FC2ブログ

ふたなり秘書の足コキ射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

228.【被虐ふたなり足コキ責め.4】
ふたなり秘書の足コキ射精アクメ

◆ ◆ ◆

ベッドの上で仰向けに寝そべり、両足をM字の形に開いている。
剥き出しの股間を曝け出す様に、両膝の裏に手を添えて、股を開いたままにしている。
奥様から与えられる卑猥で偏執的な性の悦びを、たっぷりと注ぎ込まれている。
蕩けそうな程の快感に、下半身が甘く煮え立つ様で。
官能的な刺激に蝕まれながら、私は汗に塗れた身体をくねらせては乳房を揺らし、浅ましくよだれを垂らし、喘ぎ続ける。


「んはぁッ!! はぁああンッ!! くぅッ……うッ、ウヒィッ! ヒィイイイインッ!! きッ……気持ち良いッ、気持ち良いッ!! んひィッ……チッ、チンポォッ! チンポが気持ち良いれすッ! 気持ち良いのッ! 気持ち良ィンッ……ンヒィイイイッ!! おかしくなりゅッ……もうおかしくなりゅゥ!! あああああンッ!!」


自分の口から、淫らな言葉が次々と溢れ出すのを抑えられない。
心の赴くままに感情を露わにし、猥褻な姿勢のまま性感にのたうつ。
股間が気持ち良い、どうしようも無く気持ち良い。
奥様の足裏が、足指が、私の怒張したペニスをこってりと弄ぶ。
弄ばれ、虐め抜かれ、責められ続ける。
足の裏で、足の指で、性器を悪戯され続けて。
その背徳的で被虐的な行為に、身も心もトロトロに屈服し、されるがままに淫欲を貪るばかりで。


「んッ……んッ……くぅンッ! この変態ッ! 変態のチンポ奴隷ッ!! 足でチンポコッ……コネコネされて大喜びしてッ!! 本当にマゾ豚なんだからッ! このいやらしいふたなり雌犬チンポッ……スケベなマゾ豚チンポに調教してあげるッ!! んッ……んッ……しっかりと味わってッ、アヘアヘ悦びなさいなッ! ンッ……ンッ……」


官能の悦びに濡れ光る瞳、口許に浮かぶ悪戯な微笑み、私をなじる意地悪な言葉。
艶やかな頬を桜色に染めて、奥様は私を責め苛む。
ベッドの上に腰を降ろした奥様は、両手を後ろについて上体を支えつつ、両脚を投げ出している。
投げ出し、差し出された両足は、開き切った私の股間へと伸びていて。
そのまま、カウパー粘液塗れの怒張ペニスに、クニュクニュと纏わりついて。


「ンヒィッ! ヒィインッ!! ハへッ! ハへェッ!! らめッ……らめぇッ! はぅッ……んはぁああああッ!! これッ、気持ち良くてッ……ンヒィッ! もうッ、もうッ、なりゅッ! ……マゾ豚なりゅッ! 雌犬なっちゃぅッ! 奥ひゃまッ……ヒナッ、これッ……ああああンッ!! 変態になっちゃうよォッ!!」


足でペニスを辱められる……その光景から私は目が離せない。
頭の中がドロドロに煮詰まり、これ以上無いほど昂ぶってしまう。

ヌメヌメと滑る陰茎を、奥様の両足がサンドイッチにしている。
そのままクニュゥ……クニュゥ……と、不規則にこね回して虐め続ける。
足の裏で搾る様に、ムチュムチュと上下に扱き上げる。
足の指でカリ首をなぞりながら、私の下腹へ押し付けて踏み躙る。
たどたどしい動きなのに、ぞんざいな扱いなのに、私のペニスは至福の悦びに包まれてしまう。


「ンッ……ンッ……そうよッ! お前はッ! チンポさえ気持ち良ければッ……何をされても嬉しいマゾ豚のチンポ娘なのッ!! スケベなチンポ生えてるからッ……こんな事されて悦んじゃうのッ! ほらほらッ! もっと悦びなさいなッ! チンポコ虐められてッ……惨めなマゾの雌犬奴隷になっちゃいなさいッ!!」


興奮に掠れた奥様の声が、淫ら過ぎる言葉が、愉悦に爛れた私の頭に心地良く響いて。
奥様の両足に、怒張して反り返る私のペニスがクチュクチュと音を立てて踏み転がされる。
陰茎全体を圧迫する様に踏まれながら、ムチュムチュと扱かれ続ける。
淫蕩な快楽に敗北したペニスは、お腹の上にピュルルルゥ……と、カウパー液を吐き散らす。

私はだらしの無い笑みを浮かべたまま、両手で両足を抱え上げ、股間を晒し続ける。
奥様にペニスを踏み躙られる幸せに、腰がカクカクと動いてしまう。
股間がキュンキュンと収縮を繰り返しながら、愛液を垂れ流してしまう。
発情した動物の様に、身体が疼いて止まらない。
もう我慢出来なかった。


「くぅうううッ! うくぅッ! もッ……もうイクッ! イクッ! イクイクくりゅッ!! うううッ……うくぅッ!! チンポッ……チンポ気持ち良いのッ! チンポイクイクすりゅッ!! すりゅッ……もうッ……らめッ、奥ひゃまッ! ヒナッ、チンポいくッ! もうイクイクッ! くぅ~~~ッ!!」


奥様にたっぷりと虐められて。
ペニスに濃密な悦びが、ジクジクと込み上げて来て。
奥様の足が嬉し過ぎて、股間が蜂蜜よりも甘く蕩けてしまって。
身体が震えて、両足が踊るように跳ね上がって。
そんな私に奥様の叱責が飛んだ。


「ンッ……ンッ……このスケベッ!! また勝手にアクメなのッ!? チンポコ踏まれてアクメしちゃうのッ!? 本当の雌犬チンポ奴隷になっちゃうわよッ!? それでも良いのッ!? チンポの生えた雌犬マゾ娘はッ……今まで以上に虐められるのよッ!? それでも良いのッ!? それでも勝手にアクメするのかしらッ!?」


奥様の足は私のペニスを捕らえたまま、汁に塗れながら執拗に蠢き続ける。
確実にアクメへと追い込む様な、粘着質なペニス搾りの動き。
私のお腹へ亀頭を押しつけながら、ムチュムチュと撫で回す様な動き。
こんなの絶対に我慢出来るわけなくて。


「くぅ~~ッ! もうッ……もう良いのォッ!! イグゥッ!! もうイグゥッ!! イグイグすりゅゥッ!! 良いのッ……マゾ豚になって良いのッ!! チンポ気持ち良ィンッ!! ンホォォオオッ!! オグゥッ!! イグイグイグゥッ!! イグイグッ!!」


コンプレックスの源であるペニスの事を、何度も何度も揶揄されて。
でも、それすら肉欲に滲んだ頭の中で、最高の快楽に切り替わって。
羞恥が心地良くて、身体中が甘酸っぱく仕上がって。
背筋に、野太い快楽のパルスが走り抜けるのを感じて。
私は身体を仰け反らせ、股間で渦巻く悦楽の全てを吐き出した。


「う゛~~~ッ!! う゛う゛ッ! イグッ……イグイグッ!! イグうううぅッ……イグイグイグッ……! う゛ッ!  う゛う゛う゛ッ!!  う゛う゛ッ!  う゛ ッ! う゛う゛ う゛ッ! オグゥッ! イグッ……う゛ッ!! う゛う゛う゛う゛ッ……う゛ッ! う゛ッ! う゛~~~~ッ!!」


四度目なのにも関わらず、お腹の上にドプドプと。
火傷しそうな程に熱く、濃厚なザーメンが迸り出てしまう。
頭の中がグチュグチュになるくらい、心地良くて。
奥様の足で徹底的に踏み躙られて。
私のペニスは悦びに身悶えながら、射精し続けた。
どうしようも無いほどのマゾ豚奴隷、そんな言葉が相応しい娘になってしまっていた。


【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

レズれ!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆