FC2ブログ

アヌス舐めに興奮するメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆

102.【クリ責めポルノ観賞 .5】
アヌス舐めに興奮するメイド

◆ ◆ ◆ 

照明の消えた、薄暗いレセプションホール。
はっきりと浮かび上がって見えるのは、ホール奥のスクリーンに映写されたポルノ動画のみ。
そのポルノ動画は、女性同士の淫靡極まりないセックスがテーマのレズビアン・ポルノでした。

艶やかな観葉植物の飾られた、広々とした寝室が映し出されています。
部屋の中央には大きなダブルベッド。
ベッドの上では小柄で愛らしい日本人女性のユリさんが、医療用スクラブの下半身だけを裸に剥かれた格好で、綺麗に剃毛されてツルリとした股間をねっとりと責められていました。

『ふああああッ!? らめらめらめェッ!! ヒィイインッ!! らめれすからァッ!! んくぅうううッ!! そんな所、舐めちゃダメッ……んはぁあッ! ダメなのにィッン!! ああああンッ!!』

剥き出しの下半身は、両脚をMの字に開脚した恥知らずな格好で晒されています。
隠す事の出来ないユリさんの股間は、すでにトロトロに蕩け切っています。
そんな股間を嬉しそうに貪っているのが、ユリさんの恋人で白人女性のソフィさんでした。

『ジュルルルルッ!! ベロベロベロォッ!! ぬちゅぅううッ!! ……ちゅーーッ!! ぬりゅぬりゅぬりゅぅうう……じゅるるぅッ! ベロベロベロベロォッ……ぬるるるるぅッ!! チュポチュポチュポッ!! じゅぬぬぬぅ……くちゅぅううッ!!』

ビロードの様な唇でいやらしく吸いつき、ねっとりと舐め回し、ベロベロと舌を這わせています。
ですがその卑猥な口淫を受けているのは、たっぷりと愛液の滲む愛らしいスリットではありません。
ヒクヒクと震えて窄まり、きゅっと閉じた可憐な尻穴……アヌスなんです。
ソフィさんはユリさんの両脚に手を掛け、お尻がクルンと上を向いてしまう様に固定すると、うっとりした表情で、アヌスに舌を這わせているのです。
何度も何度も執拗に、ビチャビチャと音を立ててアヌスを舐め上げては、ジュルジュルと啜り上げているのです。

『らめぇッ! お尻らめぇ……くぅううッ、許してェッ……あひぃッ……あああン! お尻なんて……ソフィさん、意地悪しないでぇ……ッ、ク、クリトリスしてェ……もう焦らすのヤダァ……ああンッ! はあああンッ! クリトリス下さィンッ……お尻駄目ェ……ッくゥウン……、お尻の穴は……あふぅ……』

さっきまで徹底的に責められて、快楽アクメ寸前だったクリトリス。
なのに、いきなり放置の憂き目に遭ってしまい、ユリさんは身悶えながらクリトリス責めを哀願してるのです。
包皮の下から顔を覗かせたまま、ピンピンに勃起しているユリさんのクリトリスは、刺激を求めてヒクヒクと物欲しげに震え続けています。
ちゅーちゅー吸って欲しい、舐めしゃぶって欲しい……そんな風に勃起しているんです。
にも関わらずソフィさんは、そんなクリトリスを無視して、徹底的にアヌスを味わっているんです。
それはとっても意地悪な焦らし方なんです。

『チューチューッ! ベロベロベロベロォ……ぬるるるぅ、ヌチュヌチュヌチュッ! ぢゅるるぅ……ベロベロベロ、レロレロレロォ……にゅるるるるぅッ! ちゅ~~~ッ!!』

『あッ……あふッ! くぅン……あン、らめェ舐めないでェ……お尻の穴ァ、ああン……お尻の穴なんて、気持ち良くしないれェ……くぅうッ! 奥まで舐めるの駄目ェ……お尻の穴、気持ち良いのダメなのォ……はふぅう、あンッ! あふぅンッ、ああああン……吸うのダメェ、気持ち良いのダメェ……』

ああ……でも。
アヌスを舐められるユリさんは、クリトリス責めを求めつつも、その表情は恍惚に蕩けているんです。
感じているんです。
お尻の穴をベロベロと舐め回されて、感じてしまっているんです。
アヌス舐めの刺激に、激しい羞恥が混じり合って、快感なんです。
アクメ寸前で放置されたクリトリスが疼き続けて、気持ち良くなってしまっているんです。
ユリさんはアヌス責めの羞恥にクリトリスの疼きも相まって、甘い声を上げてしまっているんです。

ああ……あんなの。
いやらしいんです。
本当に恥知らずな映像、でも目が離せなくて。
そんな私の耳元で、奥様がそっと囁きました。


「アヌスを舐め回されて気持ち良さそうねぇ、あの子……。舌の先でニュルニュルほじるみたいにして、たっぷり奥まで舐め舐めされて……嬉しそうだこと。ふふっ……小町ったら、うっとりしたお顔でスクリーンに見入っちゃって……。アヌス舐めが羨ましいの? お尻の穴……ベロベロして欲しくなっちゃったかしら……?」


「あッ……んふッ、くぅ……そ、そんなこと、あンッ! ああン……奥様ァ……らめれすぅ……」


「ふふふッ……ダメじゃないの、小町……。小町の身体は全部、私のモノなの。隅から隅まで全部、私が愛してあげちゃうんだから……。綺麗なうなじも、やわらかい乳房も、コリコリの乳首も、ヌルヌルのお大事も、ビンビンのクリトリスも、それに可愛いお尻の穴も……全部、舐め舐めして、チューチューして、たっぷり味わってあげる……」


「ああ、ああン……奥様ァ……、ふあッ! くぅうううンッ! あ、ああ、ああン……」


私は、大きなソファに浅く腰掛けた奥様の膝の上へ、跨るようにして座らされています。
背中に奥様の体温を感じながら、身体を預けているのです。
そんな私の身体に、奥様は背後から腕を回して、存分に悪戯しているのです。

奥様の左手はブラウスの内側へ忍び込むと、私の乳房をたっぷりと揉みしだいています。
卑猥な手つきでムニュムニュと揉み込みつつ、尖ってしまった乳首をコリコリと指先で転がすのです。
軽く引っ掻く様に刺激されると、乳首の先端から甘い快感が湧き上がります。

奥様の右手は、スカートの下に潜り込んだまま、私の股間を虐め続けています。
手のひらで股間の手触りを愉しむ様に撫で回し、濡れそぼったスリットを指先でなぞります。
そして、綻んでしまったスリットからまろび出た突起……クリトリスを、擽る様に弄るのです。
溢れ出す愛液でヌルヌルになった指先を巧みに動かして、プリュンプリュンと何度も刺激するんです。
ごく小さな突起なのに、そこから染み出す快楽は震える程に鮮烈で。
私は奥様の膝の上で、いやらしく喘ぎながら身体をくねらせてしまうのです。

乳首からの甘い心地良さと、クリトリスからの刺激的な愉悦。
二箇所から溢れ出す幸せな快楽に、私の身体はどんどん淫らに仕上がって行ってしまうのです。
その上、目の前のスクリーンで繰り広げられる女同士の痴態と、淫猥な吐息に嬌声。
ああ……身体と同時に頭の中まで、奥様好みのいやらしい色に染め上げられてしまうんです。
快楽責めの中で身悶える私の首筋に、奥様は濡れた舌を這わせて仰いました。


「ほら……スクリーンのあの子を見て? アヌスをいっぱい舐め回されて、焦らされてたけれど、またクリトリスを舐め回して貰えるみたいよ? ふふっ……嬉しそうな顔してるでしょう? クリトリス、ビンビンに勃起してる……、アヌス舐めが嬉しくて堪らなかったみたいね? それじゃあ……あの子がクリトリス・フェラされるのと同時に、小町のクリチ〇ポも、しっかりシコシコ責めで可愛がってあげる……。あの子がアクメするのと同時にアクメするのよ? ふふッ……愉しみだこと……」


「あ、ああ……奥様ァ……」


スカートの下で奥様の指先……中指と薬指が、私のクリトリスを包皮の上からきゅっと押さえました。
ああ……もうすぐ私は、クリトリスをシコシコ責めされてしまうんです。
その心地良さを想像してしまって。
私の股間は淫らに疼き、スリット奥からトロトロの淫液を溢れさせてしまうのでした。

【下に次ページ、もしくは前ページに移動するボタンがあります】
関連記事

◆DUGAレズビアン動画◆
(クリックするとサンプル動画を視聴出来ます!)


アダルト動画 DUGA デュガ

★アダルト動画サイト「デュガ」は、有限会社Apexが運営する国内最大手アダルト動画サイトのひとつで、アダルト動画のダウンロード販売を行うサイトです! 日本の法律(倫理基準)をクリアしている為、騙しリンクやワンクリック等も一切無く、安心してサンプル動画を視聴出来ます!また、無料会員登録を行うと試聴回数制限の上限がクリアされて便利です。(DUGAでの動画レンタル、動画購入には『ビットキャッシュ』が使用出来ます)


◆ ◆ ◆