FC2ブログ

濃厚なキスと甘い会話

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆56.【ふたなり秘書の奥様調教.1】濃厚なキスと甘い会話◆ ◆ ◆瀟洒な高層ビジネスホテルの、広々としたスイートルーム。間接照明に照らされたリビングの窓際には、レザーソファとテーブルのセット。テーブルセットの下には、柔らかな絨毯が敷かれている。私は絨毯の上にしゃがみ込み、同じく跪いたままの奥様を抱き締めていた。そのまま奥様の艶やかな唇に、キスを繰り返す。「んっ……んちゅ、...

濃厚キスでふたなり奥様虐め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆57.【ふたなり秘書の奥様調教.2】濃厚キスでふたなり奥様虐め◆ ◆ ◆柔らかな絨毯の上に座り込んだまま、私は奥様にキスを繰り返した。ふっくらとした奥様の唇に舌を差し入れて思う存分、トロトロの唾液を交換し合う。クチュクチュと音が響くような、ねちっこくて、いやらしいキス。「ん、んふ……んはぁ……奥様ン、んちゅ……んふぅ、あむン、レロ……くふぅ、ちゅ、ちゅーッ」「ふあ、ヒナ……ん、ゴ...

乳首をしゃぶられる、ふたなり奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆58.【ふたなり秘書の奥様調教.3】乳首をしゃぶられる、ふたなり奥様レザーソファに身を沈めた奥様は、両脚を絨毯の上に投げ出し、無防備な裸身を晒している。そんな奥様に私は、ゆっくりと身を寄せた。右手を奥様の乳房に添える。たっぷりと豊満な乳房に、私の指先が抵抗も無く沈み込む。驚くほど柔らかで、シルクの様に肌理が細かい。私は大きな乳房を緩やかに優しく揉み続けつつ、指先で乳...

ふたなり奥様を焦らして言葉責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆59.【ふたなり秘書の奥様調教.4】ふたなり奥様を焦らして言葉責め◆ ◆ ◆奥様が身につけている物は、淡いベージュ色のショーツとストッキング、ガーターベルト。薄明かりの中で乳房を晒して、レザーソファにもたれ掛かっている。私は裸身を晒して奥様の身体にのし掛かり、左右の乳房を両手で揉みしだく。更に柔らかなふたつの乳房を近づけ、尖った左右の乳首を同時にベロベロと舐め回していた...

快楽ペニス責め&淫語責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆60.【ふたなり秘書の奥様調教.5】快楽ペニス責め&淫語責め◆ ◆ ◆私は奥様に、のし掛かる様にして絡みついていた。いやらしい乳房をたっぷりと楽しんでから、奥様を言葉で責めた。おっぱいからミルクが出ないなら、どこならミルクが出せるのかと、訊いて虐めたのだ。何度も同じ質問を繰り返しながら、乳房や乳首への愛撫を控えて焦らす。やがて奥様は我慢出来なくなり、私が思った通りの言葉...

ふたなり勃起ペニスを手コキ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆61.【ふたなり秘書の奥様調教.6】ふたなり勃起ペニスを手コキ責め◆ ◆ ◆私は奥様の豊満な乳房をたっぷりとこね回し、固く尖った乳首をジュルジュルと舐めしゃぶった。更にショーツの上からペニスを掴み、ずりゅずりゅと扱いて責めた。奥様は乳房と乳首、ペニスの三箇所を責められて乱れた。更に激しい責めを求めて、切なげな眼差しで哀願する。そんな奥様の様子が愛おしくて。私は身体の位置...

快楽ペニス扱きと羞恥責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆62.【ふたなり秘書の奥様調教.7】快楽ペニス扱きと羞恥責め◆ ◆ ◆革ソファに浅く身を沈めた奥様。滑らかに引き締まったウェストラインと、呼吸の度に上下する下腹部の愛らしさ。丸みを帯びた魅力的なヒップラインは美しいカーブを描き、しなやかな脚へと繋がっている。両脚を彩るのは、淡いベージュの刺繍入り腿丈ストッキング、そしてガーターベルト。股間を覆っていたショーツは既に剥ぎ取...

ふたなりペニスを亀頭フェラ責め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆63.【ふたなり秘書の奥様調教.8】ふたなりペニスを亀頭フェラ責め◆ ◆ ◆奥様はペニスの快楽に喘いでいた。月明かりの様に冴々と美しい相貌を紅潮させている。身につけているものは、淡いベージュ色のレース柄ストッキングと、ガーターベルトのみ。汗の滲む乳房も、波打つ腹部も、淫らな股間も剥き出しで、ソファに腰掛け、床の上にしなやかな両足を投げ出している。私はそんな奥様の脚の間に...

フェラチオに身悶える奥様

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆64.【ふたなり秘書の奥様調教.9】フェラチオに身悶える奥様◆ ◆ ◆口の中で、奥様の熱く脈打つペニスが滾っている。パンパンに張り詰めた、ぬるぬるの亀頭に、私は舌を絡ませている。大きく張り出したカリ首を、ズリズリと舌で磨くように舐め回す。カウパー液がドクドクと溢れて来る鈴口のワレメに、舌を這わせる。そうしながら唇を窄めて、じゅるじゅると音を立ててペニスを吸い上げるのだ。...

ひょっとこフェラでイラマチオ絶頂

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆65.【ふたなり秘書の奥様調教.10】ひょっとこフェラでイラマチオ絶頂◆ ◆ ◆奥様はソファにもたれ掛かり、嬌声を上げながら快楽に身を任せていた。汗に塗れながら身体を捻り、背中を反らせ、切なげな笑みを浮かべている。唇の端から涎の雫が滴り、それを拭う事もせず、自らの乳房を揉みしだいていた。私はそんな奥様の足元に跪き、奥様の性にご奉仕している。反り返る怒張をベロベロと舐めし...

バキュームフェラでペニス虐め

◇小説・ふたなり奥様のレズビアン調教◆66.【ふたなり秘書の奥様調教.11】バキュームフェラでペニス虐め◆ ◆ ◆都心の美しい夜景を見下ろす、瀟洒な高層ビジネスホテルのスイートルーム。間接照明が灯る広々としたリビングで、私は奥様と愛し合っていた。窓際に据えられた大きなレザーソファの上で、奥様は脚を大きく開き、汗塗れの豊満な裸身を晒して、射精の快感に打ち震えている。私はそんな奥様の足下に跪き、精を放ったばかり...