで、快楽サンドイッチにされてしまう。
タオル地のザラリとした感触が、亀頭粘膜に絡みついて溜まらない。
奥様が腰をくねらせる度に、私のペニスはタオルの上に、悦びの淫汁を零してしまう。
こんなの気持ち良いに決まってる、気持ち良くて頭がぽーっとしてしまう。


「んッ……んはッ、はッ、はううぅッ! くぅッ、くうううンッ! きッ……気持ち良いッ、気持ち良いれすッ、んッ……んふゥッ、んん、オ、オチッ……オチンポッ、オチンポ気持ち良いれすッ! くぅうううッ……お、お尻ッ、奥ひゃまのオチンポれッ……お尻ムニュムニュされてッ、お尻も気持ち良いッ! 気持ち良いれすッ、ああああンッ……お、奥ひゃまァッ……あふぅッ……」


奥様に請われるがまま、私は正直に愉悦を告白してしまう。
もう嘘をつく事なんて出来ない、こんな風に、虐められながら愛でられるのが嬉しくて。
奥様のペニスに、お尻をこね回されるのが気持ち良い。
奥様に押さえ込まれて、ペニスを無理矢理に気持ち良くされてしまうのが溜まらない。
私はブランケットに顔を押しつけ、よだれを垂らしながら喘ぎ続ける。
そんな私の様子に奥様は、満足そうな吐息を洩らし、更に言葉を紡いだ。


「ふふふッ……良い子ねェ、圧し掛かられながらチンポでコネコネされて……お尻もチンポも気持ち良い良いのね? さっきあんなにいやらしく射精アクメしたばっかりなのに……もうチンポが嬉しいのね? んッ……んッ……本当にお前は浅ましい、ふたなりチンポ娘ね? 虐められて射精して、虐められて勃起して、とんでもないマゾ豚なんだから……。んッ……もう我慢できないわ……」


奥様はそう仰って、ゆっくりと身体を起した。
それはちょうど、私の太ももの上辺りを跨ぐ状態の膝立ちの姿勢で。
そのまま奥様は両手を伸ばすと、私のお尻をきゅっと掴んだ。
そして、柔らかな尻肉を押し開く様に、左右へ。


「あッ……ああッ……」


ヌチャァッ……という、卑猥な音が聞えて。
同時に、アヌスとスリットが外気に晒されるのを感じて。
そして奥様は、嬉しそうに言った。


「ヒナのチンポ穴で……また私のチンポをジュポジュポ扱かせて貰いますからね……? 卑しいチンポ娘を……チンポ漬けにしてあげる。ヒナの大好きなチンポピストンで……何回もアヘアヘ悦びなさいな……? ふふふッ……」

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

レズれ!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆