FC2ブログ

二穴同時中指ピストン快楽虐め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆294.【快楽バスルーム 10】二穴同時中指ピストン快楽虐め◆ ◆ ◆下半身から湧き上がるふしだらな快楽に、私は両膝をガクガクと震わせます。曝け出された尻肉の谷間……その奥で秘めやかに息づく淫らに蕩け切った部分。キュンキュンと収縮を繰り返すアヌスと、ムチュムチュと蠢きながら汁を垂れ流す膣壺。肉の悦びをたっぷりと教え込まれた、ふたつの淫靡な穴を奥様に弄られながら。私は浅ましい...

快楽の前後二穴弄り責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆293.【快楽バスルーム 9】快楽の前後二穴弄り責め◆ ◆ ◆白い湯気の漂うお風呂の中。私は湯の中で立ち上がり、そのまま身体を前屈させています。バスタブの縁を両手で掴み、湯船に浸かる奥様の前へ、お尻をくいっと突き出しています。そんな有様で私は、下半身が蕩けてしまいそうな程の悦びを、お尻の穴に与えられているのです。「んッ……んッ……ほらッ、ほらほらッ! 気持ち良いのねッ!? ...

中指でアヌス・ピストンされる愉悦

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆292.【快楽バスルーム 8】中指でアヌス・ピストンされる愉悦◆ ◆ ◆奥の奥まで舐め回されて、トロトロに解されて、ヒクヒクと蠢く私のアヌスに。唾液で滑る奥様のしなやかな指が、ゆっくりと、ヌルヌルと入り込んで来るのを感じて。ああ……どうしようもなく、快感なんです。お尻の穴なのに気持ち良い、こんなのおかしい筈なのに心地良いんです。アヌスを遡って来る指先の感覚に、私は堪え切れ...

アヌス快楽の悦びを教え込まれて

◆ ◆ ◆◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆292.【快楽バスルーム 7】アヌス快楽の悦びを教え込まれて◆ ◆ ◆乳白色の大理石で造られたバスルームは広々として、白い湯気が立ち込めています。熱い湯に満たされたバスタブは、ゆったりと脚を伸ばせるサイズです。そんな安心感に満ちた癒しの空間で、私と奥様はこの上無く淫らな遊戯に耽っているのです。「ぬちゅぬちゅぬちゅぅッ……じゅるるるぅッ、ぶちゅ、ぬるるるぅッ……ベロベロ...

メイドのアヌスを舐め回す奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆291.【快楽バスルーム 6】メイドのアヌスを舐め回す奥様◆ ◆ ◆「おッ、お尻……お尻の穴、舐め回して……舐め回して欲しいれす……んふぅ……ベロベロって……奥までして欲しくて……ん、んふぅ、んはァ……はァ……お指で……奥までお掃除して欲しいれす……」奥様に性感帯をじっとりと弄ばれ、いやらしく火照ってしまった身体を曝け出して。お湯の中で立ち上がった私は、バスタブの縁に両手をつき、背中を弓な...

アヌス羞恥快楽責めのおねだり

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆290.【快楽バスルーム 5】アヌス羞恥快楽責めのおねだり◆ ◆ ◆広々としたバスルームは、乳白色の大理石造り。大きな白いバスタブからは、温かな湯気が立ち昇って。ふんわりと漂うのはボディソープの香り、そして甘いシャンプーの香り。そんな心地の良い、くつろぎの空間に身を委ねているのに。私と奥様はトロトロと妖しく欲情し、互いの唇を、裸身を、淫らに求め続けるのです。「ん、んちゅ...

キスの味と乳首&アヌスの羞恥

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆289.【快楽バスルーム 4】キスの味と乳首&アヌスの羞恥◆ ◆ ◆大理石造りのバスルームは広々としており、淡い乳白色の光源に照らされていました。ゆったりと脚を伸ばせるサイズの白いバスタブからは、温かな湯気が立ち昇っていました。そんな身も心も開放される心地の良い空間で、私と奥様は熱い湯に浸かり、蕩ける様なキスを繰り返しているのです。「ん、んちゅ、ぷくちゅぅ……ぬるるるぅ、...

調教の始まりと嬉しいキス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆288.【快楽バスルーム 3】調教の始まりと嬉しいキス◆ ◆ ◆乳白色の明かりが灯る、大理石造りのバスルームは、温かな湯気で満たされていました。私は広々としたバスタブに肩まで浸かり、ゆったりと脚を伸ばしては、心地の良い湯加減を楽しんでいます。洗い場に立つ奥様は、金の装飾が施されたシャワーヘッドを手に、長い髪を丁寧に濯いでいらっしゃいます。豊満でありながら美しく引き締まっ...

ふたなりペニスの誘惑と挑発

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆287.【快楽バスルーム 2】ふたなりペニスの誘惑と挑発◆ ◆ ◆高い天井と大理石の壁。そして、お湯の張られた大きな浴槽。広々としたバスルームには暖色の明かりが燈され、温かな湯気が漂っています。私と奥様は心地の良い温もりに包まれながら鏡の前に立ち、互いに身を寄せ合っています。「んはァ……奥様ァ、こ、小町は……小町はもう……くぅンッ、んふぅ……んはァ……」「んッ……んふぅッ、悪い子ね…...