FC2ブログ

ふたなり奥様のご褒美

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆82【ご褒美ふたなりSEX .1】ふたなり奥様のご褒美◆ ◆ ◆間接照明の仄灯りが燈された、広々とした高層ビジネスホテルのスイートルーム。南側の壁には天井まで立ち上がった、見上げる程に大きな展望窓。出窓風の構造で、腰高の天板には観葉植物とテーブルランプ飾られている。ガラスを隔てた向こうには、煌めく都心の夜景が何処までも広がっていて。奥様は汗塗れの美しい裸身を震わせながら...

甘く囁きつつ手コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆83【ふたなり奥様のご褒美SEX .2】甘く囁きつつ手コキ責め◆ ◆ ◆肌触りの良い、柔らかな絨毯の上。私は奥様に組み敷かれていた。二人とも汗に塗れ、身体を隠す物は何も身につけていない。肌と肌の触れ合いが心地良く、奥様の体温と鼓動が嬉しかった。奥様は私に覆い被さると、首筋にそっとキスをした。そのまま味わう様に、ヌルヌルと舌を這わせる。更に奥様は私の乳房を手のひらで捕らえ...

ふたなりペニスオナニーの誘惑

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆84【ご褒美ふたなりSEX .3】ふたなりペニスオナニーの誘惑◆ ◆ ◆柔らかな絨毯の上で、私は奥様に責められている。私も奥様も一糸纏わぬまま絡み合い、汗に塗れている。奥様は私の胸元に顔を埋め、私の股間を両手で責め立てていた。「んはぁッ……ああゥ、はぅンッ! んくぅ……んはぁ、はああンッ! んはぁ……奥様ァ……ッ!」奥様の右手は私のペニスを捕らえて、上下に扱いている。左手は私の...

一緒にふたなりペニスオナニー

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆85【ご褒美ふたなりSEX .4】一緒にふたなりペニスオナニー◆ ◆ ◆毛足の長い、柔らかな絨毯の上。私は全裸のまま両脚をM字に開き、仰向けに寝そべっている。奥様に促されるまま、自身のふたなりペニスを右手握った。そして手にしたペニスを扱く様に……オナニーをして見せる様にと、告げられたのだった。奥様はM字に大きく開いた私の脚の間に座り、楽しげに目を細め、私を見下ろしている。...

オナニーしながら卑猥な告白

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆86【ご褒美ふたなりSEX .5】オナニーしながら卑猥な告白◆ ◆ ◆高層ビジネスホテルのスイートルーム。仄暗い間接照明が灯された、モダンな作りの落ち着いた広いリビング。私と奥様は、窓辺に敷かれた柔らかな絨毯の上で、淫靡な行為に浸っていた。私は仰向けに寝そべり、両脚をM字に大きく開いている。奥様は、開いた私の脚の間に、膝をつく形で座り込んでいる。二人とも全裸で汗に塗れて...

オナニーと同時に膣壺挿入

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆87【ご褒美ふたなりSEX .6】オナニーと同時に膣壺挿入。◆ ◆ ◆柔らかな絨毯の上に全裸で寝そべり、私は両脚をM字に開いていた。それも左手を膝裏に添えて、きゅっと持ち上げ、これ以上ない程に大きく開き切って。しかも隠しようも無く淫らに曝け出された股間へ、右手を伸ばしている。股間を這う右手の指先は、熱く蕩けた泥濘の様なスリットの内側へと届いていた。「お、奥様ァッ! み、...

ポルチオ責めと同時オナニー

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆88【ご褒美ふたなりSEX .7】ポルチオ責めと同時オナニー◆ ◆ ◆高層ビジネスホテルのスイートルーム。広々としたリビングの窓辺にはテーブルセットがあって。そのテーブルセットの足元には柔らかな絨毯が敷かれている。そんな毛足の長い絨毯の上。私は全裸で汗に塗れ、仰向けに寝そべり、両脚をM字に大きく広げ、奥様に犯されていた。たっぷりと愛でられ、虐められた末に、ご褒美の怒張を...

ポルチオ&ペニス徹底快楽責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆89【ご褒美ふたなりSEX .8】ポルチオ&ペニス徹底快楽責め◆ ◆ ◆私は奥様に組み敷かれ、たっぷりと犯されている。柔らかな高級絨毯の上で仰向けに寝そべり、正常位で奥様に犯されているのだ。二人とも全裸で汗に塗れ、滑る肌を擦り合わせ、絡み合いながらキスを繰り返している。熱い吐息が漏れる唇を舐め回され、差し出した舌を吸い上げられ、トロトロと唾液を流し込まれる。口内を長い舌...

ポルチオ&ふたなり射精アクメ

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆90【ご褒美ふたなりSEX .9】ポルチオ&ふたなり射精アクメ◆ ◆ ◆私は汗塗れの裸体を波打たせ、柔らかな絨毯の上で犯されていた。両脚をM字に開いた仰向けの姿勢で、奥様から与えられる悦びと羞恥に酔い痴れていた。奥様は白い肌を紅潮させ、美しい裸身をくねらせては、私の身体に濃厚な快楽を送り込む。頭の芯まで痺れる様な、指の先まで蕩けてしまいそうな愉悦だった。その上、奥様が腰...

エピローグ・優しい罠

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆91【ご褒美ふたなりSEX .10】エピローグ・優しい罠◆ ◆ ◆奥様の体温が、呼吸が、鼓動が気持ち良い。肌の密着している箇所全てから、性的快感が染み出して来る至福のアクメ。奥様は身体全体で私を押さえ込む様にしながら、私の股間に自身の股間を密着させている。熱い吐息を洩らし、悦びに腰を震わせている。私の膣壺にペニスを根元まで挿入し、思う存分ザーメンを放出しているのだ。「……...