FC2ブログ

快楽Gスポット絶頂寸止め虐め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆330.【奥様メイド嬲り12】快楽Gスポット絶頂寸止め虐め◆ ◆ ◆心地の良い細やかな刺激が、私の下半身を甘酸っぱく追い詰めるんです。蕩け切った股間のスリットを、ムチムチと押し広げたまま震えるんです。いやらしく反り返る、人造ペニスのバイブレーションが堪らないんです。ヌルヌルの膣壺に埋まったまま、ヴヴヴヴヴヴゥ……と。湿り気を帯びた振動音が、私の耳に響くんです。「おふぅッ!...

バイブの振動でGスポット嬲り責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆329.【奥様メイド嬲り11】バイブの振動でGスポット嬲り責め◆ ◆ ◆熱を帯びた股間を虐められ、私は夢見心地で吐息を洩らしてしまいます。羞恥と快楽の蜜に塗れた柔らかなスリットを、奥様の指先が左右に広げてしまっています。滑りながらヒクヒクと震える桜色の性粘膜を、卑猥な性玩具が容赦無く犯すのです。ヌチュヌチュと、クチュクチュと。熟して蕩けたヌルヌルの膣壺を、人造ペニスの艶...

卑猥なディルドでGスポット責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆328.【奥様メイド嬲り10】卑猥なディルドでGスポット責め◆ ◆ ◆汗塗れの裸身を晒した私と奥様は、柔らかなベッドの上で、濃密な性の遊戯に浸っています。私は両脚をM字に大きく開いたまま、剥き出しの下半身を奥様に抱え上げられています。それはいわゆる「マングリ返し」の姿勢……奥様が私の股間を思う存分、弄びたい時に取らせる、淫ら極まりない格好なんです。そして私の手首と足首は、...

膣壺に入り込むディルドの愉悦

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆327.【奥様メイド嬲り9】膣壺に入り込むディルドの愉悦◆ ◆ ◆寝室に燈された、間接照明のあえかな仄明かり。アロマ・キャンドルから漂うのは、ベルガモットの甘い香り。部屋の中央には、キングサイズの大きなベッド。柔らかなブランケットとタオルケットが敷かれていて。私と奥様はその上で淫らに絡み合い、濃密な性行為に耽溺しているのです。「ほーら……今から小町ちゃんのスケベ穴に……スケ...

アヌスしゃぶりとディルドしゃぶり

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆326.【奥様メイド嬲り8】アヌスしゃぶりとディルドしゃぶり◆ ◆ ◆間接照明の明かりだけが燈された、仄暗い奥様の寝室。部屋の中央にはキングサイズのベッド。ベッドの上では、淫靡な性の悦びに浸る私と奥様が淫らに喘ぎ、絡み合っていて。「んぷ、ぷちゅううぅ……レロレロレロォ、んふぅッ……そうよ、小町ちゃん……オモチャのチ〇ポコ、たっぷり舐め回すの……んちゅ、ぬるるるぅ……んはァ、このお...