FC2ブログ

亀頭バキュームフェラと手コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

08.【フェラチオご奉仕.6】
亀頭バキュームフェラしつつ手コキ責め

◆ ◆ ◆

アロマキャンドルの甘い香りが漂う寝室に、淫らな嬌声が響いています。
ベッドのスプリングを軋ませながら、奥様は汗の滲む白い裸身をくねらせているのです。
私はそんな奥様の足元に跪き、濡れそぼる奥様のペニスにしゃぶりついていました。


「おぶちゅ……ちゅーッ! れろれろぉ、ぶちゅぶちゅ、ぷちゅううううぅ……」


「はぁんんッ! はぁ、ん、良い……良いわァ、くぅうううッ! んはぁ……悪い子の癖にィ、ううン、んはぁ、はぁ……」


奥様は熱い吐息を漏らしつつ、切なげに眉根を寄せています。
心地良さそうな奥様の様子にゾクゾクしてしまいます。
私はカウパー液の滲む亀頭に、ムチュムチュと唇を這わせました。
カリ首まで唇に含み、淫汁の坩堝と化した口内でじっとりと締め上げます。


「…んふーっ! ちゅぶぶぶぅっ! ぬぢゅぶぢゅううぅっ! じゅるる、じゅるるるぅ……」


「ほぉおおッ! おふぅッ! こ、小町ったらいやらしい、いやらしいしゃぶり方して……嬉しそうな顔して、くふぅン……おほほぅッ! おンッ! チ〇ポ好きのスケベェッ……くぅううンッ!」


ベッドの縁に座る奥様は、汗の滲む艶やかな裸身をよじりました。
たっぷりとした乳房が、寝室の薄明かりの中で柔らかに揺れています。

奥様のお言葉通り、私は奥様のペニスを欲しがる変態メイドとして、しつこくご奉仕するのです。
私の粘着質な亀頭責めに翻弄されて、切なげに喘ぐ奥様のお姿。
こんな素敵なお姿を見ていると、もっと奥様に感じて欲しくなってしまいます。
私は脈打つ奥様の陰茎に、右手の指を絡ませました。


「……あっ! ああっ! それぇ……あン、ああンッ!」


奥様の口から、愛らしいよがり声が零れました。
陰茎に絡みつく私の指に気づいたのです。
奥様は期待に満ちた、潤んだ眼差しで私を見つめました。

私は奥様の陰茎を軽く握ると、絞り取る様にねっとりと下から上へ、しごき上げました。
同時に口内で濡れそぼる亀頭にズルズルと舌を絡め、吸引したのです。
亀頭から溢れ出したカウパーを啜る、下品な音が響き渡りました。


「ちゅ~~っ! ぢゅるるるるうぅッ! ずるるるぅ! べろぉ、ぢゅろろぉ、ちゅるるるぅッ!」



「おほォッ! そうよォッ! はぁああンッ! 小町、手コキでしごいてェ! 私のオチ〇ポ、シコシコ責めしてェ……はうぅうううンッ……良いわァ、良いのォ……おおン、シコシコされるの好きィッン!」


奥様は喜悦の表情を浮かべて仰け反りました。
うっとりと夢見るような眼差し。
眉根を寄せ、長い睫毛を震わせて。
紅色に上気した頬。
艶やかで、優雅で、お美しいんです。
陶然と見入りそうなほど素敵です。

ですが、股間でグロテスクに反り返るペニスも素敵なんです。
血管が浮かび上がった、汁まみれのペニス。
艶やかで優雅でお美しい奥様の、極太で青臭いペニス。
そんな臭いペニスをしゃぶっているんです。
堪らない背徳感でした。

私の口の中で、ヌルヌルの亀頭がヒクッヒクッと痙攣しました。
ピュッピュッと舌の上にカウパーの粘液が、無遠慮に撒き散らされました。
ああ、粘っこくて、青臭くて……興奮してしまいます。
私は脈打つ奥様の陰茎を勢い良くしごき立てました。

シッコッ! シッコッ! シッコッ! シッコッ! シッコッ! シッコッ!
小気味良く奥様の陰茎をしごきながら、同時にぬめる亀頭も責めるのです。
口の中で育ち切った亀頭を、頬を凹ませて強く吸引しました。
口内粘膜で亀頭を締めつけつつ、舌全体でベロベロと舐め回します。


「ちゅ~~っ! ぶぢゅぢゅっ! ずりゅずりゅずりゅっ! レロレロッ! んちゅうううぅっ!」


「おほッ!? おふッ! それらめッ! おひィイインッ!! 手コキと一緒に、くひぃッ! 亀頭まで虐めて……ひぃいいいンッ!」


奥様は身体を弓なりに反らせ、甘い嬌声を響かせました。
投げ出されていた左右の脚が、床の上をもどかしげに滑ります。
強い快感に戸惑うかの様でした。

私はよだれとカウパー液が絡みつく、奥様の太い陰茎をしごき続けます。
ペニスの付け根から責められ続けるカリ首まで、長いストロークでしごき上げるんです。


「んふ~っ! んふ~っ! ぼぢゅぼぢゅっ! ぢゅこっ! ぢゅこっ!」


「ほぉおっ! 小町ィ! しごくの良いィ!! シコシコ手コキ良いン!! くふうぅンッ!!」


肉厚なカリの縁にベロベロと舌を這わせました。
くっきりと張り出した凶暴なカリの舐め心地が凄いんです。
太い陰茎と肥大したカリが繋がる部分を舌先でぬりゅぬりゅと舐りました。


「レロォオオオッ!! べろべろぉ!! ……ぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅっ!!」


「おほぉおおォッ!! チ〇ポ舐め凄ィッ!! くううぅ、小町ィ、良い……あふぅッ!! しごき出されちゃう、おチ〇ポシコシコ虐められてェ、カウパーおチ〇ポ汁絞られてりゅッ!! はああンッ!! 変態にチ〇ポいっぱいシコられりゅううぅッ!! おヒィンッ! こんなの絞られちゃうぅッ!!」


奥様は後ろへ右腕を伸ばし、身体を支える様にしながら仰け反りました。
艶やかな長い黒髪が揺れて流れます。
たっぷりとした量感のある乳房が、左右に大きく揺れてています。
全身から噴出した汗が流れ、白い肌の上を滑り落ちてゆきます。
滑らかな腹部を大きく波打たせて、奥様は快感に喘いでいました。

【つづく】


【下に、次ページもしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


DUGA

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆