FC2ブログ

焦らした膣壺にペニスのご褒美

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆148.【快楽ポルチオSEX .4】焦らした膣壺にペニスのご褒美◆ ◆ ◆来客用の寝室。部屋の中央にはダブルベッド。ベッドには肌触りの良いブランケットが敷かれていて。その柔らかなブランケットの上に寝そべり、私は汗塗れの裸身をいやらしく波打たせています。奥様に慈悲を乞うているのです。「おっ……奥ひゃまァッ!? お願いッ……お願いですからッ! こ、小町に……小町にイクイクを下さいッ!...

クリ粒をペニスで扱く焦らし責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆147.【快楽ポルチオSEX .3】クリ粒をペニスで扱く焦らし責め◆ ◆ ◆灯りの消えた薄暗い来客用の寝室に、淫靡な音が響いています。ブチュブチュ……ヌチュヌチュ……じゅるるぅ……という、絡み付く様な、猥褻な音なんです。ゆったりとしたダブルベッドの上、私は汗まみれの裸体を晒して、仰向けに寝そべっています。ですが、ただ寝そべっているのではありません。奥様に媚を売り快楽を乞う姿勢……卑...

蜜を溢れさせペニスをねだるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆146.【快楽ポルチオSEX .2】蜜を溢れさせペニスをねだるメイド◆ ◆ ◆仄暗い来客用のベッドルーム。天井の照明はついておらず、シーリングファンがゆっくりと回るのみで。壁に据え付けられた間接照明だけが、ぼんやりと光を放っています。あえかな灯りに照らされた室内の中央には、シーツとブランケットが敷かれた大きなダブルベッド。奥様と私はダブルベッドの上で、淫らに互いを求め合い、...

寝室のベッドで蕩けそうなキス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆145.【快楽ポルチオSEX .1】寝室のベッドで蕩けそうなキス◆ ◆ ◆「あ、あ……奥様ァ……こ、小町の、小町のいやらしいハメ穴に……オ、オマ〇コの穴に……奥様の太くて硬いオチ〇ポ……奥までハメて下さい……。はぁ……はぁ……悪い子の小町を……チ〇ポでいじめて……泣かせて下さい……あああン……奥様ァ……ンチュ、チュチュゥウウウ……クチュ、レロ、レロレロレロォ……んちゅ……」トロトロのキスを下さる奥様に、私...

背徳の潮吹き女の子射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆144.【ご褒美クンニ責め .10】背徳の潮吹き女の子射精アクメ◆ ◆ ◆身体中に痺れる様な悦びが満ちています。背中を弓なりに反らせたまま、私はアクメの深さに震えるのです。股間から湧き上がる激しい快感が背筋を走り抜けては、頭の中でプチンプチンと弾け続けて。思考も視界も純白に染まり、私はトロトロとよだれを垂らしながら喘ぎました。「んあ……あ、ああ……あへェ……はへェ……へああ、あ、...

クリトリスフェラで潮吹きアクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆143.【ご褒美クンニ責め .9】クリトリスフェラで潮吹きアクメ◆ ◆ ◆瀟洒な高層マンション最上階に位置するペントハウス。その一階部分に作られた、広々としたレセプションホール。ホールの照明は消されていて。淡い誘導灯の明かりと、ホール奥のスクリーンに映写された淫らなレズビアン・ポルノの映像だけが浮かび上がっています。ホール中央に設置されているのは、柔らかなレザーソファ。私...

勃起クリ責めアヌス責め調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆142.【ご褒美クンニ責め .8】勃起クリ責めアヌス責め調教◆ ◆ ◆灯りの消えたレセプションホール。ホール中央に据えられた大きなレザーソファ。その柔らかなソファのシートへ、私は全裸のまま仰向けに身を沈めています。両の脚をM字に大きく開き、散々に弄ばれたトロトロの股間を隠す事無く晒しています。そんな恥知らずな私の股間に、うっとりと目を細めた奥様が顔を埋めているのです。唾液...

アヌスとクリトリス同時快楽調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆141.【ご褒美クンニ責め .7】アヌスとクリトリス同時快楽調教◆ ◆ ◆「ジュポッ! ジュポジュポッ! ジュポジュポジュポジュポジュポジュポッ! ぬるぬるぬるぅ……じゅるるぅ、ちゅーッ! んふぅッ……気持ち良いのねッ!? 小町はこの……スケベなお尻の穴が気持ち良いのねッ!? この変態ィッ! あふぅッ! あむぅ……ベロベロベロベロベロォッ! ぬるるぅ……ジュボジュボジュボジュボォッ...

メイドのアヌスを奥まで味わう奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆140.【ご褒美クンニ責め .6】メイドのアヌスを奥まで味わう奥様◆ ◆ ◆奥様は輝くほど美しい裸身に、白いバスローブを羽織っていらっしゃいます。そして、ソファの足元を覆う柔らかな絨毯の上に膝をついて座っています。顔を突き出す様に上体を前へと倒し、伸ばした両手で私の両脚を、ぐっと押し広げています。そのまま、ソファに座る私の股間に顔を埋め、思う存分舐めしゃぶっているのです。...

アヌスの奥までしゃぶられる悦び

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆139.【ご褒美クンニ責め .5】アヌスの奥までしゃぶられる悦び◆ ◆ ◆明かりの消えたレセプションホール。広々としたホールの中央に据え置かれた、柔らかなレザーソファ。私は仰向けに寝そべるほど浅く座り、汗ばむ身体をシートに預けています。身につけているものと言えば、ホワイトブリムとガーターベルト、オーバーニーのストッキングのみ。更に両手は背中に回され、奥様が羽織っていらっし...

膣肉舐めしゃぶり快楽ご褒美

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆138.【ご褒美クンニ責め .4】膣肉舐めしゃぶり快楽ご褒美◆ ◆ ◆レセプションホール中央に据え置かれた、柔らかなソファの上。汗の滲む肌を晒した私は、全裸のまま仰向けに寝そべる様な姿勢でシートに座っています。それも、ただ座っているのではありません。ショーツを脱ぎ捨てた股間を晒す様に、奥様の前で大きく股を開いているのです。限界まで開いた両脚は、ソファの上でM字の形に押さえ...

メイドの性器を丹念に味わう奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆137.【ご褒美クンニ責め .3】メイドの性器を丹念に味わう奥様◆ ◆ ◆股間から湧き上がり続ける淫蕩な悦びに、私はトロトロに蕩けていました。仄暗いレセプションホールの中央に据えられた、大きなレザーソファ。そのソファに私は浅く腰掛けるように、座らされています。身に纏っていたメイド服は下着も含めて、全て脱がされていて。その上、両手は背中で縛られて、前を隠す事も出来ません。恥...