FC2ブログ

奥様の寝室で自慰に浸るメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆302.【淫乱自慰調教 1】奥様の寝室で自慰に浸るメイド◆ ◆ ◆間接照明の仄灯りが燈された、奥様の寝室。天井では木製のシーリングファンが、ゆっくりと音も無く旋回しています。部屋に漂う甘い香りはベルガモット。アロマキャンドルの小さな炎が、ウォールシェルフの上で儚げに揺れています。広々としたキングサイズのベッドには柔らかなブランケット、そしてタオルケット。心地の良い肌触り...

自慰快楽に我を忘れるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆303.【淫乱自慰調教 2】自慰快楽に我を忘れるメイド◆ ◆ ◆奥様の寝室を彩る、ベルガモットの甘い香り。その穏やかで心地の良い香りを、天井のシーリングファンがゆっくりと撹拌しています。間接照明の仄灯りに浮かび上がるのは、広々としたキングサイズのベッド。ベッドの上には、柔らかなブランケットとタオルケットが敷かれていて。私はそのブランケットの上で、一糸纏わぬ裸身を晒して、...

クリ粒シコシコ快楽自慰アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆304.【淫乱自慰調教 3】クリ粒シコシコ快楽自慰アクメ◆ ◆ ◆ベルガモットの甘い香りが、奥様の寝室に漂っています。高い天井では木製のシーリングファンが、ゆっくりと音も無く旋回しています。部屋の中央には、間接照明のあえかな灯りに照らされた、キングサイズのベッド。柔らかなブランケットと、タオルケットが敷かれていて。その心地良い生地の感触に包まれながら。私は一糸纏わぬ、生...

わがまま自慰メイドに興奮する奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆305.【淫乱自慰調教 4】わがまま自慰メイドに興奮する奥様◆ ◆ ◆眉根がきゅっと寄せられて。口許が自然に、だらしの無い笑みを形作ってしまって。唇の端からトロトロとよだれが零れて、ブランケットに染みを作ってしまって。気がついた時には、淫らに喘ぎながら、私は懸命にアクメを訴えていたのでした。「んッ……んぐゥッ! イグイグッ! イグゥッ……イクッ! イクイクイクゥッ! ンッ……...

勝手な自慰を責められるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆306.【淫乱自慰調教 5】勝手な自慰を責められるメイド◆ ◆ ◆空調の効いた奥様の寝室は、ほんのりと暖かで。その仄かな温もりを、天井のシーリング・ファンが、ゆっくりと撹拌しています。部屋に漂う甘い香りは、ベルガモットのアロマ・キャンドル。柔らかなブランケットが敷かれたキングサイズのベッドを、心地良く包み込む様で。私は一糸纏わぬ全裸の姿で座り込み、傍らの奥様へと縋りついて...

溢れ出た淫液を舐めしゃぶるメイド

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆307.【淫乱自慰調教 6】溢れ出た淫液を舐めしゃぶるメイド◆ ◆ ◆「おごごォ……おぼォ、おほォ~、おほォ~……レロレロレロォ、ぷじゅぷじゅ……じゅろろろろォ……レロレロレロォ、おほぉおおおォ……レロロロォ」「ほら……しっかり舐め回すのよ? もっと大きくお口を開いて……自分の指をキレイキレイにするの……ヌルヌルのオナニー汁、キレイに舐め取りなさいな、ふふッ……」私の耳元に唇を近づけなが...

奥様に見られながらクリ弄り自慰

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆308.【淫乱自慰調教 7】奥様に見られながらクリ弄り自慰◆ ◆ ◆ウォールシェルフに置かれたアロマ・キャンドルから、甘い香りが立ち昇っています。その香りを緩やかに撹拌しているのは、高い天井で旋回する木製のシーリングファン。心地の良い香りで満たされた奥様の寝室は、淡い間接照明の灯りが燈されていて。寝室の中央にはゆったりと広い、キングサイズのベッドが据え置かれています。ベッ...

乳首ペシペシお仕置き自慰調教

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆309.【淫乱自慰調教 8】乳首ペシペシお仕置き自慰調教◆ ◆ ◆私は一糸纏わぬ格好……素肌を晒した全裸の姿で、ベッドの上に座り込んでいます。それもただ座り込んでいるのではありません。両膝を立てたまま、左右に大きく脚を開いているのです。普段、決して誰にも見せたりする筈の無い箇所……股間を全て、曝け出しているんです。「んくぅッ……んッ、んッ! んふぅッ! あふぅッ……んッ……」「ふ...

乳首虐め&クリ粒オナニー快楽アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆310.【淫乱自慰調教 9】乳首虐め&クリ粒オナニー快楽アクメ◆ ◆ ◆私は奥様に背後から抱え込まれ、ベッドの上にしゃがみ込んでいます。それも、ただしゃがみ込んでいるのではありません。膝を立てた状態で両の脚を左右に大きく開き、蕩け切った股間を曝け出しているんです。開いた私の両脚には奥様の脚が絡まって、もう閉じる事なんて出来ません。そして奥様の言われるがまま、私は右手の指...

オナニー奴隷メイドに濃厚キス

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆311.【淫乱自慰調教 10】オナニー奴隷メイドに濃厚キス◆ ◆ ◆奥様の寝室に設えられたキングサイズのベッド。そこには柔らかなブランケットと、タオルケットが敷かれていて。私と奥様はその上で、淫靡な肉の悦びを堪能し、喘ぎ続けているんです。「イクイクゥッ……イクゥンッ! くぅううンッ、ンッ、んふーッ! んッ……イクイクイクゥッ……」ベッドの上にしゃがみ込んだまま、私は心地の良いア...