FC2ブログ

メイドのアヌスを奥まで味わう奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

140.【ご褒美クンニ責め .6】
メイドのアヌスを奥まで味わう奥様

◆ ◆ ◆

奥様は輝くほど美しい裸身に、白いバスローブを羽織っていらっしゃいます。
そして、ソファの足元を覆う柔らかな絨毯の上に膝をついて座っています。
顔を突き出す様に上体を前へと倒し、伸ばした両手で私の両脚を、ぐっと押し広げています。
そのまま、ソファに座る私の股間に顔を埋め、思う存分舐めしゃぶっているのです。

始めはクンニリングス……女性器を口で愛撫する性行為だったのです。
ですが今はもう違うんです、クンニリングスではないんです。
奥様が嬉しそうに舐め回しているソコは、私のお尻の穴……アヌスなんです。
何があっても人に見せる事なんて、決して有り得ない場所なんです。
そんな恥ずかしい場所を、誰にも知られたくない場所を、私は奥様に舐め回されているんです。


「ぬるるるッ……ぬりゅぬりゅッ、ベロベロベロベロォッ! じゅるるるぅッ……ちゅーッ! ……んふぅッ! 美味しィンッ……小町のアヌスゥンッ! くぅ……レロレロォ、ベロベロベロッ! ベロベロッ! ぬちゅううううぅ……ぬ、ぬりゅりゅぅッ、ぶちゅうううううぅッ! んはぁッ! 愛液の染み込んだ可愛いお尻の穴美味しいのッ! もっと奥まで……んちゅぅッ、ぬりゅぬりゅぅ……んぷぅ、舐め舐めしてあげましゅからねぇ? んちゅ~~~ッ!!」


「らめらめェッ!? 奥様ァッ!? んひぃいいンッ! ……くぅううッ、あふッ、はぁあああンッ!! お尻ィ、お尻らめれすゥッ……くぅッ、あああン、お尻気持ち良くされたらッ……小町、頭変になりゅッ……もう、変になりゅぅうううッ!! んひぃいいンッ、くぅうううンッ!!あああああンッ!!」


レザーソファに寝そべるほど浅く座らされた私は、両脚をM字に大きく開いています。
エプロンドレスと下着を脱がされ、両手は背中に回され、バスローブの帯で縛られています。
汗塗れの裸を波打たせながら、湧き上がる快楽に翻弄されているのです。
ですがその快楽の源は、普段なら決して感じたりしない筈のトコロ……アヌスなんです。
なのに私は、指でアヌスを弄られ、こね回され、舌で舐め回される中で、すっかりアヌス責めの快感に目覚めてしまったんです。

もう隠しようも無く、アヌスが気持ち良いんです。
奥様にお尻の穴を舐め回されて嬉しくて、気持ち良いんです。
頭が変になる程の羞恥と悦び……もう私は、奥様の思うがままなんです。

奥様は美しい相貌をいやらしく歪ませながら、ヌルヌルと舌を伸ばし、私のアヌスを舐ります。
しなやかで強くて長い舌が、私のアヌスをヌチュヌチュとほじるんです。
奥様の指でタップリと解されたアヌスは、奥様の舌先を少しずつ受け入れ始めてしまって。


「ぬちゅぅううううッ……ぬるるるるぅ、ずにゅうううッ……ぐちゅぐちゅッ! ん……んん……ぶちゅぶちゅ、ジュポッ……ジュポッ……ジュポジュポッ、ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ちゅちゅーーッ! ジュポジュポジュポッ! ジュポッ! ジュポジュポジュポジュポジュポジュポッ!」


そしてとうとう奥様は私のアヌスに、お尻の穴に、ジュポジュポ責めを始めたんです。
ああ……これは駄目なんです。
ジュポジュポというリズムは、私を本当におかしくしてしまうんです。


「んはぁああああッ!? それッ……それらめッ!? んひぃいいッ!! んッ……んんッ……くぅうううッ、おほぉおおおッ!! んひぃッ……ジュポジュポされてりゅッ! 変になりゅッ……もう変にッ、くぅううううッ! んほッ! ほぉおおおンッ!! 良いッ! お尻良いッ……お尻の穴良ィンッ!! もっとッ……もっと小町のお尻穴、ジュポジュポしてくらさィンッ!! あああああああンッ!!」


もう駄目なんです。
アヌスもジュポジュポされてしまったんです。
もう我慢出来ないんです。
お尻の穴を、奥までベロベロって舐められたいんです。
ジュポジュポが欲しいって、奥様におねだりしてしまったんです。
私、本当に悪い子なんです。

こんな不浄な場所を奥様に舐めて頂いて、嬉しくて、股間がヒクンヒクンと痙攣するほどで。
お尻の穴を舐られる快感が、背筋をゾクゾクと震えさせるんです。
頭の芯までジーンと痺れる様な、羞恥塗れの深い悦びなんです。

奥様は私のアヌスに激しくキスする様に吸いつき、そのまま舌を抽挿するんです。
ジュポジュポジュポジュポ……唾液と愛液に塗れた舌先で、私の尻穴をピストンするんです。
柔らかくてヌメヌメとした舌が、尻穴を味わう様にグリグリと蠢いては深く入り込むんです。
アヌスの内側を味わいながら、レロレロと抜け出すんです。
アヌスの締めつけを愉しみながら、ヒクつきを確かめながら、チューチューと吸い上げるんです。私のアヌスは完全に奥様のオモチャ……性の玩具なんです。


「ぬるるるぅ……んちゅううううぅ~~ッ! んぷぁッ……ベロベロベロォ、んはぁはぁ……気持ち良いのねェ? お尻をジュポジュポされて気持ち良いのねェ? この変態ィンッ! ん、ぬるるるるぅッ……くぅうンッ! 変態ちゃんのドスケベアヌス美味しィンッ! 小町のお尻の穴、美味しいのォッ!! ンジュルルルルッ! ぬるるるるぅ……んへぇ……アヌス粘膜ゥ、美味しいわよォ? こんなにキュンキュン喜んでェ……お前は本当に悪い子ねェッ! おねだりまでしちゃって……ん、ベロベロベロォッ! んちゅうううううッ……んふぅ、あふぅ……美味しい、美味しい、レロレロレロォ……ジュポジュポジュポジュポジュポッ! あええぇ……はへぇ……ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ! ジュポッ!」


「ンはぁンッ! くぅンッ!! 奥様ァッ……奥様ァッ! ああああンッ!! お尻気持ち良くてェッ……ごめんなさぃッ! あふぅッ……ん、んおッ! おほぉおおンッ!! 頭変になりゅッ……恥ずかしぃッ! でも気持ち良ィンッ! お尻がスケベなりゅッ……スケベなりゅゥンッ!! くぅうううンッ!!」


激し過ぎるアヌスへの口淫は、私の理性をドロドロに蕩かしてしまって。
私は自身の身体から染み出す卑猥な愉悦を、心の底から愉しんでいて。
肉欲と羞恥のブレンドが、こんなにも深い快楽を生み出すなんて。
どこまでもどこまでも気持ち良くて。
このいやらしくて、粘着質で、糜爛した悦びに、私は深く浸るのでした。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

グラビジョン

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆