FC2ブログ

ふたなりフェラ同時射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

182.【心ゆくまで口淫プレイ.11】
ふたなりフェラ同時射精アクメ

◆ ◆ ◆

「んふッ! んふッ! んちゅうううううッ!! ベロベロベロベロォ……じゅるるるるぅッ! んはぁッ! おッ、奥ひゃまッ……くぅンッ! レロレロレロレロォ……ぷちゅ~~~~ッ! ぶちゅぶちゅぶちゅ、ぬるるるぅ……んふぅ、奥ひゃま、気持ち良いれしゅッ! くぅうううンッ! ん、ん、んちゅ~~~ッ! ベロベロベロォ……」


奥様の白い腰を左手で抱き寄せながら、怒張したペニスの先端を夢中で舐め回している。
右手の指を脈打つ陰茎に絡ませて、シコシコと扱きながら亀頭にしゃぶりつき、吸い上げる。
私の口の中で、滾るように熱い奥様の亀頭がヒクヒクと蠢き、鈴口からプリュプリュと汁を吐く。
快楽に蕩けて零れだしたペニスのトロミ汁を啜り上げつつ、私は懸命に奉仕を続ける。
そうやって奥様のペニスを愛で続けていないと、直ぐにでも達してしまいそうなほど心地良くて。
私の怒張したペニスも、奥様の口の中でドロドロの汁を吐きながら、快感に震えていた。


「じゅぶッ! じゅぶぶぶぅッ! ベロベロベロベロベロォッ! ヌブブブゥッ……ぷはぁッ! レロレロレロォ、んふぅ、この変態ッ! こんなにチ〇ポ勃起させてッ! ベロベロベロォッ! んへぇッ、はへぇッ、ぬちゅ~~~ッ! んはぁッ……真面目ぶりっ子の癖にチ〇ポ汁垂れ流してッ!! この先っぽが悪いのねッ!? レロレロレロレロォッ……んちゅ~~~~ッ!! レロレロレロォ……んはぁッ! ばっちい汁いっぱい出て来るわッ……はぷぅッ! ちゅるるるるぅッ!」


奥様の舌が、私のペニスに絡みついている。
敏感に育った亀頭が、ヌルヌルの舌でベロベロと舐め回され、扱き抜かれて。
その幸せな快感に、どうしようも無く奥様の口の中で汁を洩らしてしまう。
すると奥様は舌先を細く尖らせ、汁を洩らす鈴口をニュルニュルとほじる様に舐め上げるのだ。
それは腰が震え出してしまう程に甘く激しい刺激で。
しかも陰茎に添えられた右手が絶えず上下に動き、ペニスから卑猥なエキスを搾ろうとする。


「んちゅッ! んちゅッ! んはぁッ!? はへぇッ! 奥しゃまッ……先っぽばっかりッ、オチ〇ポらめになりゅッ! くぅううううンッ!! レロレロレロレロォッ……あへぇッ! んはぁッ……気持ち良いれしゅッ! んふぅッ! こんなのッ……すぐにイクイク来ちゃうッ、らめェッ! はぷぅッ! んちゅッ! ぬちゅぬちゅッ! レロレロレロレロォッ!」


その快感の深さに、私は思わず腰を引こうとしてしまう。
でも奥様の手のひらが、私の尻を抱えて逃げられない様にしている。
ああ……そして何よりも。
尻肉の谷間へと忍び込んだ奥様の指先が、私のアヌスを捉えているから。
ペニス快楽にヒクヒクと収縮を繰り返すアヌスを、奥様の指先がぬるりと犯している。
恥ずかしい窄まりに、濡れた指先をクチュクチュと浅く出し入れして虐めている。


「ベロベロベロォッ! んちゅうううッ! んはぁッ……チ〇ポの先っぽしゃぶられて嬉しいんでしょう!? んちゅうううッ……んふぅ、お尻引いて逃げないのッ! ん、んちゅ、はふぅ、ヒナは淫乱なふたなりチ〇ポ娘なんですからねッ、チ〇ポしゃぶりされてアヘアヘ悦べば良いのよッ!? はぷぅ、ちゅ~~~ッ! んはぁッ! お尻の穴を弄られてッ、チ〇ポしゃぶられてッ……レロレロォッ、ばっちいザーメンッ……ドビュドビュお出しなさいなッ……んちゅ~~~ッ! ベロベロベロベロォッ!」


こんな事をされたら、腰を引く事が出来なくて。
どんどんペニスが気持ち良くなってしまう。
アヌスまで気持ち良くされてしまう。
快楽から逃れる事を許されないまま、奥様は私をアクメへ導こうとしているのだ。
それもアヌスを責めながらの恥ずかしいアクメに。


「んふぅッ!? ふぅ~ッ! ふぅ~ッ! んはぁッ!? らめェッ! くぅうううンッ!! レロレロォ……おッ、おふッ! こんなにされたらッ……すぐに汁でちゃうッ! 駄目な汁ッ……奥様のお口にいっぱい出ちゃうッ! うぅ……むちゅううう、べろべろべろッ! レロレロレロォ……んはぁッ! お尻ッ……アヌスらめェッ!! あふぅうッ……んちゅ~~~ッ!!」


こんなにもいやらしくて優しい愉悦、堪える事なんて出来ない。
だから私は自分が心地良い分、奥様にも感じて貰いたくて。
自分がされて嬉しい事を、奥様のペニスにして差し上げる。
ブリンブリンに張り出した亀頭のエラ、その段差を確かめる様にベロンベロンを舐め回す。
亀頭の裏筋を舌の表面で擦り上げる。
ぬるぬるの唇粘膜で亀頭粘膜をムチュムチュと愛撫する。
そして、トロミ汁の溜まった鈴口に、柔らかな舌先をこじ入れるようにニュルニュルと責めるのだ。


「んちゅッ! んちゅッ! んんんッ!? んはぁッ! ヒナったらッ……そ、そんなに先っぽしゃぶってッ! 普段からチ〇ポ弄ってオナニーばっかりしてるからッ!! こんなにチ〇ポしゃぶりが上手なのねッ!? 悪い子ッ!! ヒナのチ〇ポもッ!! いっぱい虐めてあげますからねッ! ンッ、んちゅ……ちゅ~~~ッ!! レロレロレロレロォッ! ぬるぬるッ……ブジュブジュブジュゥッ!! じゅるるッ、ぬりゅぬりゅぬりゅぅッ! ンンッ! んふーッ! んふーッ!」


奥様の腰が、お尻が、嬉しそうに弾ける。
悦んで下さっている事が、口に含んだペニスからもはっきりと伝わって来る。
何よりも、私のペニスを責める奥様の舌先が、私が舐め回す箇所と同じところを舐るのが。
私がされたい事を奥様にしている……それを奥様は知っているから。


「ぶじゅるるるるぅッ!! ぬちゅ~~~ッ!! チュポォッ!! んはあッ! お、奥様ァッ! そこらめッ……気持ち良くてッ、おかしくなりゅッ……イクイク来ちゃぅッ、んちゅ、ベロベロベロベロベロォッ!! じゅるるッ……はぷぅッ、ぬちゅぬちゅッ! ぬちゅぬちゅぅッ! んへぇッ! はへぇッ! おほぉおおッ!! お尻らめなのにィッ!! くぅううンッ……んちゅぅうううッ……」


奥様の舌先が私の弱いところをレロレロと虐める。
ヌルヌルの口内粘膜で亀頭を包み込んだまま、ジュポジュポと扱く。
陰茎の裏側を刺激するように、右手でシコシコと気持ち良くされて。
アヌスもニュポニュポと指で悪戯される。


「ぬるるるぅッ……レロレロレロレロレロォッ! じゅぶぶ、ちゅ~~~~ッ!! チュポォッ! んはぁッ……アヌス嬉しそうにキュンキュン締めつけてッ!! チ〇ポしゃぶりもアヌスも大喜びじゃないッ! このドスケベッ! はぷぅッ……ぬるるるぅ、ベロベロベロォッ! んはぁッ! ほらほらッ……くちゃくてばっちい汁ッ、いっぱい出しなさいッ! んちゅ~~~~ッ!! ベロベロベロベロベロォッ、ぬちゅぬちゅぬちゅぅッ!」


私も奥様のペニスを懸命にしゃぶる。
ジュポジュポと頭を揺らして吸い上げながら舐め回す。
奥様の体温が、腰の動きが、ペニスの臭いが、味が、溜まらなく愛おしい。


「んちゅッ! んちゅッ! んひぃッ! イクイクなりゅッ! オチ〇ポ汁ッ……イクイクって出ちゃうッ! んちゅぅうううッ! ベロベロベロベロォッ! ん~~ッ!! はへぇッ!! レロレロレロレロォッ!! ぐぶぶぶぅ……じゅるるるるぅ、じゅるじゅるぅッ! ちゅ~~~ッ!!」


私は奥様の口の中で、我慢する事無くカウパー液を垂れ流してしまう。
動く腰はアヌスごと縫い止められ、もうアクメから逃れる事が出来ない。
来てしまう。
気持ちの良い、アクメが来てしまう。


「ぐぽッ! ぐぽッ! んちゅ~~ッ! んはぁッ! こんなに先走りチ〇ポ汁滲ませてッ!! 変態ッ! スケベッ! ンッ! レロレロレロレロォッ!! んはぁッ! チ〇ポしゃぶりながらッ! ベロベロベロッ! あふッ、チ〇ポしゃぶってアクメしなさいッ!! ふたなりチ〇ポ汁ッ、出しなさいッ!! んちゅ~~~~ッ!! ぶちゅぶちゅッ……じゅるるるるぅッ! ぬちゅうううッ! ぬるるるぅ……」


奥様に罵られて、叱られながら。
奥様の口の中に、いやらしい欲望の汁をいっぱい。
気持ちが良くて、嬉しくて。
もう我慢出来ない。
出ちゃう。
濃いのが出ちゃう。


「ん~~~ッ!? んふーッ! んふーッ! 奥ひゃまッ……んぐんぐッ!! んじゅ~~ッ!! ジュロロロロォッ! ぬちゅうううッ!! ぶじゅるぅ~~ッ!!」


同時に奥様のペニスもドクンドクンと激しく脈打って。
亀頭がヒクンヒクンと震え出して。
奥様のペニスも濃厚なミルクを搾り出そうとしていて。


「んくぅッ! んくぅッ!! ブジュブジュブジュッ……じゅるるるぅッ! ぬちゅ~~~ッ! じゅぶぶぶぶぅッ! ぐぶぶぶぅッ! ぬちゅ~~ッ!!」


「レロレロレロレロレロレロレロォッ! ぬちゅ~~~ッ!! じゅるるるるるぅッ!! ブチュブチュブチュッ! んんんーッ! ぬるるるるるぅッ!」


こんなの。
ペニスが気持ち良くて、イクイクってなる。
アヌスが気持ち良くて、イクイクイクってなっちゃう。
口の中の奥様のペニスがイクイクイクってヒクヒクしてて、汁塗れの亀頭が嬉しくて。
ヌチュヌチュで、臭くて、熱くて、美味しくて、もう我慢出来なくて。
そして。


「ん~~ッ!! んぐぅッ!! んぐんぐぅッ!! レロレロレロォッ!! んんッ!? ぶちゅ~~~ッ! じゅろろろぉッ!! んぐぐぐぐッ!? ンゴンゴンゴンゴォッ!! おごぉおおッ!! ん゛う゛う゛う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ! う゛ッう゛ッ!! んじゅ~~~ッ!? ゴクゴクッ! ゴクッ! ゴクゴクゴクッ! ングゥッ……むちゅぅううううッ! ベロベロォ、ゴクゴクゴクッ! オゴゴゴォッ……」 


「んぐッ! んぐッ! んぐゥッ! ベロベロベロォッ……ちゅ~~~~ッ!! んふぅううッ!! んんんッ!? ゴクゴクゴクゥッ!! ゴクゴクッ! んはぁッ!! 熱いチ〇ポ汁ッ……ベロベロベロォッ!! ヒナったらこんなにィッ……んちゅ~~~~ッ!! ゴクゴクゴクゴクゥッ!! んちゅ~~~ッ!! う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛ッ! う゛ッ!……」


頭の奥が、ジーンと痺れるほどペニスが気持ち良かった。
ドクンドクンと脈打ちながら、奥様の口の中いっぱいに。
思いっきり、ザーメンを注ぎ込んでいる。
たくさんたくさん。
臭い汁……奥様に飲ませてしまっている。
同時に奥様のペニスからも。
私の口の中へ、舌の上へ、喉の奥へ、ビュルビュルビュルビュル……と。
大量のザーメンが撒き散らされて。


「ゴクゴクッ……ゴクゴクゴクッ、ゴクッ! う゛ッ! う゛ッ! ンジュルルルルルルゥッ!! ちゅ~~~~~ッ!! んぐぅッ!! う゛ッ! ゴクゴクゴクゴクッ! ゴクゴクゴクゴクッ!! んぐぅうううッ!!」


「んッ……んッ……う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛ッ! んちゅ~~~~ッ!! ゴクゴクゴクゴクッ! んぐぅッ! ベロベロベロベロォッ……んぐぅッ! ゴクゴクッ! んんんッ……」


こんなにたくさん飲まされてしまう。
こんなにたくさん飲ませてしまう。
奥様と私、二人で一緒に、お互いのペニスを存分に貪りながら。
最高の悦びを分け合っていた。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

クリスタル映像

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆