FC2ブログ

スパンキング調教で愉悦アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

134.【メイドお仕置き調教 .10】
スパンキング調教で愉悦アクメ

◆ ◆ ◆

お尻が、ジンジンと痺れています。
身勝手な自慰に耽り、快楽ばかりを求めた罰として、奥様にお尻を打たれているのです。
メイド服は脱がされ、身につけているものはと言えば、ホワイトブリムとガーターベルト、オーバーニーのストッキングのみ、両手はバスローブの帯で後ろ手に縛られています。
乳房も股間も隠す事が出来ないまま、私はソファに座る奥様の膝に身体を投げ出し、うつ伏せのまま剥き出しのお尻を突き出した格好で、お仕置きを受けているのです。


「……あと三回よッ! あと三回お尻を叩いたら、イクイクのご褒美をあげるッ!! 嬉しいでしょッ!? お尻叩かれて嬉しくなっちゃうでしょッ!? ありがとうございますって仰いな!? ほらほらッ! 卑しいマゾの雌奴隷ちゃんッ!」


打擲される痛みを噛み締めながら、私は奥様にお尻を捧げます。
何度も何度も激しく打たれ、私のお尻は熱を帯びてしまう程なんです。
ですがこの痛みに耐えれば、奥様は再び私に快楽を与えて下さるのです。
痛い思いをすればするほど、後のご褒美が堪らなく心地良くなると、そう仰って。
この痛みが全て、私を蕩かせてしまう程の悦びに変わるのだと思うと、耐えられてしまうのです。

ああ……ですが。
本当は違ったんです。
お尻叩きに耐えれば愉悦が頂ける……だから我慢出来る、では無かったのです。
お尻を打たれる、その事自体が……気持ちの良い行為になってしまっていたんです。

尻を打たれる直前、私はアクメ寸前まで責められていたんです。
クリトリスとアヌスを徹底的に愛でられ、幸せ以外の感覚が無くなるまで追い込まれていたんです。
あと一息、あと僅かで、頭の中が真っ白になってしまう、そんな状態だったんです。
そんな状態だったのに、奥様は手を止めてしまい、私をアクメさせる事無く放置したんです。

アクメ寸前でお預けされてしまった性粘膜とアヌスは、ジュクジュクと激しく疼いたままで。
そんな煮え滾るような物足り無さの中、奥様は尻叩きのお仕置きを私に与えたのです。
弾ける様な力強さでお尻を打たれると、ヒリつく様な痛みがビンビンと響くんです。
強い刺激が、お尻から股間へ伝わって来てしまうんです。
甘く熟し切った性器を、アヌスを、震わせる程の刺激なんです。
その刺激が、お尻を打たれる感覚が、どうしようも無く気持ち良く感じられてしまって。


「お、お尻叩き嬉しいッ! お尻叩きされて……嬉しいれすッ! くぅッ……気持ち良いッ! くぅうンッ……ううンッ! 奥様にお尻を打たれて……気持ち良いれすッ……ありがとうございますぅッ! はうぅンッ! 奥様……お尻叩きありがとうございましゅッ……!!」


とうとう私は、自分がお尻を叩かれて快感に震えている事を告白してしまったんです。
お尻を打たれて悦んでしまう、いやらしい娘なのだと、奥様にお伝えしてしまったんです。
もう、どうしようも無い変態になってしまったんです。
私の言葉を聞いた奥様は静かな……それでいてはっきりと興奮が伝わって来る、艶やかな声で仰いました。


「……どうしようも無い変態メイドね、お前は。ふふッ、良いわ……あと三回、思いっきり打ってあげる……。ドスケベなマゾの淫乱メイドが悦ぶように、思いっきり痛くしてあげますからね……。覚悟なさいな? ふふふッ……それじゃあ、打つわよ? いいわね……?」


奥様は滑らかな手のひらで、私の尻肉をぴしゃりぴしゃりと、ほんの軽く、二度三度と打ちました。
それは、今からここを打つわよ……と、告げる様で。
そうしておいてから奥様は、尻からゆっくりと手を離しました。
そして。

ピシャアッ!! 

痺れる様に強烈な痛みがお尻の肉を震わせました。
奥様が私のお尻を強く打ったのです。


「ひぅうンッ!!」


力強い打擲に、私は思わず声を洩らしてしまいます。
更に奥様は激しく打った直後に、その箇所を慰める様、手のひらで優しく撫で回したのです。
それは蕩けそうに緩やかな、素敵な触り方で。
痛みと心地良さが綯い交ぜになったお尻の感覚が、更にかき混ぜられる様で。
その幸せで心地の良い感覚に、私は声を洩らしてしまうんです。


「あッ……んぁッ、あぁンッ、くぅン……」


その直後に再び。
ピシャアッ!! 
電気で打たれたかの様に、鋭い痛みがお尻で弾けました。


「ふあああッ!? んんんッ……くぅンッ!!」


染みいる様な痛みと悦びに、私は涙ぐんでしまいます。
ですがその直後に奥様はまた、私をお尻を優しく慰撫するのです。
更にその指先は、お尻をゆるゆるとなぞりつつ、尻の谷間へと滑り込んだのです。


「ひぁッ!? あ、ああぅ……ンッ……あッ!」


奥様の指先は、熱く潤ったままのアヌスの縁をスリスリと淡く刺激し、更にトロトロの愛液に塗れたスリットの上から、硬く勃起したままのクリトリスを、クニュクニュと微かに転がしてみせたのです。
たちまち私の下半身に、悦びのパルスが走り抜けました。
強い痛みを与えられて過敏に育った神経は、奥様の与える幸せな悪戯を、極上の悦びとして受け取ったのです。


「あひッ!? くぅううンッ! んあッ! あッ! あィンッ!」


股間がヒクつき、私のスリットから新鮮な愛液が染み出すのを感じます。
奥様の悪戯が気持ち良いんです。
ですが奥様は、最も感じる箇所を敢て直接触らず焦らす様、くすぐる程度に弄るのです。
それはまるで、この気持ちの良いトコロは後で思いっきり可愛がってあげる……と、予告しているかの様で。

ああ……そうなんです。
あと一回、あと一回お尻を打たれたら。
私は奥様から、アクメのご褒美を頂けるんです。
そう思うと、こうやってゆるゆると緩やかな快楽を与えられるより、鮮烈な痛みの後に与えられる、強烈な愉悦が恋しくなってしまって。
私は奥様の悪戯を受け入れながら、股間とアヌスをヒクヒクと震わせては、最後の激しい痛みを期待してしまったのです。

やがて奥様の指先が、私の性感帯からそっと遠ざかりました。
とうとう打って頂けるんです。
私はシクシクと疼くお尻を、クイクイッと突き出す様にして、奥様の打擲を待ちます。
待ち遠しいんです。
打って欲しいんです。
そして。

ピシャアアッ!!

「ンヒィッ!! ……んッ! んッ!? あひィッ! ……んきゅぅうううンッ!!」


奥様の手のひらが私のお尻を、激しく打って。
ビリビリとした鮮烈な刺激が、打たれた箇所から股間へと響いて。
同時に、私の股間がキュンキュンッ……と、激しく収縮を繰り返して。
一瞬。
私の頭の中が、真っ白になったんです。


「あッ……んあッ! あひィン……くぅうン……」


気持ち良い……お尻が、そして股間が気持ち良くて。
なんとも言えない浮遊感に包まれたまま、私はその刺激に酔い痴れて。
ああ……私。
私、とうとう、奥様にお尻を打たれて、軽いアクメを感じてしまったんです。


◆ ◆ ◆


「あふッ! くぅうン……んッ、んッ……くふぅン、うン……んはぁ……あ、あ、あぁ……」


頭の中が白く霞み、腰の奥が甘やかな感覚に満たされています。
頬が熱く火照り、全身が震えるほどの素敵な高揚感。
ああ……私、奥様のお仕置きでアクメを感じてしまったんです。
手のひらでお尻を何度も打たれて、その激しい刺激に悦びを感じたんです。
もう、どういう言い訳も出来ないほど、私は変態になってしまったんです。

ソファに座る奥様の膝の上、メイド服を脱がされた私は、汗まみれの裸身を晒しています。
後ろ手に縛られたまま、うつ伏せ寝そべり、剥き出しのお尻を奥様に差し出しています。
奥様は差し出された私のお尻を、こってりと弄びつつ、たっぷりとお仕置きしたのです。

何度も何度も手のひらでお尻を打ち、痛みでお尻が過敏になったところを見計らってクリトリスとアヌスをアクメ寸前まで責め抜き、昂ぶらせるだけ昂ぶらせてから改めてお尻を打ったのです。

弾ける様な鋭い痛みと、蕩けるほどに幸せな性的快感を交互に与えられて。
そして、お仕置きの後に施されるご褒美アクメの約束が待ち遠しくて。
身体が、心が、奥様に与えられる刺激全てを悦びとして受け取ってしまったんです。
私のお尻を存分に打ち据えた奥様は、愉しげに囁きました。


「……小町は今、ひょっとして、こっそりイクイクしてたのかしら? ……どうなの?」


奥様は私のお尻を優しく撫でながら、そう質問されたのです。
ああ……。
やっぱりお気づきになられたんです。
私がお尻を打たれて、アクメを感じてしまった事に。
奥様は確認するように、改めて問い質しました。


「小町のお尻、凄くヒクヒクしてる……。可愛いワレメちゃんも、信じられないくらい嬉しそうにキュンキュンして、トロトロのおツユ溢れさせて……。それにさっき、最後の一回、お尻を強くペチンってしたら……小町ったら私の膝の上に、ちょっぴりピュッピュしたのよ……? 気づいてた? 自分がピュッピュしたこと。……どうなの? 小町はお尻を打たれて、こっそりイクイクピュッピュしたのかしら……?」


「あ……ああ、あの、私……はぃ……」


「お尻を打たれて、イクイクピュッピュしたのね……? ちゃんと仰いな?」


「ああ……はい……私は、お尻を打たれて……イクイクになっていました……ごめんなさぃ……」


隠す事など到底叶いません。
私はお尻を打たれてアクメしてしまった事を、奥様に告白したのです。
ああ……ピュッピュまでしていたなんて。
余りの恥ずかしさに、身体が熱くなってしまいます。


「……ふふッ、お尻を打たれてイクイクしちゃうなんて、小町はとんでもない子ね。どうしようも無いマゾのドスケベ変態ちゃんなんだから……。そう、イクイクピュッピュしたの……? ふふふッ……」


奥様は羞恥に震える私のお尻を、優しく撫でながら静かに仰いました。
ですが、その声は微かに震えていて。
興奮している事がはっきりと伝わって来るんです。


「小町が私の膝の上で、信じられない様な淫乱アクメしちゃうから、私もう……我慢出来ないの……。お尻叩きでイクイクピュッピュしたばっかりの可愛いおもらしマンコ……思いっきり舐め回すわね? 膣壺の奥まで舌でジュッポジュッポして……おしっこ穴もチューチュー吸って……ビンビンのクリトリスもしゃぶり回してあげる……。 気持ち良くて頭がおかしくなっちゃうまで、ベロベロ舐め回して……メス射精イクイクさせてあげる……」


「あ……ああ……くぅン、奥様ァ……」


「……おま〇こしゃぶりでイクイクしても終わりじゃないわよ? 私のチンポ……さっきからずっと、ビンビンに勃起してるの……。こんなに勃起しちゃったら……小町のトロトロのチンポ穴にみっちりハメ込んで……思いっきりジュポジュポしないと納まりがつかないわ……。イクイクピュッピュしたばっかりの敏感おま〇こ……小町のチンポしごき穴を……チンポで奥までジュッポジュッポしますからね……? 小町が何回ポルチオアクメしても止めてあげないわ……。チンポは出入りしっぱなしよ? チンポとオマ〇コの事以外、何も考えられない女の子にしてあげる……。アクメ漬けでアヘアヘしか言えないメス奴隷にしてあげる……」


「ふぁあああ……ああン、あああン……お、奥様ぁ……ああ……」


奥様の艶やかな唇から零れだす、肉欲に爛れたドロドロの言葉が堪らなくて。
性の匂いを放つ奥様の言葉は、私の耳の奥へたっぷりと流れ込んでは、頭の中をグチュグチュに蕩かしてしまうのです。
ああもう……身体が疼いてしまうんです。
奥様の膝の上、私は身悶えてしまいました。


「……小町はどう? 愛液塗れのオマ〇コをジュルジュル舐め回されて……アヘアヘ奴隷になりたい? 勃起クリトリスをちゅーちゅー吸われながらベロベロしゃぶられて、ピュッピュってメス射精しちゃうような……おもらしアクメ奴隷になりたい? イクイクしたばっかりの膣壺にチンポをジュッポジュッポ出し入れされて……チンポ漬けにされたい? ほら……どんなドスケベ奴隷になりたいのか仰いな……? 信じられないくらい、気持ち良くしてあげるから……」


私の耳に、奥様の声が妖しく響いて。
絶え間無い愉悦の中で、じっとりと汗に塗れた身体がいよいよ昂ぶり始めて。
もうダメなんです、私も我慢出来ないんです。
これ以上無いくらい、いやらしい私を……奥様に愉しんで欲しくて。
そして私も、頭がおかしくなるくらいイクイクしたくて。
気がつけば、私の口から卑猥な言葉が溢れ出していました。


「ああ……あああ、ああンッ!! お、奥様ァッ! ……こ、小町はッ、小町はッ……トロトロの膣壺を奥までジュポジュポされるのが大好きな奴隷れすッ! 膣壺ジュポジュポして下さいッ、クリトリスもッ……クリトリスも奥様のお口の中で皮剥きクリフェラして欲しいですッ! メス射精するまでクリッ……クリちんぽベロベロして欲しいれすッ!! ああンッ!! もう、私ッ……!!」


性欲塗れの濁り切った言葉が止まりません。
私はもう、なにひとつ偽る事無く、奥様に性のご褒美を乞うたのです。


「わ、私ッ……奥様のオチンポでジュッポジュッポって……ジュッポジュッポってされたいッ……オマ〇コにオチンポ欲しいれすッ!! オチンポ欲しいッ……奥様の太くて硬いの欲しいれすッ!! あッ……あッ……あのスクリーンの子みたいにッ、犯されたいですッ……! あんな風に虐めて欲しいッ、奥様に虐められたいですッ!! 奥様にオチンポで虐められながらッ……いっぱいイクイクしたいれすッ!!」


私の卑猥極まりない告白がホールに響いて。
そしてホール奥のスクリーンでは、手足を拘束された汗塗れのユリさんが、前後ふたつの穴を太い張り型でズボズボと犯されて、既に何度目か判らないドロドロの快楽アクメを迎えているのでした。


【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


◆DUGA特別企画◆
(クリックすると企画ページにジャンプします!)

グラビジョン

アダルト動画 DUGA -デュガ-

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆