FC2ブログ

ふたなり秘書のペニスを足コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆225.【被虐ふたなり足コキ責め.1】ふたなり秘書のペニスを足コキ責め◆ ◆ ◆柔らかなブランケットの上へ、私は全裸のまま仰向けに寝そべっている。両脚は大きくM字開脚。股間を見せつける様にしながら、腰を震わせる。普段なら、決して誰にも見せる事なんて無いトコロ。羞恥の源であり、コンプレックスの源でもある、トロトロの性器を曝け出しながら。私は身体をくねらせ卑しく喘ぎ、恥知ら...

足コキ快楽に屈服するふたなり秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆226.【被虐ふたなり足コキ責め.2】足コキ快楽に屈服するふたなり秘書◆ ◆ ◆言い様の無い心地良さに、股間をジクジクと蝕まれてしまう。もどかしい様な、むず痒い様な、物足りない様な。なのに私の下半身は、煮え滾るほどの快感に包み込まれて。シーツをキュッと握り締め、私は股間から湧き上がる心地良さに震えるばかりで。「んッ……んふゥッ! くぅうンッ! アヒィッ!? おッ、奥ひゃま...

足コキマゾ快楽に酔うふたなり秘書

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆227.【被虐ふたなり足コキ責め.3】足コキマゾ快楽に酔うふたなり秘書◆ ◆ ◆老舗ホテルのスイートルーム。豪奢な造りの寝室は仄暗く、サイドテーブルに置かれた卓上ランプだけが淡く灯されている。二つ並んだシングルベッドは、シングルとは思えない程に余裕のあるサイズで。そんな、ゆったりと広いベッドの上。私は奥様から、これ以上無いほど淫らで卑猥な、性的折檻を与えられていた。「ハ...

ふたなり秘書の足コキ射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆228.【被虐ふたなり足コキ責め.4】ふたなり秘書の足コキ射精アクメ◆ ◆ ◆ベッドの上で仰向けに寝そべり、両足をM字の形に開いている。剥き出しの股間を曝け出す様に、両膝の裏に手を添えて、股を開いたままにしている。奥様から与えられる卑猥で偏執的な性の悦びを、たっぷりと注ぎ込まれている。蕩けそうな程の快感に、下半身が甘く煮え立つ様で。官能的な刺激に蝕まれながら、私は汗に塗れ...

ふたなり秘書の被虐射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆229.【被虐ふたなり足コキ責め.5】ふたなり秘書の被虐射精アクメ◆ ◆ ◆ゆったりと広いベッドに敷かれた、柔らかなブランケットの上。私は仰向けに寝そべったまま、股間から込み上げて来る至高の愉悦に身を焦がしていた。「 う゛う゛ッ! う゛ッ! う゛ッ! う゛う゛う゛ッ! くぅううッ……う゛ッ! う゛ッ! おふぅッ……」融けてしまいそうな愉悦が、私の下半身を甘く蝕んでいる。汗に塗...

切ない後戯と賭けのこと

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆230.【被虐ふたなり足コキ責め.6】切ない後戯と賭けのこと◆ ◆ ◆仄暗い寝室は、淫蕩な温度に満たされていた。柔らかなベッドの上。私は奥様から何度もアクメを与えられ、身も心も蕩け切っていた。温かな蜂蜜の中を漂い、身体が甘く仕上がってしまったかの様な。私と奥様は、全身から滲み出す熱い汗で互いの裸身を濡らしながら、キスを繰り返していた。「んちゅううぅ……くちゅぅ、ぷちゅ……ち...

お仕置きポルチオ連続ピストン

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆239.【後背位で羞恥絶頂 .9】お仕置きポルチオ連続ピストン◆ ◆ ◆「くううううッ……ううッ、イグイグッ! イグッ、イクゥッ! くぅッ、うううッ……イクイクゥッ!」下半身から、お腹の奥底から、鮮烈な悦びの刺激が、幾らでも湧き上がって来る。愛液に満たされた私の膣壺が、奥様の極太ペニスを咥え込んだまま、淫らに蠕動するのが判る。熱く脈打つ陰茎に、パンパンに膨らんだ亀頭に、ジュボ...