FC2ブログ

滑るペニスでポルチオを嬲られて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

159.【快楽二穴責めSEX .5】
滑るペニスでポルチオを嬲られて

◆ ◆ ◆

大きなダブルベッドの上。
私は柔らかなブランケットに紅潮した頬を押しあて、よだれを垂らし嬌声を上げています。


「おッ……おッ……おほぉおおおッ!? んほォッ……おッ! おふッ! くぅッ……んきィ、気持ち良ィンッ!! 気持ち良いれしゅッ! くぅうううううッ!! らめッ……しゅごいのッ、これッ……奥ひゃまァッ!! ンぁああああああッ!! あ~~ッ!!」


両手は背中で拘束されて、うつ伏せのまま、お尻だけを高く突き上げて。
股間から込み上げ続ける激しい快楽に、私は背中を反らせて喘ぐばかりです。
たっぷりと時間を掛けて調教され、極上の性感帯へと仕上がってしまったアヌスと膣壺。
この二箇所から堪らない悦びが湧き上がり、私の理性をドロドロに蝕んでしまうのです。


「んッ、んッ! ほらッ! 入って行くわよ? 小町のいやらしい穴にッ! チ〇ポどんどん入っちゃうわよ? んはぁ……こ、こんなにムチュムチュ頬張って……なんていやらしいチ〇ポ穴なの? あふぅ……しっかりジュッポジュッポしてあげますからねッ! 気持ち良い時はッ……ちゃんと何処が気持ち良いのか言うのよ? 良いわねッ……? ほらッ……アヘアヘ悦んでないでッ……お返事なさいッ!」


奥様は膝立ちの姿勢で、私の背後からお尻に両手を添えると、そのままゆっくり私の尻肉の中心へ向かって、腰を突き出します。
快楽に囚われ蜜を垂れ流す私のスリットに、反り返った怒張を少しずつ挿入しているのです。
ああ……少しずつ、少しずつ、ズルズルと入り込んで来るのを感じます。
その硬さと形がはっきりと伝わって来るんです。
トロトロになるまで弄ばれ、熟し切った膣壺の肉襞が、奥様のペニスを存分に堪能しているんです。その逞しい陰茎に、ジュルジュルと這い回りながら絡みついてしまうんです。
熱を帯びてぼってりと張り詰めた亀頭を、ヌルヌルと蠢きながら味わってしまうんです。


「おッ……おほッ! くぅッ……は、はいッ! きッ……気持ち良いッ、気持ち良いれすッ! くうぅうううううッ……オッ、オマ〇コッ!! 小町のオマ〇コがッ……きッ、気持ち良いれすッ!! んはぁッ!! おふぅうう……気持ち良くてッ、んふぅッ……小町ッ……変になっちゃいそうれしゅッ!! うンッ……ンッ、んほぉおおッ……」


奥様に命じられるがまま、私は性器の俗称を口にし、湧き上がる肉の悦びに酔い痴れます。
もう恥ずかしさなど感じる余裕もない程に、下半身が融けてしまいそうな程に心地良くて。
膣壺へズルズルと入り込むペニスの熱さに、身も心も屈服するしかないんです。
尻肉に添えられた奥様の両手に、ぐっと力が込められました。


「んッ……良いお返事よ? んふッ……それじゃあ……良いお返事が出来たご褒美を上げますからね? しっかり愉しみなさいなッ……んッ、んふッ……ほらほらッ……んッ、んッ! 小町の一番嬉しいトコロ……しっかり犯してあげるッ! んッ……ほらッ! ほらッ! どうッ!? どうかしらッ!? んッ……んくぅッ……ンッ!」


奥様の声が響くと同時に、膣壺に納まったペニスが一気に動き始めて。
ブリブリに張り詰めた奥様の亀頭は、濃厚な滑りをまとったまま、膣最奥に辿り着いたのです。
ぬぬぬぬぬぅ……と、身体の奥底を揺さぶられる様な深い官能が沸き上がるのを感じました。


「ンッ……んふッ、んほッ!? おほぉッ!? お~~~~ッ!? おおおお~~~~ッ!? くぉおおンッ……おふッ!! んふッ……ふッ、おッ! おおおおおおお……おッ!! おふッ、きッ……きてりゅッ!! きてりゅンッ!! んぐッ……くぅうううッ!! んッ……んおッ、おほぉお~~~~ッ!!」

 
ああ……ポルチオ責め、ポルチオ虐めなんです。
奥様のペニスがとうとう、私のポルチオを捉えてしまったんです。
そのまま、ぐぐぐッ……と。
滑る亀頭で舐め回す様に嬲られるのを感じて。
私のポルチオにドロドロのカウパー液を擦りつける様な、卑猥な動きなんです。
奥様のペニスが私のポルチオを捉えたまま、グリグリと蠢いているんです。
堪らない愉悦に、私は理性を失ったかの様な声を上げるばかりなんです。
そんな私をなじる様、奥様は叱責なさいます。


「んッ……んッ……んふッ! くぅッ……ほらッ! ほらほらッ! 気持ち良いかしらッ? お返事はどうしたのッ!? またアヘアヘしか言ってないわよッ? チ〇ポの味はどうなのッ? んッ……んくぅッ! くぅンッ……ちゃんとお答えなさいなッ! チ〇ポ嬉しすぎて答えられないのッ? 淫乱メス穴でチ〇ポもぐもぐしてないでッ、ちゃんとお答えなさいなッ!! ほらッ!! ほらッ!!」


奥様は私のお尻に自身の腰をぴったりと密着させています。
そのまま怒張した極太ペニスを根元までしっかりと膣壺に挿入し、そのまま円を描く様にグリグリと、或いは左右に揺さぶる様にグニュグニュと、私の膣壺の最奥を掻き混ぜる様に腰を動かすのです。
その緩やかな動きは艶やかな亀頭を通じて、快楽にヒクつくポルチオへと伝わるのです。
堪らない心地良さが、そこから溢れ出して来るんです。


「おッ……おひッ……おヒィンッ!! もッ、申し訳ッ、ありませンッ!! くッ、ひくぅッン……くぅッ、きッ、気持ち良いッ!! 気持ち良いれすッ! ……おッ、うぐぅッ、くぅンッ!! こッ、小町のッ、小町のオマ〇コッ! お、奥様のオチ〇ポでッ、オチ〇ポがヌルヌルでッ!! くぅううンッ!! 頭変になりゅほどッ……良い、気持ち良いれすッ!! 良いッ……良いのッ!! ポルチオ良いッ!! 良いッ!! んひぃいいいいッ!! イクイクきちゃいそうれすッ……!」


もう自分が何を言っているのか判らないほどに気持ち良くて。
ああ……嬲られているんです。
私の身体の最奥で、最大の悦びを司る場所を。
はち切れそうに勃起して、カウパー液でヌルヌルのペニスで弄ばれているんです。
欲望のままに怒張した硬い硬い肉竿で、快楽を穿り出されてしまうんです。
理性も、羞恥も、全てを飲み込む愉悦を、ポルチオから紡ぎ出されてしまうんです。
快感の深さを味わう様に、私はベッドに伏したまま淫らに喘ぎ、身体を震わせ続けるのでした。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

クリスタル映像

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆