FC2ブログ

ポルチオアクメの悦びに蕩ける秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

220.【愉悦ポルチオ連続絶頂.5】
ポルチオアクメの悦びに蕩ける秘書

◆ ◆ ◆

スプリングの効いたベッドの上。
ブランケットの柔らかさと、奥様の体温を感じながら。
私は下半身を甘く爛れさせてしまう程に濃密な、ポルチオ・アクメの渦に飲み込まれていた。

「おほッ、おほッ……イグッ! イグイグッ! ウグゥ~~~ッ! んんんッ……んぐ~~ッ! んヒィッ……イグッ! イグイグイグッ! イグイグしゅごぃッ……くぅ~~~~ッ! イグッ! んんんッ、んぐッ! ぐぅううッ、んおッ!」


発情の果てに蕩け切った声が、幾らでも漏れ出てしまう。
それは奥様以外の誰にも聞かせられない、メスの悦びに目覚めてしまった私の声で。
輝くほどに美しい裸身の下で、私は極上の愉悦に涙を流しながら、激しく達していた。


「おお……おッ、おッ、おほぉおおおッ! おおおッ、おほぉッ……おッ、おッ、おほぉ~~ッ……まだイグッ、イグイグッ! まだいっちゃゥッ! イクゥウウッ……くぅううう……」 


それはポルチオを狂わせる、堪え切れない至福のアクメで。
寄せては返す波の様に何度も何度も、私の身体を高みへと突き上げてしまう。
ポルチオ・アクメの悦びが、幸せが、何処までも長く尾を引いて、私の理性をかき消してしまう。

私は両脚をM字に大きく開き、お尻がクルンと持ち上がった状態で息を弾ませている。
そこへ跨る様に奥様は、怒張したペニスを私の膣壺へみっちりと、根元まで挿入している。
奥様のペニスを受け入れる私の姿勢は、どんな猥褻な行為も、悦んで受け入れますと宣言しているに等しい服従のポーズで。
ポルノの撮影で行われる様な『マングリ返し』と呼ばれる、恥辱に満ちた姿勢で。
絶対服従を誓う犬の様な姿勢で、私は奥様に押さえ込まれ、ペニスでポルチオを愛でられ続ける。


「んッ……んッ……んふぅッ! なんていやらしいアクメなのッ? ……こんなにッ、こんなにチンポ穴締めつけてッ……くぅううううッ! んッ……イクイクしながらッ、こんなにオマ〇コでチンポ舐めしゃぶってッ……あふぅッ! いやらしい子ッ……本当にお前はッ……スケベでいやらしい子ッ……んはァッ……」


「おほッ……おお、おぅうううッ! うぐッ……イグゥッ、イグイグゥッ……うううッ、奥ひゃま……いやらしぐてッ、ごめんなひゃぃッ……くぅうううッ! イグッ! まだイグゥッ! いぐぅううッ……うううッ、うう……」


だらしなくアクメし続ける私に、奥様の意地悪な言葉が飛ぶ。
そんな揶揄する言葉すら、今の私には素敵な甘露になってしまう。

激しい興奮と羞恥の中、愛液を滲ませながら蠢き昂ぶり続ける膣壺が嬉しい。
奥様の逞しい陰茎にグリグリとこねるように責め立てられ、はしたなく屈服してしまって。
膣奥で汁に塗れていやらしく熱を帯び、疼きながら震え続けるポルチオが堪らない。
パンパンに張り詰めたヌルヌルの亀頭で、何度も何度もブリブリと扱かれ、プリュンプリュンと転がされ、しつこくしつこく念入りに嬲り抜かれて。
アクメの中で次のアクメが生み出され、身体の中が悦楽に沸き返る様な。
膣壺が、ポルチオが、身体中の感覚を全て悦びで塗り潰してしまう様な、濃厚なアクメで。

「おッ……おほ、おほおおお……おほ~~~ッ、んほォ……んふぅ、ふぅ……くぅうン……くううン、くうううン……あふッ、あふぅううう……」


心地の良い電流が股間から背筋へ伝わり、頭の奥へ何度も何度も走り抜けて行く。
深い愉悦が頭の中で、パチンパチンと白く弾け、私は言葉にならない声を上げ続ける。
股間からお腹の中まで、全部気持ち良い。
本当に、本当に濃厚なポルチオ・アクメで。
やがて身体の芯まで震える様な、堪らないアクメの余韻が徐々に和らぎ始めても。
それでも私の身体は恥ずかしげもなくうねり続け、股間の肉襞も奥様のペニスを貪り続けた。


「んはぁッ、はぁッ……んッ……こんなに乱れて……くぅッ、んふぅ……なんて自分勝手なアクメなのかしら? お前は本当に悪い子ね……? ん、んッ! んはァ……まだこんなに締めつけて……あふぅ、んはぁ……悪い子……本当に悪い子……淫らな悪い子よ? ふふッ……ん、んちゅうううぅ……レロォ、ぷちゅ、レロレロレロレロォ……ちゅうううぅ、ぬるるぅ……」


「んはぁッ……あはァ、ん、はぁ……はぁ……はぁ……くぅ、んッ……奥ひゃま、ご……ごめんなひゃぃ、あふぅッ、んふぅうう……悪い子でごめんなひゃ……あぅ、ん、んちゅ、ぬちゅうううぅ、ぷちゅッ、レロレロレロォ……」


激しいアクメに曝された身体が、漸く落ち着きを取り戻し始めて。
でも、呼吸は未だに乱れたままで。
はしたなく喘ぎ吐息を洩らす私の唇を、奥様の艶やかな唇が柔らかに塞ぐ。
同時に奥様の舌先が、私の唇の隙間から、ぬるりと滑り込んで来る。
濡れた舌先で口内を弄られる感覚が、信じられない程に官能的で、私は震えながら奥様のキスを味わい続ける。


「んちゅ、んちゅ……レロレロレロォ、んちゅうううぅ……んはぁッ、奥ひゃまァ……好きィ、好きれふゥ……んちゅ、ちゅ、ベロォ……ベロベロベロベロォ……ぬるるるぅ、ぷちゅ~……」


「ぷちゅううぅ……ぬるるるぅ、ベロベロベロベロォ……はふぅ……もう、ヒナったら……ふふふッ、私もヒナの事、愛してるわ……ん、んちゅううぅ、すちゅうう……レロレロレロォ……」


汗まみれで奥様に縋りつき、存分にキスを味わう。
キスだけで無く、奥様の体温も、匂いも、身体の柔らかさも、声も、全てを味わってしまう。
こんなにも淫らで、退廃的で、いやらしいのに、心の底から安らいでしまう、愛おしくて甘えてしまう。
同時に、もっともっと虐められたいと思ってしまう。
奥様に虐められて、責められて。
奥様の前でだけ曝け出せる、なにひとつ取り繕わない私を見て欲しいと思う。
奥様の身体の下で、私は自分が何処までも解放される喜びに震えていた。


【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

レズれ!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆