FC2ブログ

ピストン責めで濃厚ポルチオアクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

154.【快楽ポルチオSEX .10】
ピストン責めで濃厚ポルチオアクメ

◆ ◆ ◆

薄暗い来客用の寝室に、私の恥知らずな嬌声が響いています。
なんて滑稽な浅ましい声なんだろうと思っても、止める事が出来ないんです。
気持ち良過ぎて声が漏れてしまうんです。
股間から湧き上がる強烈な刺激が、背筋を伝わって頭の中で弾けるんです。
奥様が腰を動かす度に、幾らでも快楽が沸き上がってしまうんです。

ああ……ですがこれは過剰な快楽なんです。
アクメを迎えたばかりの膣壺には激し過ぎる快感なんです。
甘酸っぱい悦びよりも、気持ち良過ぎる辛さが性粘膜に響いてしまうんです。


「んおおおおッ!? おほぉおおッ!? おッ……おッ……おッ……おほッ!? オ、オチンポッ……出たり入ったりしてりゅッ!? んおッ!? おほッ……おッ、おふぅンッ!! 小町の中にッ……出たり入ったりすりゅのッ、らめッ……おほおおおッ!! 気持ち良過ぎて……良過ぎましゅからァッ!! んほぉおおッ!!」 


「んッ……んッ……お前はとってもいやらしい子だからッ……んッ!! んふッ!! こんな風に虐められたら……必ず気持ち良くなっちゃうのよッ!? ほらッ……良く見えるでしょうッ!? んッ……小町のッ、トロトロおま〇こにッ……チンポがジュッポジュッポって出たり入ったりするトコロッ……んッ! んッ! 敏感女の子穴ッ……犯されて嬉しいでしょうッ!? ふふッ……もう少しゆっくり動かしてあげるッ! 自分のオマ〇コがチンポに犯されるトコロ……しっかり見てお勉強なさいッ!! んッ……どんな風に犯されているのかッ、私に教えるのよッ!! んふッ……」


奥様はベッドの上に膝をつき、仰向けに寝そべる私にペニスを挿入したまま、そう仰って。
私は両脚をM字に大きく開き、自身の股間からドロドロのペニスがゆっくり引き抜かれるのを、奥様に命じられるがまま、見つめるしかありません。
私が見つめるその先、濡れそぼる自身の股間からズルズルと抜き出されるペニス……その陰茎には、桜色の性粘膜がムチュムチュと絡みついています。
ぬちゅぬちゅぅ……という、酷く淫靡な音と共に引き抜かれて行くのが凄くて。
本当に凄く卑猥なんです。


「あひッ……ひあぁ、ああッ!? ……太いのがッ、出て来りゅッ! ンッ、んひッ! ヒィインッ!」


ゆっくりと引き抜かれた極太ペニスは再び私の膣壺に、ブジュルゥ……という音と共に嵌り込んで。
ヒクヒクと痙攣しながら蠢く私の性粘膜に、血管を浮き立たせた陰茎がズブズブと沈んで行きます。
途端に膣壺の内からトロトロの愛液が、極太ペニスに押し出される様、プジュウウウ……と溢れ出し、
大陰唇から尻肉の谷間に沿って、ツツーッと、アヌスの方にまで流れて行くのです。


「はふッ……入りゅッ、入ってくりゅッ!! ち、ちんぽ入ってくりゅッ!! くぅうううッ……うぅッ! んひぃいいッ!!」


鮮烈な刺激が股間から染み出し、私はまた声を上げてしまいます。
ヌルヌルの膣壁を、パンパンに張り詰めた大きな亀頭が、ゾリゾリと擦れながら入り込むんです。
未だ敏感なGスポットを奥様の熱い亀頭が、ゆっくり舐る様に擦り上げるんです。

それは背筋が震えるほどの感覚で。
そして目にしている光景の卑猥さも堪らなくて。
あんなに太くて長いモノが、私の中に入り込んでしまうなんて。
その淫靡な状況だけで、頭の芯がジーンと痺れてしまうほどなんです。

その上。
ズブズブと性粘膜を押し広げつつ、深く深く入り込み続けたペニスの先端が。
膣奥で熱を帯びてシクシクと疼くポルチオに、ヌルルルルルゥ……と接触するんです。
途端に濃い愉悦が、股間の奥の奥から、ジュワァ……と染み出してしまいます。
ああ……奥様のパンパンに張り詰めた亀頭が、私のポルチオをヌルヌルと嬲るんです。
そのまま、ぬぬぬぅ……と、ツヤツヤの亀頭で甘く押し上げるのが。
どうしようもなく、堪らなく、快感なんです。
アクメを迎えたばかりで辛い筈なのに。
ポルチオへの甘美な刺激は、身体の奥底を揺さぶる様な悦びなんです。


「おおおおッ!? んほぉおおおッ……ほぉおおおンッ!! おお……奥にィッ! おふぅッ……奥に当ってりゅッ! ……おぐぅッ……ンッ! おほおおおッ……」


ポルチオを突き上げたペニスは、そのままズルズルと膣壁を擦りながら這い出して行きます。
ビンビンに傘を開いた奥様の亀頭……硬く張り出したヌルヌルのエラが、膣壺の気持ちの良いトコロを、ゾリゾリゾリッ……と、掻き出す様に引っ掛かりながら抜けて行くのが、本当に凄くて。
蕩け切ったGスポットを亀頭のエラで、ブリュブリュブリュゥッ……って引っ掛かるのが。
目の前が白くなって滲むほどなんです。


「ほぉ~~~ッ!? ……おお!! おほぉ~~~ッ!!! ……ンぉおッ!! おお、おおお……はぉ~~~ッ! お、お……」


抜け出したペニスの陰茎にはまた、ヌルヌルの性粘膜が物欲しげに纏わりついていて。
亀頭は膣口を大きく押し広げ、膣壺から抜け出す縁にまで這い上がっていて。
そんなペニスがまた、膣奥に向かってズルズルズルゥ……と、入り込んで行くんです。
キュウウウンッ……と搾る様に閉じた膣壺をグイグイと押し広げながら、ニュニューゥッ……と。
そしてまたポルチオに、にゅるるるぅ……と擦り付けられて。


「ほぉおおおッ!? おッ……おッ……おほぉおおンッ!! ポルチオしゅごいッ!! くぅうううッ……」

奥へと突き入れられたペニスはまた、ジュルルルルゥ……と、引き抜かれて。
引き抜かれたペニスは再び奥に向かって、ヌルルルルゥ……と、押し込まれて。
ああ……少しずつ早く動き始めたんです。

また引き抜かれて。
また押し込まれて。
また出て行って。
また入って来て。

一突き毎に心地良さが膨らんで行くんです。
一往復毎に卑猥な悦びが満ちて行くんです。
ピストンなんです、いやらしいピストン運動が、私をおかしくしてしまうんです。


「おほおぉおおおッ!? おおぉッ……おふぅうッ!! 出たり入ったりすりゅのッ……しゅごぃッ!! お股が変になりゅッ……小町おかしくなりゅッ!! くぅうううッ……お大事気持ち良くてらめェッ!! もうらめッ……奥しゃまッ!! これッ……小町ッ! ピストンされてッ……頭おかしくなりゅンッ!! アヒィイイイイッ!!」


「んッ……んッ……んふッ! くぅッ、……そうよッ! お前はチンポでピストンされるとッ……気持ち良くて頭がおかしくなっちゃうのよッ!? しっかり見てお勉強できたかしらッ!? 可愛い女の子穴にッ……勃起チンポねじ込まれてッ! ジュッポジュッポされるとッ!! ふぅッ……んはぁッ! お前は何回でも気持ち良くなるのッ!! ほらッ!! おま〇こ犯されて嬉しいでしょッ!? ほらほらッ……チンポ出たり入ったりッ! んッ! んッ!! 小町のオマ〇コにッ……チンポ出たり入ったりッ!! 気持ち良いでしょッ!! んッ……んッ……」


ああ……出たり、入ったり、出たり、入ったり、出たり、入ったりなんです。
私の白いワレメを大きく広げながら、性粘膜をクチュクチュと歪めながら、奥様のペニスが。
何度も何度も、ジュッポジュッポってピストンするのが。
ああ……気持ち良いんです。
本当にどうしようもなく、頭が変になってしまうくらい気持ち良くて。


「んひぃ~~~ッ!! 気持ち良いッ!! チンポォッ……チンポ出たり入ったりしゅごぃッ!! ピ、ピストンされてッ、頭変になりゅッ……おかしくなりゅッ!! 気持ち良くてらめになりゅッ!! んッ……んんッ……んほぉおおおッ!! おおおお……、おーッ、おーッ……」


愛液が飛び散って、ペニスの付け根とスリットの間に透明な糸が幾筋も引いて。
もう……もうこんなの、駄目なんです。
ペニスで膣壺をピストンされて、それを見せつけられて、気持ち良くていやらしくて。
さっきまで辛かった膣壺が、驚くほど気持ち良くて、Gスポットが快感で、ポルチオが幸せで。
もう限界なんです。
こんなのイクイクってなるしか無いんです。
さっきイクイクしたばっかりなのに。
もう我慢出来ないんです。
いやらしいイクイクってなる新鮮なアクメ感覚が、私の頭を蕩かしてしまって。


「ほぉおおンッ……おおおッ!? くぉおおおォッ!! イクイクきちゃぅッ……イクイクなりゅッ!! くぅううううッ!! 奥しゃまッ……小町気持ち良いのッ……オマ〇コォッ!! オマ〇コッ良くてッ……イクイクなりゅッ……もう、もうイクイクしましゅッ……んほぉおおおおおッ!? おッ! おッ! おおッ……イクイクしゅるッ……イクイクなりゅッ!!! お゛ッ!? お゛ッ!? お゛お゛お゛お゛ッ!!」


「んッ! んッ! んふぅッ!  イクイクなさいッ……ヌルヌルのオマ〇コにッ……チンポ出し入れされてッ! イクイクするのよッ!! ほらッ……気持ち良いッ! ピストンされてオマ〇コ気持ち良いッ!! オマ〇コ犯されて気持ち良いッ!! チンポで犯されてッ……何度も何度もおま〇こイクイクなさいなッ!! んッ……ンふッ! くぅッ……んッ! んッ! んッ! ほらほらッ! ほらッ!」

ジュッポ! ジュッポ! ジュッポ! ジュッポ! ジュッポ! ジュッポ!
卑猥な音が凄くて。
奥様の熱くて硬いペニスが、何度も何度も激しくピストンして。
膣壺が切ない悦びで満たされて。
愛液が溢れ返って、どうしようも無く気持ち良くて。
よだれ塗れの唇から、悦びの声が溢れ出して。


「んお゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛ッ!? お゛ッ……お゛お゛ッ!! ピストンしゅごッッ……おちんぽピストンッ……くぅううううッ!! イッ……イクイクイクッ!! イックゥウウウウウウッ!! んお゛お゛お゛お゛お゛ッ!? おッ……イクイクッ! おッ……おッ……おッ……おほッ!? お~~~~~ッ!!」


太い快感のパルスが身体中を駆け巡っています。
気持ち良い感覚が、私の頭の中で、何度も何度も弾け続けて。
背中がキューンと弓なりに持ち上がって。
爪先までピーンと伸び切って。
もう駄目なんです。
イクイクなんです。
イクイクになったんです。


「おおおッ!! イッ……イクイクッ!! イクイクイクッ!! イグイグイグイグゥッ!! うぅ……おおおッ!! イグッ!! イグッ!! んほぉおおおおおッ!! おッ! おおおッ!! ほぉおおおお!!! イクイクッ……うぅううううッ!! んほおおおおおおおッ!! イグイグッゥ……うぐぅッ!! うぅッ!! お゛ッ! お゛ッ! お゛ッ! お゛お゛お゛……ッ」


自身の身体の中で奥様のペニスを感じながら、私は快楽の果てを存分に味わいます。
何もかも忘れて激しく仰け反りながら、蕩ける様なアクメの悦びを心の底から堪能するのでした。


◆ ◆ ◆


「イグイグゥッ、イクゥッ……ッお゛お゛お゛ッ……イクイクッ!! くぅううううッ!!んくぅうううッ!! ンッ!! ンッ! イグイグイグイグゥッ、くぅ~~~~ッ!!お゛ッ……お゛ッ……お゛ッ、お゛お゛お゛……」


全身を駆け巡るアクメの悦びに浸り、酔い痴れています。
仰向けのまま両脚はM字、背中を弓なりに反らせて迎えた至福の絶頂。


「オグッ!! イグイグッ……イグッ……イグイグゥッ……ううッ!! うぅッ、んぐぅ……ん、んほぉ、お、おお、おおお……おンッ……ン、ン、ンはぁッ……はぁ、はぁ、はぁンッ……ん……」


股間の性粘膜……愛液で泥濘切った膣壺には、奥様の極太ペニスがみっちりと納まったままで。
ドクドクと脈打つ陰茎の硬さが、ネットリとポルチオに絡む亀頭の熱さが、堪らなく心地良くて。
アクメの余韻に全身がヒクつき、私は膣粘膜で反り返る奥様のペニスをキュンキュンと食い締めてしまうのです。
その度に股間から鮮烈な悦びが湧き上がってしまい、快楽の残滓は長く長く尾を引きました。


「あふッ……くぅ、んふぅ……あ、ああ、んはぁ……はぁ……はぁ……はぁ……」


奥様が優美な微笑みを浮かべながら私の上へ、ゆったりと身体を沈めます。
柔らかで温かな奥様の身体が私の身体に絡みつくとそのまま、きゅっと抱き締めて下さって。
幸せな抱擁と同時に、甘い甘いキスを頂きます。


「ん……んちゅ、ちゅぅ、レロレロレロォ……んふぅ、くふぅううン、ベロベロ……ぬるるるぅ、んちゅうううううぅ……くちゅぬるう、んはぁ、奥様ァ……アン、んちゅぅ、レロレロ……」


「ちゅ、ちゅ、ちゅぅううう……ぬるるるぅ、ベロベロ……んくぅ、レロレロレロレロォ……ちゅ~ッ、くちゅ、ぬるるるるぅ……くふぅ、小町ちゃん……良い子よ? ふふッ……ン、ベロベロベロォ……」


奥様の力強い舌が私の舌に絡みつき、嬲るように舐られ、ジワジワと吸い上げられて。
トロトロの唾液をレロレロと舐め取られ、奥様の唾液をトロトロと流し込まれて。
ヒリヒリとしたアクメ感覚に満たされたままの私を慰撫するような、濃厚だけど優しいキスなんです。

舌先が淡く痺れるほどの悦びに包まれるまで、たっぷりとキスを愉しんで。
やがてゆっくりと奥様の唇と舌が遠ざかり、光る唾液の糸が滴るのを感じて。
奥様は濡れた唇を私の耳元へと這わせ、私を抱き締めたまま優しく囁きました。


「ふふッ……とっても可愛くて、いやらしいイクイクだったわよ? んふぅ……はぁン、小町の中に入ったままのオチンポ……、とっても気持ち良いわ……。温かくて、キュンキュン搾られるみたいで……んッ、はふぅン……ご奉仕上手な良い子ね、小町は……ふふッ! ん……」


奥様は私の首筋に何度かキスをして、そしてからかう様に淡く腰を動かしました。
私の膣壺には、まだ精を放っていない奥様の極太ペニスが根元まで納まったままで。
緩やかに蠢くペニスは、そのまま私の膣壺最奥……ポッテリ熟したままのポルチオを揺らしました。
途端に下半身が痺れるほどの喜悦が沸き上がってしまって。


「あふッ!? くぅうンッ!! ひ、ひうぅッ! うぅン……んはぁ……はぁ……お、奥様ァ……」


淫欲の焔は未だ消えておらず、私は喘ぎながら奥様にすがりつきます。
そんな私の様子に、奥様は愉しげな吐息と共に悪戯っぽく仰いました。


「今日は小町の事、いっぱい虐めたい気分なの……。んふぅ……良いでしょう? 小町の事……たくさん虐めて……んッ、切なげなお顔が見たい……ごめんね? 小町……」


奥様の体温と鼓動、柔らかな匂い、そして身体の内側からも伝わる脈動。
ああ……私はもう、身体の隅々まで全て奥様のモノなんです。
私は奥様の首に腕を回し、キスを求めながら言います。


「奥様ッ……奥様ッ、ん、ンチュ……レロ、ンチュウウウゥ……レロレロ、ヌルルゥ……んはぁ、奥様、小町は……奥様にだったらどれだけ虐められても良いんです……。どうか存分に……小町を……小町で愉しんで下さい……ン、ン……チュウウゥ、ベロ、ヌルヌル……レロォ……」


たっぷり責められて、虐められて。
でも、それが……それすら心地良くて。
奥様になら何をされても、嬉しいと感じてしまうんです。
そんな私の言葉に、奥様はトロトロのキスで応えて下さいました。


「んちゅうううううッ……レロレロ、ぬるるるぅ……ちゅるるるぅ、くちゅううぅ……ベロベロォ、ちゅううぅ……んはぁ、はぁはぁ……あン、もう……どこまで私を悦ばせてくれるの? ふふッ、良い子……小町は本当に良い子ね。大丈夫よ……思いっきり虐めて、小町が蕩けてしまうくらい可愛がってあげる……んッ、んふぅ……ん、ん……」


奥様はそう仰って、ゆっくりと身体を起こします。
同時に私の股間から、奥様の怒張がぬるぬると抜けて行きます。


「あッ……あッ、奥様ァン……ああ……あン……」


極太ペニスが膣壺をゾロリと抜け出る感覚に、私は思わず声を上げてしまいました。
奥様はそんな私を見下ろして優しく微笑むと、ベッド脇のサイドボードに右手を伸ばします。
伸ばした手の先には、ベッドに入る前、奥様が畳んで置いたタオルがあって。
奥様はそのタオルを横に退かすと、タオルの下から円筒形の小さな物を手に取りました。


「あ……」


私は奥様が手にした物を見て、思わず小さな声を上げてしまいました。
それは、以前ネットで目にした事のある玩具……ローターと呼ばれるものでした。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

LADY×LADY

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆