FC2ブログ

トロトロ性器を舐め回す奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

136.【ご褒美クンニ責め .2】
トロトロ性器を舐め回す奥様

◆ ◆ ◆

明かりの消えたレセプションホール。
私は柔らかなソファに浅くもたれ掛かり、両脚を大きくM字に開いています。
メイド服も下着も全て剥ぎ取られ、身につけている物はと言えば、ホワイトブリムとガーターベルト、オーバーニーのストッキングのみです。
両手は背中で拘束されて、動かす事も叶わず、前を隠す事など出来ません。
汗の滲む肌も、揺れる乳房も、蕩け切った股間も、恥ずべき場所全て、奥様の前に曝け出して。
ですが今は、羞恥よりも快楽を求める気持ちの方が遥かに強くて。
むしろ……これ以上無いほどに、卑猥で淫らなご褒美を期待してしまうのです。

奥様はソファに座る私の正面、美しい裸身に軽くバスローブを羽織っただけの姿で絨毯の上に膝をつき、身体を前へ乗り出すような姿勢で座っています。
そのまま両手を伸ばして私の内太ももに沿え、閉じない様に押さえています。
そして、その美しい相貌を私の股間へ埋めようとしているのです。


「あ……ああ……あ、あ、ああ……奥様ァ……」


「舐めるわね……? 舐めるわよ……? 気持ち良い時は気持ち良いって言うのよ……? はァ、はァ、あえぇ、えろぉ……れろぉ、れろろぉ……はへェ……はへェ……」


濡れ光る紅色の唇を大きく開き、唾液の糸がたっぷりと絡まる紅い舌を、長く伸ばしています。
ああ……とうとう私の股間を、性器を、存分に舐って下さるんです。
あの長くて強い、ヌルヌルの舌で、隅々まで蕩けるほど舐め回して頂けるんです。
あと少し、あとほんの少しで。
私は奥様の口許から目が離せなくて。
奥様の熱い吐息が、スリット内側の性粘膜を震わせて。
そして。


「はぷぅ……ちゅちゅー、ぬじゅるぅうううううぅ……ちゅちゅーーッ! ジュロロロロォッ……ベロベロベロベロォッ! じゅるるるぅッ……レロレロレロレロォッ! おぶ、はおぉ……ぬるるるるるぅ……ベロベロベロベロベロォッ! ……じゅるるるるッ!」


「んひぃッ!? んひぃいいいいいッ!! くぅううンッ!! あふぅッ……うぅッ……くぅうううンッ!!  お、奥様ァッ!! あふッ……くぅッ、き、気持ち良いッ! くぅンッ……き、気持ち良いれすッ!! あああッ!? い、良いンッ! んはぁああ……あああああンッ!!」


大きく開かれた奥様の唇が、私の股間に湿った音を立てて吸いつきました。
同時に、ヌメヌメとした柔らかな舌が、スリットの奥へぬるりと滑り込みます。
唾液に塗れた奥様の舌先は、絶え間無い性的刺激の中でポッテリと膨らみ、熱を帯び、ドロドロの愛液に塗れた性粘膜に触れるや否や、激しくかき混ぜるかの様に、ベロベロと舐め回し始めたのです。

途端に、染み入る様な心地良い刺激が、股間の奥底から沸き上がって来ました。
クリトリスといわず、膣口といわず、膣前庭といわず、スリット内側の泥濘きった性粘膜を、全て同時に、唾液塗れの長い舌がジュルジュルと舐り上げるのです。
しかもスリット全体を覆う様にしゃぶりつかれ、ジワジワと吸い上げられながら舐められるんです。
こんなの気持ち良いに決まっているんです。


「ぷじゅぅううううううう……ちゅーちゅーッ! じゅるるるッ! レロレロレロォ……ベロベロベロォッ! ぬるるるるぅ……はぷぅ、んちゅぅうううううッ……ぬちゅぬちゅぬちゅッ! ちゅちゅ、ぬるるるるぅ……レロレロォ……じゅぶぶぶぅ……じゅろろろろぅッ!」


「あひぃいいいッ!! んぃッ……ひぃいいンッ!! くぅうううッ……ん、ん、んああああッ!! 気持ち良いッ……気持ち良いれす、奥ひゃまッ! くぅううう……んほぉッ!! はぅううッ! ううぅン……良い、気持ち良いのぉッ!」


奥様のしなやかで強い舌が、激しく勃起したクリトリスを、チロチロとくすぐる様に舐め上げます。
小陰唇をこね回す様にレロレロとなぞり上げ、膣前庭を味わう様に舌が這い回ります。
尿道口を啜る様にと吸い上げては舐め擦り、愛液に塗れた膣口をベロベロと舐り回すのです。

股間のスリット……その内側で息づく粘膜は、ごく小さな性器官なのに、下半身全てが甘く融けてしまう様な、大き過ぎる性の快楽を止め処も無く溢れさせるのです。
もう、どうしようも無く、純粋に気持ち良くて。
奥様にしゃぶって頂いている股間が、本当に本当に気持ち良くて。


「んじゅるるるるぅッ……ベロベロベロベロォッ! レロレロッ! レロレロレロレロォ……ぬるるるるぅ……ちゅーーッ、ちゅちゅちゅぅううううッ! ……んへぇ、んぶぅ、美味ひぃンッ! ベロベロベロッ! んちゅーッ……はへぇッ、小町の女の子粘膜美味しいのォンッ!! あへぇ……ベロベロベロ、じゅるるるるるぅッ! ぬじゅぬじゅぬじゅぅ……ちゅーッ!」


「あひッ! ふひぃいいいンッ! くぅうううッ……ふひぃッ! らめッ! 奥様ァッ……小町のッ、小町の……あひぃンッ!!  凄いよぉ……凄いのッ……お、奥様ァッ!? あひぃンッ! お、お、お、おほぉ……そ、そんなに舐めるなんてェ……小町はもう……ああああンッ!!」


長い睫毛を震わせ、欲望に瞳を潤ませ、奥様は私の恥ずべき場所を見つめながら舐めしゃぶります。
白磁の様に艶やかな頬を鮮やかに紅潮させ、私の股間に吸いついていらっしゃるんです。
唾液の糸を纏わりつかせた紅い唇で、愛液に塗れた私の性器を存分に舐めしゃぶるのです。
美しくて優しくて知的な奥様が、私の恥知らずな性器を、おくちで慰めてくれているんです。

蕩ける様な悦びが、私の股間に注がれているんです。
身体中がピクンピクンと弾ける様に痙攣してしまって。
開いたままの両脚もガクンガクンと跳ね上がって。

奥様のおくちの中で、私の蕩け切った性粘膜は、幾らでも愛液を染み出させてしまいます。
奥様はそんな卑猥なエキスを、うっとりとした表情でレロレロと舐め取るんです。
愛液を舐め取られる刺激に、私の性器は更に深い悦びに打ち震えて。
留まる事無く繰り返され、激しさを増して行くクンニリングスのご褒美。
私は快楽に身を任せて嬌声を上げながら、奥様の性奴隷である事に、深い悦びを感じていました。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

GreeeN apple

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆