FC2ブログ

アクメの余韻の中で更に犯されて

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

152.【快楽ポルチオSEX .8】
アクメの余韻の中で更に犯されて

◆ ◆ ◆

薄暗い寝室に据えられた柔らかなダブルベッドの上。
私は蕩ける様な悦びの中、汗まみれの身体をくねらせて喘ぎ、身悶えています。

全身が、甘く痺れる様に心地良くて。
頭の中が、真っ白に融けて輝いている様で。
気持ち良い……本当に、本当に気持ち良いんです。
ああ……アクメなんです。
イクイクなんです。
奥様に犯されて、イクイクってアクメさせて頂いたんです。


「お゛ッ……! お゛お゛ッ……お゛ッ! お゛ほッ……おぉ、イグゥッ、イグイグゥ…くぅ……んお゛……おほぉ……奥ひゃまァ……うぐぅ、くぅ……」


奥様は仰向けに寝そべる私を押さえ込み、くびれた腰を優美にうねらせ、快楽を紡いだんです。
ヒクヒクと収縮を繰り返す私の膣壺に、何度も何度もペニスを抽挿し、犯し抜いたんです。
腰がうねる度、コリコリに勃起した私のクリトリスを、陰茎の付け根がにちゃにちゃと刺激して。
愛液に塗れた膣壺の快楽ポイント……Gスポットを、大きく張り出した亀頭のエラでブリブリと扱いて。
何よりも膣壺の最奥で熱を帯びて震えるポルチオ性感帯に、ヌルヌルのペニスがキスを繰り返して。
私の股間で息づく性感帯が、全て同時に幸せな滑りの中で狂わされてしまったんです。
身体の奥底から、狂おしい程の悦びが溢れ出してしまったんです。
性器が、股間が、背筋が、頭の中が、ジーンと蕩ける様な素敵な快楽。
イクイクなんです。
犯されアクメなんです。


「んぉッ……お゛ッ…… お゛ほッ、んほぉ……お、おふッ……んん、ん! んちゅうぅううう……レロレロレロォ……ぬるる、ベロベロォ……クチュゥウウ、ぬちゅぬちゅぅ……んはぁ……はぅ、お、奥しゃま……くぅ、んちゅぅううう……」


「ん、んちゅぅ……ちゅぅううう、レロレロレロォ、くちゅぅ、ヌルルルルゥ……ベロベロベロォッ、ぬちゅぬちゅ、くちゅ……んふぅ……小町ィ、ン、んふぅ……ぬちゅぅ、レロレロォ……ぬるるるぅ、ベロベロォ……」


身体中を駆け巡るアクメの残滓に翻弄され喘ぐ私に、奥様はねっとりと絡み付く様なキスを下さいます。
奥様の長い舌が私の口内を隅々まで舐り、私も奥様の舌に舌を這わせては、思う存分貪ります。
激し過ぎるほどの快楽アクメを迎え、その後に頂けるキスの味が。
本当に素敵で。

弾け飛びそうに過敏な神経の昂ぶりを、奥様の柔らかな舌が優しく慰撫してくれる様で。
トロトロの長いキスを終える頃、私は幸せな余韻に浸りつつ、奥様に甘える余裕を取り戻すのです。


「んちゅぅうう……ちゅ、レロォ、ん、んはぁ……はぁ、んふぅ……ふぅ……お、奥ひゃま……ん……こ、小町は……き、気持ち良い、気持ち良かったれす……んぅ、はぅ……」


「レロレロォ……ちゅぅ、クチュクチュ……んふぅ……んはぁ、はぁ……ふふッ……気持ち良かったのね? 嬉しそうなお顔だこと……本当に可愛いんだから……ん、んちゅ……んふぅ……」


余りにも深い快感に零れてしまった私の涙を、奥様は唇でそっと拭い、そして優しく微笑みます。
その穏やかで美しい笑みを見ると、私は心の底から満ち足りた気持ちになるんです。
ですが、私の股間……愛液と快楽で泥濘の様に蕩けた膣壺には、未だ奥様の怒張が納まったままで。
奥様が軽く身体を動かすだけで、私の股間から淫靡な愉悦が生まれてしまうんです。
ブリブリに張り詰めた奥様の亀頭が、膣壺の奥で息づいたままのポルチオをムニムニと弄るんです。

「あふッ!? くゥンッ! んふぅッ……くうぅンッ!! あふぅン……ん、んはぁ……」


ほんの僅かな刺激なのに、達したばかりで過敏な身体にはジーンと染み入るほど響いてしまって。
堪え切れず、はしたない声を上げてしまう私に、奥様が悪戯っぽい笑みを浮かべました。


「あらあら……ずいぶんと可愛い声で喘ぐのね? ふふッ……大丈夫よ? これで終わりじゃありませんからね……? 淫乱で欲張りな小町ちゃんは……んッ、一回チンポでイクイクしただけじゃ、全然足りないものね? すぐに……んッ……こうやって、んッ……オマ〇コ気持ち良くッ……してあげるッ……んふッ、んッ! んッ!」


私の耳元に濡れた唇を近づけ囁くと、奥様はゆっくりと腰をうねらせ始めたのです。
途端に、奥様ペニスを飲み込んだままの膣壺から、芳醇な悦びがトプトプと湧き出して来て。
ドロリとした濃厚な喜悦が、再び私の性粘膜を犯し始めたのです。


「……ひッ、ひあッ!? ひあああッ!? あひぃンッ!! くぅうううンッ!! ヒッ……ひぃいいいンッ!! お、奥ひゃまァッ!? まだらめッ……んッ、んひィッ……んひぃいいいいッ!? んひぃッ!! んおッ!? んおッ!! おッ……おッ!? おッ!?」


堪える事なんて到底叶わない、極太の快感が股間から突き上がって来ます。
ペニス、ペニスなんです。
奥様のペニスがまた、私の性をドロドロに狂わせてしまうんです。
ああ……ですがその濃厚な快楽は、達したばかりの身体には強烈過ぎるほどで。


「おほぉッ……おッ、おッ……あひぃッ!? ひぃいいンッ!! らめッ……奥様ッ、そんなッ、あひッ……ふぅッ……らめッ! アヒィッ、ヒィンッ!! んおッ……おッ、んほォッ!! あひぃッ……くうぅンッ!! まだッ……おほおおォンッ!!」


「ふふッ……とっても辛そうね? でも駄目よ? 許してあげないわッ……何度も言ったでしょうッ? 何回イクイクしても許さないってッ……ほらほらッ! んッ! んッ……んふッ! 感じ過ぎて辛そうなお顔ねッ! んッ……んッ! 良いわッ! そのお顔ッ……とっても可愛いッ! んッ、んッ……でも安心なさいなッ!! すぐに気持ち良くしてあげるッ……アヘアヘって悦ぶくらいッ……チンポ好きのアヘ顔にしてあげるわッ!! んッ! んッ!」 


輝く様に白く、流れる様に美しい曲線を描く奥様の裸体。
その曲線が優々と波打つ度に、私はよだれを垂らしながら喘ぐのです。
奥様の体温と匂い、鼓動、息遣いを感じながら、過剰な性の愉悦に悶えるんです。
M字に開いた両脚が、ビクンビクンと跳ねて踊り、股間からも淫蕩な音色が漏れ出して。
私はまた、性欲と肉欲に塗れ、ドロドロになるまで蕩けてしまうんです。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

REIKA-PLANNING

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆