FC2ブログ

アヌス舐め回し羞恥快楽責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆201.【ふたなり秘書拘束調教.4】アヌス舐め回し羞恥快楽責め◆ ◆ ◆柔らかなベッドの上。私は裸身を曝け出して、うつ伏せに寝かされている。そんな私の尻に、奥様が顔を埋めている。奥様も私と同じくベッドへ伏せているのだろう、両手で私の尻肉を左右に押し広げながら、尻の谷間へと鼻先を突っ込んでいる。信じがたい羞恥の中で、私は奥様が鼻を鳴らす音を聞く。スンスン……スンスンスン……。...

尻を粘着質に嬲られるふたなり秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆200.【ふたなり秘書拘束調教.3】尻を粘着質に嬲られるふたなり秘書◆ ◆ ◆老舗ホテルのスイートルームに設えられた、広い寝室。ツインの部屋とは思えない程、ベッドはゆったりとしたサイズで。仄暗い部屋の中を照らすものは、サイドテーブルに置かれた卓上ランプのみ。あえかな黄色い灯りの中で、私は奥様から卑猥な悦びを与えられようとしていた。柔らかなブランケットの上。私は一糸纏わぬ...

手足を拘束され興奮する秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆199.【ふたなり拘束羞恥責め.2】手足を拘束され興奮する秘書◆ ◆ ◆アンティークな家具調度品に彩られた、老舗ホテルのスイートルーム。落ち着いた雰囲気が心地の良い、洋風な作りの部屋だった。寝室にはゆったりとしたサイズのベッドが二つ。ダブルベッドほどでは無くても、じゅうぶんひとつのベッドを二人で共有できるサイズで。一糸纏わぬ姿の私は、美しい裸身を晒した奥様に誘われ、ゆっ...

お仕置きをねだるふたなり秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆198.【ふたなり拘束羞恥責め .1】お仕置きをねだるふたなり秘書◆ ◆ ◆「んちゅうう……ちゅううう、んちゅ……んはぁ、奥様ァ……んちゅ、レロレロレロォ……」「ん、ん、んちゅううううぅ……ベロォ、レロォ……あふぅ、ヒナったら……ん……んちゅぅ……」大理石の湯船に浸かりながら、私は奥様に抱きつき、キスを繰り返していた。白く美しい奥様の裸身に、ねっとりと絡みつく様、抱きついている。豊満な奥様...

アクメ性器舐め回しお掃除責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆197.【露天風呂で快楽責め.14】アクメ性器舐め回しお掃除責め◆ ◆ ◆温かな湯に脚だけ浸し、全裸の私は湯船の縁に腰を降ろしている。奥様に命ぜられるまま脚を大きく左右に広げ、股間で息づいたままの性器を晒している。たっぷりと扱かれて、蕩け出しそうな射精アクメを与えられてなお、怒張したままのペニス。陰茎をいやらしく脈打たせ、肉色の亀頭は白濁したザーメンで汚れていて。奥様はそ...

射精アクメで快感濃厚ミルク搾り

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆196.【露天風呂で快楽責め.13】射精アクメで快感濃厚ミルク搾り◆ ◆ ◆スイートルーム専用の個室露天風呂。大理石で造られた湯船の脇で、私は卑猥な愉悦に浸っていた。「う゛ッ! う゛ッう゛ッ! う゛ッ! う゛う゛ッ! う゛~~ッ……う゛ッ! う゛う゛う゛……」クリーム色の大理石の上。私は全裸のまま、股を大きく開いたガニ股の姿勢で、立ったままアクメしていた。背後から両手を伸ばし...

羞恥ガニ股性器虐めで射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆195.【露天風呂で快楽責め.12】羞恥ガニ股性器虐めで射精アクメ◆ ◆ ◆プライベート・テラスに設えられた、個室専用の露天風呂。大理石の湯船から湯気が立ち昇り、周囲を白くけぶらせている。足元はウッドデッキ、湯船と寝室の入り口までを繋ぐように敷き詰められていて。テラスと寝室を隔てる入り口は、天井まで立ち上がる板ガラスの嵌め込まれた掃き出し窓。磨き抜かれたガラス窓には、全裸...

卑猥なガニ股露出性器嬲り調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆194.【露天風呂で快楽責め.11】卑猥なガニ股露出性器嬲り調教◆ ◆ ◆個室専用の温泉が設えられたプライベート・テラス。熱い湯に満たされた大理石の湯船、足元はウッドデッキ。白い湯気に包まれて、私は全裸のまま火照る身体を奥様に弄ばれていた。目の前にはテラスと寝室を区切る、大きなガラス窓。明かりの灯されたテラスに対して、寝室の明かりは落とされているから。ガラス窓には淫らに身...

奥様に性器を悪戯される羞恥責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆193.【露天風呂で快楽責め.10】奥様に性器を悪戯されて羞恥責め◆ ◆ ◆テラスに設えられた個室専用の温泉は、ゆったりと大きな大理石の湯船だった。私と奥様は温かな湯を心行くまで堪能し、あまつさえ淫らな遊戯にも耽溺してしまっていた。白い湯気に淡く霞むウッドデッキの上。卑猥な性の遊戯、淫靡なプレイはまだ終わらなくて。「ひあああッ! ……あッ、あッ……くぅうンッ、んはァ……お、奥様...

ふたなりペニスを快楽扱き責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆192.【露天風呂で快楽責め.9】ふたなりペニスを快楽扱き責め◆ ◆ ◆煌めく海岸線を見下ろす重厚な老舗ホテルは、クラシックな洋風の造りだった。広々としたスイートルームはリビングと寝室がセパレート、シックな落ち着いた内装で。オーシャンビューのテラスへ抜ければ、そこには専用の露天風呂が設えられていて。私と奥様は大理石の湯船にゆったりと浸かりながら、二人だけの時間を堪能して...

ふたなり奥様の射精を味わう秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆191.【露天風呂で快楽責め.8】ふたなり奥様の射精を味わう秘書◆ ◆ ◆ヌルヌルの口内粘膜に包まれた奥様の逞しい勃起ペニスは、激しいピストン運動の果てに、たっぷりと精を放った。ドクンドクンと脈打ちながら火傷しそうな程に熱いザーメンを、私の舌の上へ撒き散らした。「う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛……う゛……んふぅ、ふぅううう……う゛う゛う゛……う゛...

イラマチオ射精に悦ぶふたなり秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆190.【露天風呂で快楽責め.7】イラマチオ射精に悦ぶふたなり秘書◆ ◆ ◆白い湯気の中、奥様は仁王立ちで美しい裸身を晒していた。美貌を紅潮させ、吐息を洩らし、口許には輝くような笑み。滑らかな白い肌には真珠の様な水滴、豊満な乳房が淡く揺れている。艶かしい動きで、腰を前後にくねらせているのだ。私は奥様の足元……湯船の中に膝をついて座っている。そして、私の眼前で淫らに腰を使う...

奥様のふたなりペニスを味わう秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆189.【露天風呂で快楽責め.6】奥様のふたなりペニスを味わうフェラ◆ ◆ ◆激しく怒張し、硬く反り返る奥様の極太ペニスが、私の目の前で揺れている。ビクン……ビクン……と脈動しては、力強く跳ね上がる。鈴口から染み出すカウパー粘液が、糸を引きながら飛び散って。こんなの堪らない。私は唾液に塗れた舌を差し出し、トロリと滴る透明な粘液ごと奥様の亀頭を舐め上げた。「は、はへぇ……レロ、...